最新の秋春制移行の情勢


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[Jリーグ:リーグ戦、夏開幕準備で合意 16年度以降
毎日新聞 2013年06月12日 19時36分
http://mainichi.jp/sports/news/20130613k0000m050029000c.html
 ◇J1「2ステージ制」は先送り
 Jリーグは12日、J1とJ2の合同実行委員会を開き、2016年度以降に開催するリーグ戦を、
欧州などに合わせて夏開幕、翌春閉幕に移行する案について、
具体的な導入時期は定めず、積雪地域の環境整備など移行の準備を進めていくことで合意した。

 欧州では逆に現在の日本と重なる「春秋制」の導入を提言する動きもあり、
導入時期については、今後も海外の情勢を見極めながら議論を続ける。
Jリーグの中西大介競技・事業統括本部長は
「国際カレンダーに(日本の日程を)合致させることにメリットがあるという点で、(
各クラブと)初めて合意できた。一歩進んだ」と説明した。

 また、早ければ来季からJ1を前後期の「2ステージ制」で実施する案も提示されたが、
結論は7月の合同実行委員会10+件に先送りした。【平本泰章、福田智沙】

----
夏開幕への準備を承認 Jリーグ理事会 移行時期は未定
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/06/27/kiji/K20130627006101490.html

 Jリーグは27日の理事会で、リーグの開幕時期を春から将来的に夏に移すため準備を
進める従来の方針を承認した。欧州などでは夏開幕が主流。
日本では冬における積雪地域での試合開催や練習が難しく、
日本サッカー協会と協力して環境を整える。具体的な移行時期は未定となっている。

 シーズン移行はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の今後の日程変更に対応し、
欧州の主要リーグと時期を合わせるため検討している。
欧州では日本とは逆に春開幕に移行する議論もある。
Jリーグの大東和美チェアマンは「ACLや欧州の動きを整理した上での方向付けが承認された」と話した。
.[ 2013年6月27日 20:20

----
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。