Smart Shortcuts

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

アプリケーション・ブックマーク・連絡先・ファイル/フォルダをタグによって分類するランチャー。

特徴

  • ホームアプリのフォルダの代替として使える。
  • ホームアプリのドロワーの代替として使える。
    • 使用しているホームアプリのドロワーに分類機能がなくても、本アプリを使えばそのホームアプリでも分類機能が使える。
    • 類似アプリのApps OrganizerとFolder Organizerはタグのルートをショートカットとして置けないので、ドロワーの代替にならない。
  • 複数の分類に属すことができる・アプリケーションだけでなくブックマークなどもまとめて管理できるなど、ランチャーとしてはかなり強力な機能を備えている。

利点

  • 分類分けが可能。
  • 項目を複数の分類に属すことができる。
  • 「タグ視点」と「アプリケーション視点」の2視点から分類できる。
  • タグのアイコンが変更可能。
  • タグのアイコンをアプリ・プリセットから選べる。
  • 「フリースタイル」を使うと、アプリケーション・ブックマークなどを混在させることが可能。
  • あらゆるショートカットをホーム画面に設置でき、ドロワーの代替にできる。
    • 例えば「アプリケーション」「ブックマーク」だけでなく、「アプリケーションのタグ○○」といったショートカットも作成可能。
  • スターを付けた項目を優先的に表示できる。
    • スターで絞り込める(名前順にすることも可能)
    • スターが付いた項目を先頭に表示できる

欠点

  • 「タグ」と名乗っているが、複数で絞り込めない。(むしろ「マルチカテゴリ」と表したほうが良い)
  • ランチャー画面から分類できない。
  • 「未分類」という分類は設定画面には表示されるものの、ランチャー画面には表示されない。
    • 代わりに「全てのアプリケーション」がある。
    • 自分で「未分類」を作れば良いが、新しいアプリケーションが自動的に分類されるわけでもない。

その他

  • バックキーで戻った時の動作は「終了」固定
  • ランチャーからアプリケーション等を起動すると、本アプリは閉じられる。(例えばバックキーで戻ってもホーム画面が表示されてる状態になる)
  • 最大表示数は720×1280時に4×6=24固定。
    • 高機能なホームアプリの方が多い傾向にある。
    • といっても、きちんと分類すれば画面に収まる程度になるだろう。


コメント

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。