※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どうにかこうにか間に合った俺は着衣の乱れと汗、呼吸を整えた。
「ローティス、もし俺が間に合ってなかったらどうする?」
「言うまでも無いでしょう?アナタなら分かるはずです。」
「それもそうだな。変なことを聞いた。」
そして、暫くの沈黙。

「そういえば、龍の兄さんが持っている其れは何?」
「あぁ、これか?」
そう言って手に持っていたものを差し出す。
「これは、顔を隠すためのもの。
取りあえず巻いておけば分からないだろ?」
それは、インドの女性がよく顔に巻いているものと酷似していた。
「なぜ顔を隠す必要がある?」
「…なんとなく、か?」
「なんとなくで顔を隠す必要があるなんて、龍の兄さんも変わった趣味をしているのね。」
「まぁ、気にするな。」
アリスはふーん、と訝しげな返事を返すがそれ以上は聞いてこなかった。

そんなアリスの返事を気に留めずに、俺は持ってきた布をグルグルと巻きつける。
取りあえず、左目と鼻の部分は空けておいた。
自分の命の為にも。

準備が整った頃、徐々に目的地が見えてくる。
すると、ローティスが徐に口を開く。
「さぁ、仕事の準備はいいか?狩りが始まるぞ。」
俺とアリスはそれぞれに返事をし、気持ちを切り替える。

そして、目的地の森へと入っていった。