※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:06/11/25 10:14:33 ID:WVG2Nj0d
どんまいwwwww
今日は安価できる?

169 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 10:17:57 ID:5WbnrfL6
 >>168
帰ってきたらちょうど姉ちゃん仕事行くとこでもう行っちゃった
サーセンwwwwwwあんま会話なかったけど字にする?
激しくつまんないと思うけどwwww

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:06/11/25 10:19:27 ID:WVG2Nj0d
もち!!

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:06/11/25 10:20:34 ID:z6BH3Qks
 >>169
是非!

172 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 10:21:23 ID:5WbnrfL6
 >>170
おk

173 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 10:30:41 ID:5WbnrfL6
  「たでーま」
姉「おかえり」
母「おかえり」
  「お、これから?」
姉「うん」
  「しっかり働いておいで」
姉「何様?」
母「パン食べる?」
  「うん」
姉「じゃあコレあげるよ」
  「何でお前の食いかけ食わなきゃいけないんだよ」
姉「お母さんが焼きすぎたんだもん」
母「食べなさいよそれくらい」
姉「時間ないって言ったじゃんwww」
  「おかんはたまにわざとやってるかと思うよね」
姉「あーもういい無理」
  「ちゃんと食えよーパンをよー」
姉「後よろしく」
  「やだっつーんだよwwww」
母「ベーコン焼く?」
  「パンこれ決定?wwwwww」

174 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 10:36:01 ID:5WbnrfL6
母「もったいないでしょ」
  「じゃあそんな焼かなきゃいいでしょwwww」
姉「ほんとだよww」   用意する
母「気をつけてね」
  「事故れ」
姉「気をつけて事故れって何だよ」
  「どーやって事故ろーかなー、みたいな」
姉「氏ね、行ってきます」   出る 
  「ういー」
母「いってらっしゃい」
  「で、コレは?」
母「食べなさい」
  「あ、おかん最近痩せた?」   
母「はいはい、でもそれは食べなさい」
  「へい…」

でも結局パンはおかんが食べました。
字すくねーwwwwwそして普通wwwwサーセン。

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:06/11/25 10:40:13 ID:ekFrkuBj
おk!よかったよw

今日は安価もってくかい?

177 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 10:44:28 ID:5WbnrfL6
 >>176
今日夕方からちょいでかけるんで
その後一回家帰った時居ればやってみる


ノシ

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:06/11/25 11:38:34 ID:j8nMGX3Q
ちょ、ひろくん来てたwwww乙wwwwww

 >>165
おk、把握
165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/25 10:10:27 ID:6FTi+8D1
後ろの穴を試してみる 

 >>166
やたらと仲のいい男友達がいるからそれはシャレにならんwwww
166 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 10:11:38 ID:5WbnrfL6
最中に「俺バイなんだ」って言う、さらっと。

186 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:25:46 ID:5WbnrfL6
  「ただいま」
姉「おかえり」
綾「おかえりー」
  「あ、どーもす」
綾「ご飯にする?お風呂にする?それともご、は、ん??」
  「同じじゃん!!wwwww」
綾「ほんとだwwwwwwww」
姉「ね?」
  「何が?」
綾「姉がもしひろ君帰ってきたら今の言ってみなってwwww」
姉「絶対ツッコむよって」
  「何を言ってんの君等…」
綾「おかえりwww」
  「さっき聞いたよ!!」
綾「wwwwwwwwwww」
  「笑いすぎですよ…」
姉「酔った友くらいツボ浅いな」
綾「友って誰?」
姉「友達」
  「ほんとに?」
姉「お前は知ってるだろ」
  「女でしょ?あやし~」
姉「彼女かお前」

187 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:27:06 ID:5WbnrfL6
綾「どう入っていけばいいかわかんない…」
姉「いいよこんなのに乗らないでwwwww」
  「姉ちゃんもうちょっと綾さんの事考えて喋れ」
姉「お前が言い出したんだろ」
  「乗ったやんけ」
姉「あれはツッコんだだけです」
  「それは乗ってます」
姉「じゃあ冷めた目で見た方がよかった?」
  「それはきついwwwwww」
姉「何か言う事あんじゃないの?」
  「ありがとうござます」
綾「なんで外人口調なのwwww」
  「賓乳さん」
姉「よーし!じゃあバーリトゥードゥでいこう」
  「いかないでwwwwwwwwwwww」
姉「死ぬまでね」
  「ギブは??」
姉「なし」
  「俺氏んじゃうwwwwwwwwwwwwwwwww」
綾「コレ私すごいの見ちゃうかな?wwwwwww」
  「そんなの見る前に止めてくださいwwwwww」
瑞「あーさっぱりしたーww」
  「えぇ!?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

188 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:28:30 ID:5WbnrfL6
瑞「お風呂いただいちゃってすいません」
姉「いいよ全然」
綾「ぽかぽかだね瑞華wwwww」
  「いやいやwwwwwwwwwwww」
瑞「お!ひろおかえり!お邪魔してますww」  豆乳飲みだす
  「完全我が家じゃんwwwwwwwwwwwwwwww」
瑞「ごめんなさいwwwwwwww」
姉「さーやろうよヒロ」
  「まだ覚えてたんだ…」
瑞「何々?」
綾「姉とヒロ君がバーリトゥードゥで闘うらしいよwwwww」
瑞「じゃあねヒロ…」
  「軽っ!!wwwwwwwwwww」
綾「諦め早いねwwwwwwwww」
瑞「出来る事と出来ない事は分けてかないとね、大人だし」
姉「いつまでも夢見てたらだめだよね」
  「まだ夢みてもいいと思うよ俺はwwww」
姉「君は若いしたくさん見れるよ、今からでも」
  「何か怖いよwwwwwwwww」
瑞「あきらかに殺る気じゃんwwwwwwwwwwww」
綾「笑顔がまた怖いwwwwwwwwwwwwwwwwww」

189 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:29:50 ID:5WbnrfL6
  「ってか今日は珍しい面子ですね?」
姉「お、流す気だ」
瑞「この豆乳うまいんだけど綾www」
  「いやいやwwwww」
綾「ほんと!?」
  「シカトってwwwwwwwwww」
瑞「ね??」
綾「マジだwwおいしいww」
  「豆乳とかどーでもいいだろ今wwwwwwwww」
綾「ゴメンwwwwwww」
瑞「でもヒロ―」
  「はい?」
瑞「おいしかったよ君ww」  小声で
  「じゃあいいやww」  小声で
姉「いいのかよwwwwwww」
綾「でもほんと今日珍しいよね」
姉「2年振りくらい?」
瑞「だねw」
  「みんな変わってないよねw」
綾「私こないだが初めてじゃんwwwww」
姉「無理に入るな」
  「へい」
瑞「今日はひろ家にいんの?」

191 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:33:03 ID:5WbnrfL6
  「そうすね、わかんないす」
姉「どっちだよ」
  「友達から連絡なければいると思う」
姉「出かけてきなよ」
  「やだね」
綾「姉そういう事言わないの」
姉「マジでろくなもんじゃないよ?」
  「ありがと」
瑞「何でwwwwwwwwww」
綾「お礼言ったwwwwwwwwww」
姉「褒めてないから」
  「ああそう」   リビング出ようとする
瑞「ひろ」
  「あい?」
瑞「姉のは前ふりだからね」  小声で
姉「いやいや瑞華wwwwwwww」
  「わかってるwwww」  小声で
姉「わかってんじゃねーよ」
瑞「よし」  手でおkサイン

192 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:34:23 ID:5WbnrfL6
  「ども」  手でキツネ
姉「お前何かちがくね?」
綾「それキツネwwwwwwwwww」  
瑞「…」   手で犬
姉「何で変えたの!?wwwwwww」
綾「合ってたのにwwwwwwwww」
  「コンコーン!!」
瑞「ワーン!」
姉「おバカだwwwwwwwww」
綾「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
 「コーーンコンコーン!!」
瑞「ワンワォーン!!」
姉「キツネってコンコン言うの?」
綾「わかんないwwwってかコレは何?wwwwwww」
瑞「ワンワン!!」
  「瑞華さんうるさい」
瑞「えぇ!?wwwwwwwwwwwww」
姉「ワンワンじゃないよほんと…」
瑞「ちょwwwwwwwwwwww」
綾「裏切られたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
  「もうちょっと考えて下さい…」  
瑞「すいませんでした…」

193 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:37:21 ID:5WbnrfL6
姉「でも瑞華―」
瑞「はい?」
姉「おいしかったよww」  
  「じゃあいいやww」
瑞「何でひろが言うのさwwwwwwwwwwwww」
  「サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwww」   出る
綾「何だったの今のwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


瑞華さんと綾さんいたwwwwwww初だこの面子wwwww
これは遊び断っておくべき?

199 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:44:40 ID:5WbnrfL6
 >>194
サーセンwwww
194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/25 23:37:44 ID:zyJQ35Rr
もっとマニアックな影絵をして欲しかった 
 >>196
「若干眠い」でした
196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/25 23:38:41 ID:zyJQ35Rr
断るべき、何があろうが断るべき。 
ヒロ君も自分の心に問いかければ、答えは自ずと出てくるはず 
 >>197
何でだよwwwwwwガンガン行こうぜwww
197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/25 23:39:22 ID:N8UmTOsO
初めてヒロ君と遭遇した酔っ払いな俺 

もちろん安価には参加しませんwwwww 

じゃあまだ連絡もこないし

 >>203

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/25 23:47:08 ID:zyJQ35Rr
綾さんに「俺の姉になって下さい。もう姉の暴力と貧乳にたえられません」
とすがりついて頼み込む。
断られたら、間髪入れずに瑞華さんにすがりつき頼む。

208 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:50:46 ID:5WbnrfL6
 >>204
長!!wwwwwwwwww
204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/25 23:47:21 ID:ekFrkuBj
白い無地のTシャツの表にに黒で『童帝』っ大きくて書いて 
裏側には赤く『姉キス』って大きく書く 

前に突っ込まれたら「童貞の中の童貞、King・of・douteiですから
マジ最強っすよ」 
後ろに突っ込まれたら「俺のほんとの気持ちに気づいた?」っていって
目を閉じ唇をちょっと突き出してリアクション待ち、かわされたら姉以外にも 


 >>203

把握した

209 名前: ◆1acQULiV.o [] 投稿日:06/11/25 23:52:20 ID:5WbnrfL6
 >>205
それマジ苦手wwww
205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/25 23:48:57 ID:zyJQ35Rr
この人数だと文末に 
+↓↑ 
と付け加えれば、全部の安価をやる羽目になりそうだな 
 >>206
いやwwwガンガレ!!超ガンガレ!!
206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]
投稿日:06/11/25 23:49:29 ID:N8UmTOsO
ほら、安価取ろうとしてもあっという間に取られてる