欧州の春秋制移行の可能性


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

欧州リーグ「春秋制」移行を検討 Jリーグ「秋春制」議論白紙も
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20130219-OHT1T00182.htm

欧州各国・地域のリーグが22年のカタールW杯以降に、Jリーグと同じ「春秋制」への
シーズン移行を検討していることが19日、分かった。
Jリーグは欧州と同じ「秋春制」への移行を検討しているが、展開次第では議論が
白紙に戻る恐れも出てきた。

今月上旬、197クラブが加盟する欧州クラブ協会が主催する「世界クラブ会議」が
カタール・ドーハで開催。
出席したJクラブ幹部によると、欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ会長や
ドイツ1部バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲ会長が「カタールW杯の後に
春秋制への移行を考えている」と発言したという。
同W杯は1月に開催される可能性が高く、その時期に合わせるものだ。

Jリーグも欧州側の動きは察知しており、中西大介競技・事業統括本部長は
「ルンメニゲの発言は重大なものと考えています」と話した。
一度「秋春制」に移行してしまえば後戻りはできない。
シーズン移行を検討している戦略会議は5月をメドに結論を出すが、予断を許さない
状況になってきた。
[2013/2/20-06:02 スポーツ報知]

----

【サッカー】「メリットは大きい」JFA・大仁邦弥会長、秋春制移行に楽観的な見通し…欧州の春秋制導入提言には「総意ではない」とも
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1362754486/

日本サッカー協会の大仁邦弥会長は8日、Jリーグが現行の春秋制から欧州で主流の秋春制にシーズン移行を検討していることについて
「Jリーグでも変えた方がメリットは大きいとの結論が出ている。
雪国のピッチの問題が一番大きいが、(1、2月に)中断期間を入れてできるのでは」と、楽観的な見通しを示した。
 欧州では逆に、欧州クラブ協会会長を務めるバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)のルンメニゲ社長が春秋制の導入を提言。
国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)も検討していると伝えられたが、
大仁会長は「欧州の総意ということではないようだ。スペインなどの意見は入っていない」と述べた。

----

【ミシェル・プラティニ会長の発言集】
「メッシは審判に守られている」
「1月の移籍市場は完全に無くすか、2人までに制限すべき」
「イタリアがフランスを倒すのは2030年」
「2014年にELを廃止しCLを32チームから64チームに」
「カタールW杯の後に春秋制への移行を考えている」 NEW!!

【ルンメニゲの発言集】
「アーセナルの若手政策は児童売買」
「なぜCL決勝に負けたかいまだに分からない」
「最高のチームが勝った訳ではない。幸運なチームが勝っただけだ」
「ユベントスの経営陣は紳士ではなくマフィアだ」
「カタールW杯の後に春秋制への移行を考えている」 NEW!!

----
J来季以降2月開幕も 秋春制への議論進まず…
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/04/17/kiji/K20130417005624460.html
 Jリーグが来シーズン以降の2月開幕を検討していることが16日、分かった。
3月の第1週にスタートする現行制度では、開幕前の2月下旬にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の初戦が行われるため、ACL出場クラブは調整に苦戦。
各クラブから「Jリーグの開幕後にACL初戦を戦いたかった」との声が上がっていた。
開幕を前倒しすれば、過密日程の緩和による試合の質の向上や、興行の期間の拡大による収入アップも見込めるため、戦略会議などで議論が行われている。
 現在、春秋制のJリーグは16年からの秋春制へのシーズン移行を検討中。
6月の実行委員会で結論を出す方針だが、欧州のリーグに秋春制から春秋制への移行を模索する動きが出始めていることから議論は進んでいない。
3月中旬にはJリーグ幹部が渡独。現地で聞き込みを行った結果、ドイツ、フランスは既にシーズン移行を検証していたという。
Jクラブ関係者は「欧州のリーグとの兼ね合いでシーズン移行の話が進まない中、2月開幕の案が出た」と明かした。
 2月開幕が導入されることになれば、日程に余裕が出て選手の負担も軽減されるため、日本代表にも好影響を及ぼす可能性がある。
一方で、秋春制と同様に積雪地域での試合開催の問題などクリアしなければならない問題も多い。
ある在京クラブの幹部は「キャンプ地の問題などもあり、開幕を早めることは簡単ではないが、リーグの発展に向けてさまざまな可能性を探ることは良いことだと思う」と説明。
シーズン移行の問題と並行しながら、慎重に議論を重ねていくことになりそうだ。
[ 2013年4月17日 06:00 ]

----

カタールW杯の影響がJリーグにも!?欧州サッカー“春秋制”移行論の真相。(1/3)
http://number.bunshun.jp/articles/-/421697

――ヨーロッパでリーグの開催時期を“秋春”から“春秋”に移行する議論があると聞いているが、実際はどうなのか?
 会場からそんな質問が出ると、ブライトナーはゆっくりとうなずき、丁寧に説明し始めた。
「今、ヨーロッパでは、シーズンを3月に始めて、
11月下旬もしくは12月上旬に終えるという新たなシーズン制の議論があります。
それはなぜかというと、2022年W杯がカタールで開催されるからです。
カタールで夏にサッカーをやるのは厳しく、W杯を冬(2022年の年末)に開催することが検討されている。
私たちは現在のヨーロッパのサッカーカレンダーに十分満足していますが、カタールW杯のためにシーズン制の議論を始めました」
 これまでヨーロッパ(北欧の一部を除く)では、8月から5月にかけてシーズンを行なう“秋春制”が採用されてきた。
だが、カタールW杯を冬に開催する可能性が検討され始めたことを受けて、
ヨーロッパのシーズンを3月から12月の“春秋制”に変更する案が浮上したのだ。

伊、西、葡、南米諸国は移行に反対だが……。
 UEFAのプラティニ会長やバイエルンのルンメニゲ代表取締役が、カタールW杯の冬開催、
およびヨーロッパの春秋制への移行に賛同する姿勢を示している。
 ブライトナーは続けた。
「ただし、この決断は簡単ではありません。ヨーロッパの中で賛成している国がある一方で、
イタリア、スペイン、ポルトガルは『シーズンの移行は無理だ』と言っています。

----

暑すぎる!?22年カタールW杯、再投票も

【チェスター(英国)21日】
 FIFAのブラッター会長が、カタール開催が決定済みの2022年W杯について、
冬季へ開催変更を提案された場合、日本、米国、オーストラリア、韓国に異議を申し立てる権利があるとして、
再投票でホスト国を決める考えを明かした。英大衆紙ザ・サンが21日に報じた。

 UEFA(欧州連盟)のプラティニ会長が、大会期間中に気温50度にもなるカタールについて
「とてもじゃないが、サッカーはできない。冬に変更すべきだ」と改めて批判。
これを受けてブラッターFIFA会長は、冬への変更が提案された場合、
落選した4か国を対象にした再投票をする考えを示した。

 今年1月のフランス・フットボール誌で、カタール招致委員会が、招致活動で不正行為を行っていた
とする告発記事が掲載されたこともある。

[2013/3/22-06:02 スポーツ報知]
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20130321-OHT1T00255.htm

----

ブラジル国内リーグが“秋春制”導入か…スポーツ省が計画 ? サッカーキング
http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20130425/106514.html
 ブラジルのスポーツ省が、国内のサッカーカレンダーを、ヨーロッパの日程に揃える計画を打ち出した。
ブラジル紙『ランセ』など複数メディアが伝えている。
 現在、ブラジルのサッカーカレンダーは、1月下旬に開幕し、12月に終了する日程が組まれている。
1月下旬から5月ごろまで各州選手権が開催された後、全国選手権が5月半ばに開幕。
12月までリーグ戦を行う。並行して、1月下旬から7月上旬のコパ・リベルタドーレスや、1月下旬から5月のコパ・ド・ブラジルなどのカップ戦を消化していく日程となっている。
 同紙は、スポーツ省が、ヨーロッパと同じ「8月開幕・5月もしくは6月終了」の日程を導入する計画を推し進めていると報道。
できるだけ早く新日程に移行したいとの考えを持っていると伝えた。
今後、国内の各クラブとブラジル・サッカー連盟との間で議論が行われるが、現行日程のあり方は好ましくないとの認識は既に浸透しつつある。
新日程への移行によって、シーズン開幕前の準備期間が延長され、海外クラブとの国際親善試合や、プレシーズンマッチの開催が可能になるという見通しが伝えられた。
 同省内に設置された、サッカーやサポーターに関する特別専門調査機関で局長を務めるアントニオ・ナシメント氏は、「(国内の日程を)ヨーロッパのサッカーカレンダーに合わせたい。
ブラジルの各クラブは、ヨーロッパと同じタイムスケジュールの中で活動するべきだ。
(2014年の)ブラジル・ワールドカップは、新日程への移行を検討する良い機会になるだろう」とコメントした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。