※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年10月6・7日

美濃和紙あかりアート展@美濃うだつの上がる町並み(岐阜県)




和紙の産地である美濃で行われた美濃和紙あかりアート展に、日球ジオライトを出展しました。今回14回目となるこのイベント、日本各地からたくさんの方が腕を奮って製作した照明が、うだつのあがる古い美濃の町並みを鮮やかに彩りました。

このイベントについて知ったのは、4月に製作したジオライト No.11 『SOLTATTOO』の大野諭史氏に紹介された事がキッカケとなりました。

これまで製作してきたジオライトの可能性を表現するのにとても良い機会と思い、参加を決意しました。




出展にあたり製作したジオライトは、現状作ることが出来る3サイズ

  • 26cm正12面体球
  • 30cm正20面体球(2分割モデル)
  • 48cm正20面体球(3分割モデル)

を球体にせず、それぞれ部分的に形作る事で、蓮の花びらをイメージした作品となりました。

結果として入選はしませんでしたが、600を超える多くの作品から、様々なアイデアや表現手法を見学し、照明の持つ面白さや深みを再認識しました。ぜひ今後の活動に、活かしていきたいと思います。


イベントの模様はコチラ