※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年1月27日

ジオライト No. 9 『蕾』




先日、没入型「風覚」ディスプレイドームで2分割ドームの試作として作った構造体に皮膜を貼り付け、2分割ジオデシック球のジオライトを作ってみました。使用する部材数が3分割のジオライトと比べるとほぼ半分の為、作業時間もほぼ1日あれば作る事ができ、気軽に製作する事ができるモデルです。




この作品は、2003年に行われた笑う富士山フェスティバル(⇒約1ヶ月間のキャンプインイベントで、上海で製作してきた日球ドームを国内ではじめて披露した記念すべきイベントした。)で知り合った草柳聡一氏のお店自遊人処(手作りの石釜で作る石焼ピザが大人気!)のリニューアル記念に寄贈しました。




竹を組んで作った片流れの屋根に緑色のジオライトがとても似合っています。


■ 30cm完全球/2分割モデル
構造材:竹ひご(1.8mm)
ジョイント:木(φ20mm)
皮膜:落水マニラ紙