※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:06/11/18 01:06:25 ID:Bl3bytrS
今日、お客さんの所に行った帰りに、久々に秋葉原に行って見た。
駅前の普通の喫茶店で、店員(♀)が妙にハイテンションで怖かった。
そこでの会話。

俺「あ~、アイスコーヒーを」(財布から金を渡す)
店員「今、200円お買い上げのお客様には、スタンプカードを差し上げています。いりますか?」
俺「や、いらない」
店員「( ゚д゚ )・・・」
店員「スタンプを集めると、温泉とかに行けちゃうんだぞっ。」
俺「・・・え?」
店員「他のお店でも使える、とっても優れものカードだよっ。貰わないとだめだぞっ。」
俺「そ、そうですか。。。じゃ、頂きます。。。」
店員「また、来るぞナ。まってるぞなっ。」

秋葉は、俺が来ては行けない街だと言う事を悟った。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:06/11/18 01:32:59 ID:ZWEEIN3u
かわいい子だったら許せるじゃまいか

ただ不細工だったらその場で張り倒してしまうかもしれん

11 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/18 07:25:21 ID:XdBku34J
 寝る前に姉に電話する
  「もし姉ちゃん?」
姉「あのー…」
  「??あ?」
姉「間違ってますよ?」
  「間違ってねーよwwwwwwwwそして否定がはえぇwwwwwww」
姉「お前の姉になった覚えはないけど?」
  「19年もあったんだから気づこうぜ」
姉「何?」
  「何時くらいに帰宅予定?」
姉「遊び終わったら」
  「わかってるよ、それがだいたい何時か聞いてんの」
姉「何でよ?」
  「ちょっと伝えたい事がありまして」
姉「あーいいよ言わなくて」
  「何でよ?」
姉「『いつもありがとう』、でしょ?」
  「ありえなすぎてひくね」
姉「照れんなって」
  「氏ねばいいのに」
姉「気持ちは諭吉さんで」
  「電話じゃなかったら殴ってるぞお前」
姉「じゃあ『ありがとう』?」
  「じゃあじゃねーよwwwwwwww変わってねーだろwwwwwww」

12 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/18 07:26:05 ID:XdBku34J
姉「どーせたいした事じゃないでしょ?」
  「んーまぁ…」
姉「ん、じゃあねー」
  「待って待ってwwwwwwwwwww」
姉「なんだよ」
  「わかったじゃあ帰って来る時電話して」
姉「やだよめんどい」
  「いいから」
姉「今言えよ」
  「電話じゃ伝えきれないこの気持ち」
姉「じゃあ伝えなくてもいいじゃない」
  「お前が決めんなwwwwwwwwwww」
姉「しかもたぶん遅くなるよ?」
  「いいよ」
姉「絶対しないと思うけどわかった」
  「それわかってねーだろ」
姉「あ、ちょっとまって」
  「??」
瑞「もしー?」
  「あらまあ」
瑞「何だそのリアクションwwwwww久しぶりwwwww元気?」
  「久しぶりじゃんまさやーwwwww」
瑞「だから違うって言ってんじゃんwwwwww何で男の名前なのwwwwww」

13 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/18 07:27:02 ID:XdBku34J
  「あぁ、うんちね…」
瑞「露骨にテンション下げすぎwwwwwwwwwww」
  「うんちはスルーですかwwwww」
瑞「怒るよ?」
  「すいません」
瑞「姉が」
  「ほんとすいません勘弁してください…」
瑞「よしwwwwwwどーしたん?姉ちゃんの声が聞きたくなった?」
  「ありえないですね」
瑞「パシらしたの?」
  「いや、あの子はいつ帰ってくるのかって」
瑞「お母さんかwwwwwwww」
  「あなたもよ!まったく、いつまでも出歩いてほんとに…」
瑞「ちゃんと10時には帰るよー」
  「もう過ぎてるじゃないの!!」
瑞「AMね」
  「門限の意味ねーwwww」
瑞「しかも明後日のね」
  「それ軽い旅行wwwwwwww」
瑞「だから心配しないで!」
  「無理だろwwwwwまあいいわ…」
瑞「話しがわかりすぎお母さんwwwwwwww」
  「お父さんにはうまく『家出』したって言っておくから」
瑞「全然うまくないよwwwwwww悪化してるじゃんwwwwww」

14 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/18 07:28:23 ID:XdBku34J
  「じゃあ姉ちゃんにちゃんとしろって言っといてください」
瑞「急に戻るね、わかったー」
  「ん、jy―」
瑞「ひろが『ちゃんとしろ』だって」
  「今言わなくていいよwwwwwwwww」
姉「めんどいからやだ」   微かに聞こえる
瑞「わかったってwwwwwww」
  「嘘付けよwwwwwww聞こえたよwwwwwww」
瑞「だよねwwwwwwwwww」
  「元々期待もしてないですしいいですwwwwww」
瑞「そかwwwwww何かわかんないけどwwww」
  「じゃあそんな感じで」
瑞「あいよ、姉に代わらなくていい?」
  「いいです、あ、じゃあ最後にいいすか?」
瑞「何?」
  「ネガティブな一言をお願いします」
瑞「『今日曇ってるのはきっと私のせいだな…』」
  「wwwwwwwwすごい自虐wwwwwwwwwwありがとうwwwww」
瑞「急にはきついよwwww」
  「じゃあねー」
瑞「ちょwwwwwwwwシカト?wwww―」
  切る
  「(瑞華さん乙!)」
  寝る


15 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/18 07:30:04 ID:XdBku34J
 ガン寝中
姉「おい」
  「…」
姉「おいって」
  「…あい?」
姉「ただいま」
  「…今何時?」
姉「6時くらい」
  「はぁ!?」   携帯みる
姉「おはよう、で、何?」
  「ってかこんな時間まで遊んでたの?」
姉「うん」
  「そして帰ってくるとき電話しろって言ったよね?」
姉「めんどかった」
  「ああそう」
姉「で何?」
  「えー…なんだっけ?」
姉「自分で言っておいて忘れんなよ」
  「いやほんとは姉ちゃん帰って来る前に色々準備しようと思ってたんだけど…」
姉「あそう、なんもないなら寝るよ?」
  「あー…まぁ座ってごらん」
姉「やだよ、何?」
  「姉ちゃん、マジ愛してる」  何のひねりもなく
姉「私は愛してない」

16 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/18 07:31:22 ID:XdBku34J
  「うん、早い」
姉「むしろ嫌い」
  「俺も」
姉「気が合うね」
  「つい本音が」
姉「ってかそんな事?」
  「うん」
姉「バカなの?君はバカなの?」
  「二回も言わなくてもわかるよwwwwwww」
姉「自分がバカな事くらい」
  「勝手に付け加えんなwwwwwww」
姉「じゃあ寝るね」
  「ああごめん、はい」   ふとんめくる
姉「は?」
  「寝るんでしょ?」
姉「自分の部屋でね」
  「照れんなって」
姉「氏んじゃえよ」
  「デジャヴwwwwwww」
姉「お休みー」
  「お休みハニー」
姉「あま~い!!」
  「…」
姉「あれ?wwww」

17 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/18 07:36:08 ID:XdBku34J
  「…はぁ…」
姉「いやwww蜂蜜だけにwwwwほらwww」
  「早く寝ろよ…」
姉「ちくしょうwwwwwww」   出ようとする
  「姉ちゃん…」
姉「何?」
  「だだスベリだったぞ」
姉「言わなくてもわかってるよwwwwwwwwwwwくそうwwwwwww」


寝すぎてやろうと思ってた事できなかたwwwwwwwwサーセン
姉ちゃんとかこの寒いのに海行ってきたらしい、4人くらいで、
あー、休みなのに変な時間に起きた…

18 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/18 07:42:04 ID:XdBku34J
前スレ1000は鬼
1000 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/17 23:33:01 ID:SpeI1DRx
1000なら、ひろくん毎日くる!! 
 >>8
楽しそうだね秋葉原
 >>10
何だwwwwwwwwwwwww
10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/18 03:36:31 ID:jJuMrOSS
ヾ(`・Д・)ノ゙

39 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 09:53:30 ID:+7TjhcZW
  「ただいま」
姉「おかえり」
  「仕事?」
姉「違うね」
  「あそう」
姉「仕事?」
  「オールして行けるほど若くないし」
姉「10代なら無茶しろよ」
  「その要求が無茶だろ」
姉「そう?あ、ご飯食べる?」
  「あんの?」
姉「米はね、目玉焼き作ってやろうか?」
  「いいや、自分で作る」
姉「あそ」
  俺料理中  姉テレビ見てる 誰か玄関開ける
  「おかん?」
姉「いや―」
瑞「ただいまー」
姉「おかえり」
  「おかえり」
瑞「外ちょー寒いよ!」
姉「マジだ?お疲れ様です」
  「コンビニ?」
瑞「うん、朝ご飯買いに」

40 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 09:54:29 ID:+7TjhcZW
  「姉ちゃん行けよ」
姉「姉ちゃんじゃんけん勝ったもの」
瑞「私負けたものww」
  「正直に言っていいよ瑞華君」
瑞「2~3回くらい…いやだったんだけど…」
姉「うぉーいwwwwwwwwwwww」
  「なんてことを…」
瑞「グーで…」
  「グーで!!??」
姉「ちょっとちょっとwwwwwww」
  「とても人のやる事とは思えない…」
瑞「じゃんけんしたら負けました」
姉「最初からそう言おうよwwww」
  「ひどすぎる…」
姉「まだ言ってんのか」
瑞「wwwwwwwwwwってかひろいるんだったら何か買ってくればよかったね?」
  「今作ってるんでいいですよ、食べる?」
瑞「何作ってんの?」
  「パエリヤ」
瑞「すごいもん作ってるねwwwwwwww」
姉「朝から気合入りすぎだろwwwwwwww」
  「ほんとはハムひいた目玉焼きです」
瑞「おおー、いいね、食べたい」

41 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 09:55:42 ID:+7TjhcZW
  「半熟?」
瑞「うん!」
  「あい、姉ちゃんは?」
姉「オムライス」
  「メシ屋か」
瑞「普通の注文きたねwwwwwwww」
姉「じゃあ半熟で」
  「姉ちゃん、うちは俺の気分でメニュー決めてんだ、気にいらねぇならけえんな!」
姉「さっき聞いてたじゃん」
瑞「家ココwwwwwwww」
  「あとちゃんと家帰ったら手洗いしろよ!風邪はやってるからな!」
姉「余計なお世話だよ」
瑞「優しいなガンコオヤジwwwwwwww」
  「あー、でなんだっけ?」
姉「半熟」
  「じゃあハムなしの黄身カチカチね」
姉「融通きかなすぎだろ」
  「はいはい」
  出来る
  「あいできたよー」
姉「あんがと」
瑞「ありがとー」
  「ってかサンドイッチに目玉焼きて」
姉「ええやん」

42 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 09:56:58 ID:+7TjhcZW
瑞「目玉焼きおいしそうwwwwwww」
  「じゃあいただきます」
姉「いただきます」
瑞「いただきます」
  食う
  「今日はどっか行くん?」
姉「んー買い物したいよねーて」
瑞「そだね」
  「服?」
姉「うん」
  「俺も冬服買わないと死ぬねこれ」
姉「喜ばしいことだ」
  「お前が凍死しろ」
姉「うっさい、あとお茶ないよ」
  「お前が持って来いボケ」
瑞「あー私持ってくるよ」
姉「いいよ私やる」
瑞「いいって、醤油持ってくるついでだし」
  「忘れてたwwwwwwwwww」
瑞「やっぱりwwwwwww」   取りいく
姉「何で食べる気だったんだお前」
  「サーセンwwwwwwwww」
瑞「あれ?お茶入ってないよー?冷えてないやつでもいい?」
姉「うん、ゴメーン」

43 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 10:00:57 ID:+7TjhcZW
瑞「あい」   お茶持ってくる
姉「ありがと」
  「ってかさ」
姉「?」
瑞「ん?」
  「お前なじみすぎだろーがぁ!!」
瑞「すいませんwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
姉「長いノリツッコみだったなーwwwwwwwwwwwwwwww」
  「ただいまじゃねーよ!!」
瑞「ですよねwwwwwwwwww」
  「そして俺もおかえりじゃねーよ!!」
姉「そうねwwwwww」
  「何でうちのお茶と醤油の場所を普通に知ってんだよwwwwwwwww」
瑞「常連なもんでwwwwwwwwwwww」
姉「御ひいきにしてもらってますwwwwww」
  「あーすっきりした」
瑞「それはよかったwwwww」
姉「あ、目玉焼きうまいじゃん」
瑞「いきなりテンション戻ったwwwww」
  「マジ?よかったー」
瑞「うんおいしい!腕あげたね」
  「目玉焼きで腕ってあんの?www」
姉「昔はひどかったからね」
瑞「高校ん時とかね」
  「あーwwww」

44 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 10:05:12 ID:+7TjhcZW
瑞「ってか私もお茶飲んでいい?飲みたくなってきたwwwww」
姉「あー全然、コップ持ってこようか?」
瑞「あーいいよ平気」   
  「だからなじみすぎだっつってんだろーがぁぁぁぁ!!」
瑞「またwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
姉「いいかげん慣れろお前」
母「ひろうるさい、おはよう」
  「すいませんおはようございます」  落ち着く
姉「おはよー」
瑞「おはようございますwww」
母「あらおはよう瑞華ちゃんw何食べてるの?食べていい?」
姉「先に顔洗ってきなよ」
母「サンドイッチ?」
姉「シカトしないでwwwwwwwww」
  「自由だなーwwwwwww」
母「あらひろいたの?」
  「さっきうるさいって言ったじゃんwwwwwww
   俺ほんとにこの家の子じゃないかもって思えてきた…」
瑞「朝から元気な家族ですよねwwwwwwwwwwwwwwwww」


んでみんなでメシ食べました

48 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 10:19:19 ID:+7TjhcZW
 >>29
サンクス!
つ旦
29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/18 16:24:33 ID:i4MZmuXr
∧_∧ 
( ´・ω・) みなさん、お茶が入りましたよ・・・・。 
( つ旦O 
と_)_) 旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦
 >>34
ごめんありがとう!
34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/18 22:47:58 ID:qw71Gljm
まとめサイト 
http://www18.atwiki.jp/anehagemashi 

前スレからコピペ 
 >>38
この発言は非常に多いからマジレスすると俺は



あれ?誰かきたみたいだからでてくる
36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]
投稿日:06/11/19 01:16:27 ID:zhKTbLdD
そいやひろ君 彼女作んないの?このキャラなら割とすぐにできそうな感じだけど
38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/19 01:55:32 ID:+mkGRw1Q
>>36 
童貞だから無理だよ 
49 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 10:21:40 ID:+7TjhcZW
 >>45
もちろんってwwwwwwwww行かないよwwwwwww
45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/19 10:06:57 ID:zXVhYGPH
母ワロス 

もちろん買い物はついていくんだよね?
 >>46
ども
46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/19 10:08:38 ID:mN3DnHVl
ひろくん久しぶり!ノリツッコミに噴いたwwww 
まだ家いるから安価する?

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:06/11/19 10:23:03 ID:zXVhYGPH
キャモ~ン~!

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:06/11/19 10:23:07 ID:DLzKUeux
こい!

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:06/11/19 10:23:55 ID:mN3DnHVl
 >>49
おk

安価なら買い物頼む。内容は↓

53 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 10:23:55 ID:+7TjhcZW
おk

 >>55
55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/19 10:25:38 ID:DLzKUeux
買い物に連れてくように言う

57 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/19 10:27:37 ID:+7TjhcZW
 >>56
こんな人いないのに熱いなwwwwwwwwwww
56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/19 10:25:38 ID:zXVhYGPH
>>54 
54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/19 10:25:11 ID:zXVhYGPH
瑞さんに姉に告白して振られたので慰めてもらう 
 >>55


把握した