※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

RAMDISKはメモリ上に仮想的なドライブを作るものであり、
ここにディスクキャッシュを置くことでレスポンスの向上を図ることが出来る。
作成した分のメモリ領域は減少する。
またシステム再起動を行うとデータが消えてしまう。

① ramdiskコマンドで作成
# mkramdisk 524288 #256MBのRAMDISKを作成(256*1024*2)
/dev/rramdisk0 #作成されたRAMDISK
※ramdiskはデフォルト指定の 512 byte/blockを使用して作成する。
byte、MB、GBにてサイズを指定出来る。

② JFSでフォーマット
# ls -l /dev | grep ram
brw------- 1 root system 52, 0 Sep 06 11:43 ramdisk0
crw------- 1 root system 52, 0 Sep 06 11:43 rramdisk0
# mkfs -V jfs /dev/ramdisk0
mkfs: destroy /dev/rramdisk0 (y)? y #フォーマットするか?
Device /dev/rramdisk0:
Standard empty file system
Size: 524288 512-byte (UBSIZE) blocks
Initial Inodes: 65536

③RAMDISKのマウント
# mkdir /ramdisk
# mount -V jfs -o nointegrity /dev/ramdisk0 /ramdisk

※RAMDISKの削除
# umount /ramdisk
# rmramdisk /dev/rramdisk0