乳幼児医療費助成とは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乳幼児医療費助成制度とは成長の過程で発生する医療費の一部または全部を自治体が補助しようという目的で実施されている制度です。
乳幼児期は特に病院にかかることが多く親にとっては不安が多いです。この制度があることによって親の負担を減らし安心して子供を病院に連れて行くことができます。
基本的に自治体に申請する事によって助成が受けられます。
自治体によって年収制限の有り無しが異なります。
また、対象期間に関しても異なっています。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。