人間の病気の主な原因は栄養不足


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

栄養とは人間が生命を維持していくために使われていく物質のことを言い、それらの栄養と人間の関連性を研究していく学問のことを栄養学と言います。

三大栄養素とされている糖質・脂質・タンパク質があり、これらはどれも重要な栄養素となっており、バランスを欠いてしまう食事をしてしまうことによって病気となってしまう可能性があるとされています。

恐らく最も病気と関連付けられてしまう栄養素は糖質だとされています。

中性脂肪を増やしてしまうこととなってしまいますから、成人病の原因と言われています。

糖質は生きていくために必要な栄養素ではありますが、摂取しすぎないように注意する必要があるでしょう。

栄養学という学問は栄養が人間の健康にどのような影響を与えていくのかについて研究をしていく学問ですから、何が原因で成人病となってしまうのかを突き止めていくことが出来ます。

糖質・脂質・タンパク質の三大栄養素をバランスよく摂取していきましょう。