※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

Android用 青空文庫ビューアのレビュー 2011/08/13


対象アプリ
  • 青空文庫形式のテキストを読み込めるAndroid用アプリ。
  • 直接青空文庫からのダウンロードができなくても、青空文庫形式に少しでも対応していれば対象。
  • アンドロイドマーケットに登録されている、無料アプリ、有料アプリを対象

 レビューを書いている人

 Android携帯を最近購入したスマートフォン初心者。iアプリでの青空文庫ビューアの使用歴有り。古くはreateから始まり、Android携帯を購入する前はMHE Novel Viewerを使用していました。このため、MHE Novel Viewerに偏りがちなレビューになっているかもしれません。iPhone用の青空文庫ビューアの各レビュー記事やアンドロイドマーケットのレビューも参考にしています。
組版については全くの素人ですので、でたらめな評価になっている部分があるかもしれません。
こちらのページ(http://www26.atwiki.jp/iappli/)の筆者とは別人ですが、参考に作成させていただいています。

有名なビューア  (各アプリの読書画面比較 、 各アプリの青空形式対応状況

※順はAndroidマーケットに投稿されているレビューの一番古い日付順です(括弧の中がレビューの日付)
※基本的にアプリのデフォルト設定でレビューしています

 

作者のウェブサイト:dicapp.info/
 
おそらくアンドロイドマーケットに登録されている最古の青空文庫ビューア。ただ、未だにBETA版であることから開発は頓挫しているものと思われる。機能的にはルビの表示もなく、本文の最低限の表示のみとなっており、他のビューアと比較すると見劣りがする。読み込めるテキストは登録されている500冊から選択する方式をとっているため、独自のテキストは読むことができない。
 
長所:機能が単純な分、操作に迷うことは少ない。
短所:ルビが表示できない、独自のテキストが読めないなど機能的に不足している。 
 
おすすめ度: 致命的に操作性が悪く機能も足りない。 
 
 
 2.青空文庫ビューア (2009/09/15)
作者のウェブサイト:visible-true.blogspot.com/
 
青空文庫に特化しており、作品の選択画面のデザインが良く、ランキングから選択できるなど青空文庫を読む上では使いやすいビューア。青空文庫に特化している割にはルビ以外の形式への対応がほとんどない。親文字よりルビの長さが長い場合に親文字の前後ににスペースを入れている。ルビに”ー”が含まれると表示がおかしくなるバグがある。禁則は単純なぶら下げのみで、行末ががたがたになる。
ページ送りは、タップでスライドをする画面効果をしており、動きはスムーズでわかりやすく気持ちが良い。
  
長所:青空文庫に特化しており、読み始めるまでが使いやすいビューア。
短所:注記への対応がほとんどなく、独自テキストが読めない等機能的に不足している。
 
おすすめ度: きれいなデザインで一見使いやすそうに見えるが、機能的に不足を感じるアプリ。
 
 
3.MHE Novel Viewer (2009/10/26)   
iアプリの同名アプリのAndroid版。他のビューアの追随を寄せ付けないほど高機能。筆者愛用の青空文庫ビューアである。498円の有料アプリだが十分元は取れる。
青空文庫形式の注記に幅広く対応しており、筆者が確認できた中では割り注が処理されていないのと、フォントの問題かもしれないが一部対応していない外字があるぐらいである。
iアプリ版からUIは一新され、スクロールとページめくりの切り替えができるようになっている。サクサクと気持ちの良い操作性を実現している。
また、画像ビューアの機能もあり、画像の再配置等の独自機能も搭載しており自炊を行っているユーザにもおすすめできる。
設定項目が多く細かいカスタマイズが可能だが、その分設定が非常に解りづらい。
 
長所:青空文庫形式に幅広く対応し、読書中の操作性の気持ち良さなど、現存するAndroid用青空文庫ビューアの中では 最高峰の一つ。
短所:498円の有料アプリ。設定が非常に解りづらい。
 
おすすめ度: 有料で良ければ選択して間違いのない優良アプリ。
 
 
4.青い空 (2009/10/29)
作者のウェブサイト:d.hatena.ne.jp/mokkouyou/20091021/1256133419
 
広告無しの有料版と、有りの無料版がある。ルビ表示、傍点、地付きなどの青空文庫形式に対応している。ただ、対応していない注記がそのまま表示されてしまうため読みづらい場合がある。
青空文庫の作品ダウンロードは、ブラウザから行う方式で読み始めるまでの手間がかかり使いづらい。
ページ送りは、タップでスライドをする画面効果をしているが動きがぎこちなく見づらい。
  
長所:ルビ、傍点など基本的な青空文庫形式に対応している。
短所:青空文庫作品のダウンロードに手間がかかる。
 
おすすめ度: 出来は悪くないがあえて選択する理由が見つからないアプリ。 
 
 
5.縦書きビューワ (2009/12/14)
作者のウェブサイト:d.hatena.ne.jp/npn2sc1815j/
 
青空読み手と並びAndroid用の青空文庫ビューアとしては知名度が高い。
シンプルなアプリで青空文庫からの作品ダウンロードの機能がなく、別途青空プロバイダと連携する必要がある。
EPUBファイルの読み込み、字体の置き換え等の独自機能を持っている。禁則処理等がしっかりなされており組版に安定感がある。
ページ送りは、フリック、タップで画面の切り替えを行っておりアニメーション等はない。
 
 
長所:EPUBを読むことができる。ルビ、傍点など基本的な青空形式に対応している。
短所:独自に青空文庫のダウンロード機能を持たない。
 
おすすめ度: 青空文庫のダウンロード機能がないのを気にしなければ、組版もしっかりしており優良なアプリ。
 
  
6.青空読み手 (2010/06/09)
作者のウェブサイト:twitter.com/#!/hyukix/
 
縦書きビューアと並びAndroid用の青空文庫ビューアとしては知名度が高い。
ルビ表示は対応しているが、その他の青空文庫形式にはほとんど対応していない。ルビ表示もアルファベットに振った場合位置がずれるバグがある。青空文庫からのダウンロード機能はあり。独自テキストにも対応しているが、ZIP中のファイルは読ことができない。
ページ送りは、フリックでスライドするアニメーションでページ遷移がわかりやすいが、思いもかけずページ送りされてしまう動きをするときがある。
 
長所:スライドのアニメーションがわかりやすい。
短所:青空文庫形式への対応がお粗末。ルビがずれる等の不具合がある。
 
おすすめ度: グラデーションの効いた背景、スライドのアニメーションで見た目は美しく見えるが、青空文庫形式への対応が不十分なアプリ。
 
 
7.A・文庫 (2010/12/12)
作者のウェブサイト:www.aboutsoft.jp/top.html
 
ルビ表示、注記対応等の基本的な機能は網羅されている。青空文庫からのダウンロード機能はあるが、作品の選択が頭の2文字を入力して検索する方法のみである。
親文字よりルビの方が長い場合に親文字にスペースを入れてバランスを調整しており見やすい組版となっている。ただ、このスペースの追加のため行末が不揃いになることがあり改善が望まれる。行末にかかるルビが表示されないバグがある。
ページ送りは、フリック、タップでスライドする画面効果をしており、ページ遷移がわかりやすい。フリック時にページの途中でも止めることができる。
 
長所:ルビ、基本的な注記への対応がされている。ルビの処理にこだわりが見られる。
短所:青空文庫の作品選択が検索のみで使いづらい。 
 
おすすめ度: 一見地味だがルビ処理などにこだわりが見られる好印象なアプリ。
 
 
 8.i文庫 (2011/01/18)
 
 iPhone用の有名なアプリのAndroid版。iPhone版と比べてアプリのできは今ひとつらしい。青空文庫ビューアとしては、唯一のPDF対応アプリ。
筆者は未使用のため評価していません。
 
 
 
 
筆者の個人的な見解としてはAndroid用の青空文庫ビューアは、有料アプリですがMHE Novel Viewerをおすすめします。
有料アプリをどうしても使いたくない場合は、縦書きビューワA・文庫をおすすめします。
iアプリの時代にあったアプリの個性が少なくなったように感じます。同じようなアプリが乱立している状況ですので、組版の美しさ、操作性、注記への対応度等のアプリの完成度で選んでいます。
あくまで筆者の個人的な見解ですので、できればすべてのアプリを試していただくのが理想です。
 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。