※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼樹帆希(そうきほまれ)



白卿の養子。
元々は両親を幼い頃に亡くし、親戚筋に預けられていたが、
その能力故に家の人達から迫害を受け、
次の親戚へ預けられたが、また迫害を受け…の繰り返し。
親戚中をたらい回しにされ、自分が要らぬ存在であると思い詰め、
10歳になる時に、自分で死ぬ事を決意し、近くの雑木林に迷い込む。
その途中で休んでいる所を、白卿が通りかかり、助けたという経緯があった。

白卿を通じて黒蝶とも出会い、お互いに良き話し相手をしていた。
帆希にとって彼女は、兄弟の様な存在であったらしい。

現在19歳ながら、既に人生を悟った感を持つ青年。
世話役(教育係)をしていた、瑪瑙(めのう)と奏摩(そうま)が彼の護衛をしている。