※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日球革命プロジェクト





『未知の向こうに、本当の道がある。』

現在の私たちの生活を取り巻くたくさんの事・物、これらは昔からそのカタチをもって存在していたわけではない。数知れぬ多くの先人達が、未知の世界を切り開いて、道を作ってきたからこそ、私たちはその道の上を歩く事が出来る。

混迷を極める現代社会、驚異的な技術革新により、“固定電話”から“携帯電話”へ、“巨大発電所の電力供給”から“独立型発電システムによる電力の自給”へというように、独立性の高いテクノロジーが従来の社会構造を変革しつつある事は自明の理といっても過言ではない。

この変革よって、私達一人一人の生活は、より大きな自由を獲得する事が可能となっっているのは、紛れもない事実である。私はこのようなテクノロジーを“解放系テクノロジー”と呼びたい。

日球革命プロジェクトは、建築分野における“解放系テクノロジー”として、家は動かないもの・不動産であるという居住理念を改革し、動的なプロダクト・移動する居住空間という次代の生活のカタチを作り出すプロジェクトです。