※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

島津義弘立ち回り



【推奨武具】

第6~8武器
防具は跳ね返しに自信がなければ第1防具

【推奨アイテム】

韋駄天抄…移動速度の関係で必須。
愚か者の法…HERO戦以外での火力アップ、神勝の即死狙い。
殺し系…HERO戦以外は総じて微妙。枠は余っているのでステージに応じて選択。
跳ね返しの鍔…跳ね返しを確実に決めたいなら第1防具とセットで。
鬼火の蝋燭…跳ね返しなしでHERO相手に断岩を当てる為の補助。あるいはBASARA技特化。
猛将の怒り、復讐の刃…どうしても断岩が当たらない場合は鬼火と併用してBASARA技で削りきる。
六神の勾玉…来迅や属性武器での六進、高波を主軸とするなら。

【推奨固有技】

喝破以外、断岩は必須

【通常攻撃】

連続ガード…1234567-8
リーチはあるが、縦振りなので横への範囲は微妙。1段目の出は遅いが、それ以降の速度は速い。出し切りはHERO戦でも安定する。
1段目は跳ね返しより短い時間だが敵を硬直させる。ドライブ中以外は外れると2段目や固有技でキャンセルできない。
1段目さえ当たれば断岩とタメ来迅(この2つは相手の硬直時間次第)以外での追撃が確定する。
1段止めは硬直が長いので雑魚戦では2段目か固有技でのキャンセル必須。つづらを壊す場合も2段目まで出した方が早く動き出せる。
雑魚戦は7段止め繰り返しか出し切り、固有技に繋いでもいい。広い場所なら来迅、壁際では六進での追撃が有効。
HERO戦ではドライブゲージが溜まるまで1段止めでループ可能。ドライブ抜けされないように最後の1回は出し切りか固有技で。

【ジャンプ攻撃】

剣を横に振る。タイミングよく入力すると2回以上出せる。範囲は普通。
主に通常攻撃を当てる為の補助用。

【空中特殊】

剣を振り下ろす。当たると敵が浮く。範囲は普通。
出が早く、体勢を崩せるので雑魚戦で使いやすい。

【BASARA技】

通常攻撃の動作を繰り返した後、〆で敵を打ち上げる。リーチや範囲も通常攻撃に近い。
攻撃速度は速め。安定してヒットさせやすく、〆からの追撃もしやすい。
威力はやや低め。緊急回避や雑魚戦での使用がメインになる。

【固有技 示現流 撃晶】

2回攻撃の縦回転斬り、威力は悪くない。島津の技の中では隙が少ない。
単発、通常攻撃キャンセル共に使いやすい。刻印技なのでヒット数稼ぎにも使える。雑魚戦がメインだが、HERO戦でも使えない事もない。

【固有技 示現流 六進】

島津の技では最も発生が早く、硬直も少ない。攻撃範囲は広く、巻き込み性能も高い。
威力は低いので属性ダメージがメイン。一応最も高威力なのは〆の薙ぎ払い。
用途は撃晶と同じ。右側に敵を置くと安定しやすい。第6武器+勾玉で壁際で連発すると撃破効率がいい。他に鉄柱兵を止められる。
撃晶と六進はHERO戦でも通常7から繋がる。
ドライブ中のみ忠勝ハメが可能。かなりの攻撃力が必要だが、忠勝を確実にノーダメ撃破できる。

【固有技 示現流 喝破】

悪臭香炉+刻印、攻撃判定はないが、壁際で死亡した兵士にはヒット判定が出ることがある(詳細な条件は不明)。
鉄砲兵対策なら素直に悪臭香炉を装備した方がいい。これに固有技の枠を割く余裕はない。
刻印技としても隙が大きくコンボが切れ、六進以外ではつながらない。BASARA技につなぐなら連撃の後光の方が良い。
8武器と二重の瞬きを装備して壁際で高波で死亡した兵士を利用すればヒット数を継続させることができる。
実用性は皆無と言っていい。

【固有技 示現流 高波】

敵を吹っ飛ばす衝撃波、射程や範囲はそれなりにある。連続ヒットするとなかなかの威力。
雑魚戦では壁際で使うと連続ヒットする。吹っ飛ばしと巻き込みで壁まで纏めて運びやすい。
大男やからくりに対しては安定して連続ヒットするので強い。鉄壁兵も一撃で倒せる。
HERO戦での出番はない。
ドライブ中のみ忠勝ハメが可能。最初は回避行動を取られるが、一度当たれば連続でヒットし続ける。
確実に巻き込む方法がないのが欠点。ドライブ中なので被弾は気にならないが、被弾前提なら断岩に勝る点はない。

【固有技 示現流 断岩】

島津の代名詞、これを扱えるかどうかで全てが決まる。
威力は間違いなく最強、神の領域のHEROですら一撃で瀕死にする。跳ね返し等で削っておけば即死。
しかし、出が遅すぎる上に硬直も長すぎる。動作中はスーパーアーマーだが、全く動けないのでそれが仇になる事も。
可能な限りバサラゲージが溜まっている状態で使いたい。緊急回避は勿論、残った僅かな体力を削るのにも役立つ。
当てる方法としては①跳ね返し②戦極ドライブ③通常1④隙を突く⑤待ち伏せ、のどれか。
①が基本になる。自信がなければ第1防具と跳ね返しの鍔を装備しておく。
②は忠勝戦やタイマン以外で使う時に。参ドライブ推奨。討死やのけぞりがないので跳ね返し失敗や横槍のリスクを無視できる。
③はモブ武将と風魔のような硬直時間の長いHERO用。普通のHERO相手だと確実さに欠ける。
戦極ドライブと併用することで通常1の速度が上がりキャンセルして移行できるため成功率を高めることができる。
④はからくりやドライブ中に隙だらけの行動を取るHEROに。重騎に使うと残骸に巻き込まれやすいので間合いに注意。
⑤はタイミングを合わせて敵の出現直後に当てる方法。予備動作の途中でムービーイン、接近してきた所に当てるという方法もある。
六進等の吹っ飛ばしてから接近してきた所を狙う事もできるが、こちらは確実性に欠ける。
ドライブ中以外は周囲に雑魚がいる状態での使用は厳禁。間違って暴発させないように。
大仏殿炎上戦の第1段階の松永をこの技で撃破した場合、瀕死の状態で第3段階に移行した後に不死香炉が発動する。
それ以外で通常とは異なる挙動を起こすHEROに関しては各項目に記載。

【固有技 示現流 来迅】

政宗のHELL DRAGONと見た目は似ているが、性質はほぼ真逆。鉄壁兵を一撃で倒せる点は同じ。
タメるとヒット数と威力は増えるが、射程が短くなる。また、こちらは壁に当たると消滅してしまう。
雑魚戦では通常1から繋ぐか遠距離から狙う。タメ段階は状況次第。第8武器装備なら通常1とタメなし繰り返しでヒット数を稼ぎやすい。
タメなしを繰り返す事で上手くいけばHEROを完封できるが、確実に受け身を取る訳ではないので不確定。
威力や射程は魅力的なので雑魚戦で活用したい。HERO戦でも断岩を除けば十分選択肢に入る性能。

  ***
断岩と跳ね返し、これができればHERO戦では間違いなく最強。横槍の入らない状況を作った上で積極的に狙いたい。
雑魚戦では通常攻撃や固有技の性質を理解していないと火力が出ず苦戦しやすい。
断岩があるのでHERO戦対策の優先度は低く、アイテム枠に余裕がある。愚か者の法や殺し系で雑魚戦をフォローしたい。
武器は雑魚戦での使い勝手や断岩以外の固有技との相性で選ぶ。六進や高波と相性のいい6、通常攻撃強化の7、来迅と相性のいい8。



【大武闘会】

推奨装備:愚か者の法、韋駄天抄、怨念の再利用、大男殺しの面、徳用ひょうたん
推奨固有技:六進 来迅

  • 六進
主軸となる技。
大男殺しを装備して火力を高めれば〆部分で岩投げや鉄球、突進部分から当たれば鉄柱兵も一撃。
HERO戦では単品での火力は頼りないので、この技で複数HEROを吹っ飛ばして来迅に繋ぐ。
瞬発力はあるのでアイテム回収にも使っていきたい。

  • 来迅
HERO戦の火力源や、42、62、89ステージでのつづら兵+爆弾兵の安全な処理。
移動速度27秒以下の複数HEROには開幕バックステップから直接撃ってもいい。
怨念+愚か者で溜めなしでも十分な火力。HEROを一撃で倒せなくても溜めなしを連発してハメる。
これが使いこなせない場合は高波を採用。HERO戦は六進で地道に削っていくことになる。

  • BASARA技
威力が低い上に壁際でなければ複数HEROを同時に巻き込み辛い。壁際以外ではどちらか片方に絞って当てる。
〆ヒット後は溜めなし来迅で追撃可能。

  ***
長所をあまり生かせないので不利。鈍重な割に低火力技を主力にせざるをえないため長期戦になりやすい。
移動速度のせいでアイテム回収が間に合わない事も。
タイマンならばジャンプ攻撃→通常7→六進のコンボも有効。クリティカルが出ない武器を推奨。
55戦目は開幕からジャンプ攻撃連発で巻き込む。忠勝はジャンプ攻撃ハメが有効。
重騎もやはりジャンプ攻撃で。
つづら闘士を倒さないと爆弾兵が無限に湧く42、62、89戦目、三好三人衆を倒さないと爆弾兵が無限に湧く52戦目が鬼門。
これらのステージ、特に52戦目の前には保険としてドライブ&バサラゲージを温存しておきたい。
42、62戦目も五本槍や滅騎に邪魔されてグダると立て直しが大変。死にそうになったらすぐドライブを。



【VS敵島津】

登場ステージ
★3 最南端灼熱戦(総大将) 六進 断岩
★4 ザビー城脱出計画(中ボス・チェスト島津) 高波 来迅

パワータイプ故に中ボスにしては防御力が高いが、総大将時の耐久力は並程度。
通常攻撃と六進が跳ね返しのチャンス。

★3最南端灼熱戦ではドライブ時には必ず、平常時でもたまに断岩を使用する。が、仕様により被弾しても即死はしない。
断岩は隙だらけなので挑発のチャンス。攻撃して削ってもいいが、断岩に引っ掛からないように注意。ガード不可なので必ず回避する事。

★4ザビー城脱出計画では高波と来迅を使用する。ガードするのは危険なので必ず回避する事。
周囲の雑魚にも対策が必要。戦闘開始前に殲滅できるので先に片付けておく。動かずに島津を倒しきれるなら視界から外すだけでいい。



【大武闘会登場ステージ】

35戦目「最南端の鬼」六進 断岩 ※鬼兵闘士✕2 ハンマー闘士✕2
70戦目「関ヶ原戦鬼」高波 来迅 ※忠勝(突進形態 援護形態)、鬼兵闘士✕4
100戦目「大武闘会覇者戦」高波 来迅

ステージに回復アイテムが設置されている事が多い。遠距離からの来迅は厄介。優先的に倒しておきたい敵。
「最南端の鬼」の鬼兵闘士は片方はおにぎり、片方は恵比寿樽を落とす。
六進に注意しつつ闘士を先に倒す、もしくは闘技場の南に島津を誘導して鬼兵を視界から消す。
「関ヶ原戦鬼」は忠勝の項目参照。