※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日球ドーム6.0m


2007年10月31日




6mドームの天幕を新たに作り直しました。

今回の天幕は、設営しやすいように軽量なストレッチ生地による縫製で、VJが映えるように無地の白色を使用しています。

また使用頻度の高いDJブースや出店などで使う事を前提に作ったので、天頂部と側面部(片側のみ)の分割型となります。(全部を覆う事は現状できません。)

天幕には防水加工は施していない為、雨天時の対応は、専用の透明防水シートをドーム内部に取り付ける方法で対応しています。(透明防水シートは全部を覆う事ができます。)

まだまだ進化の途上ですが、新たなラインナップとして活躍してくれる事を期待しています。

  • 2007年11月2~4日 白雉祭@武蔵大学(東京都)

■検討事項
≪構造材≫
  • 2台の4.8mドームの構造材を組み合わせる方法だと、準備に時間がかかる。 ⇒ 6m専用の構造材を作る。


2007年10月以前





2007年2月現在、以上のような経緯を経てきています。
テントとしての機能は果たすことができますが、まだまだ改善の余地があります。