※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2003年7月14日~8月11日

日球ドーム開発旅行@上海


2003年7月14日~8月11日の約1ヶ月間、上海の街を奔走して、現行モデルの製作に力を注ぎ込んだ。

学生時代に海外を旅して以来の異国であり、初めてのアジア。新鮮な体験が多かった。

面白い事に、現地人と間違えられること多数。

そのエピソードとしては、二胡という中国の民族楽器が欲しくて、14年間日本で働いていた通訳の方と一緒に街を巡り、楽器店に入った際、いきなり上海語で話しかけられた。自分が上海人に、彼が日本人に見えたらしい。現地人が間違えるほど、上海人っぽくみえたらしい。そんな事もあってか、結果的に上海には強い愛着を覚えている。



そんな中、ジョイント、構造材、天幕などのデザインを伝える為、通訳を通して、現地の業者と交渉してまわった。大平野にある上海近郊には竹林がない為、竹加工業者は上海から車で一日かけて走ったところにある龍遊(ロンユウ)という街まで、泊りがけで出かけたりもした。

試行錯誤しながらも、大きな問題は発生せず、無事完成した。
実は、上海に来る直前に、電動丸ノコで左手首を切り、10針を縫う大怪我(奇跡的に腱は無傷だった。)をするなど、ここに到るまでの道のりは厳しく険しかったが、その分、得られた喜びは人知れず大きかった。

この旅行をして一つ気がかりなのは、上海の凄まじい都市化の波だ。
この流れが上海から中国全土に及ぶ時、日本の10倍のエネルギーで環境破壊が進むのではないか…と思わせる勢いである。

その行方をしっかりと見守り、同じ間違いを起こさせないようにするのは、同じアジアの一員であり、同じグローバル化の波を超えて来た日本に大きな役割があると痛切に感じた。