前田利家立ち回り



【推奨武具】

第7 or 8武器

【推奨アイテム】

愚か者の法…汎用火力アップ。
韋駄天抄…回避移動もあるが、基本的に欲しい。
猛将の怒り…BASARA技が高威力なので優先順位は高い。
絶好調シリーズ…跳躍ハメの火力アップ、安定用。
鬼火の蝋燭…バサラ技の性質上ゴリ押し力が高い。神勝への遂行がハメより速い。
復讐の刃…鬼火のお供に。
愛妻弁当(固有アイテム)…おにぎりのお守りと併用すると長期戦に強くなる。攻撃力アップは実感し辛い。

【推奨固有技】

火口の連弾、炎の跳躍

【通常攻撃】

攻撃速度は普通。範囲は広め。出し切りは硬直が長い。
近くにまつがいると風属性の吸い寄せのせいで被弾しやすい。引き離しておくか早めに炎の跳躍に繋ぐといい。
雑魚には4、5段目までが安定。HERO戦で使うなら絶好調の篭手装備。

【ジャンプ攻撃】

槍を横に振る。至って普通の性能。
主に仁王車の処理用。ジャンプ攻撃ハメにも対応している。

【空中特殊】

槍を縦に振り下ろす。当たると敵が浮く。硬直がほとんどない。範囲は普通。
火口との連携で使用する。

【BASARA技】

その場で炎を吹く。フルヒットさせると高威力だが、空中で当てると威力激減。
移動はできず方向転換は前方180°まで。1度外れるともう1度ヒットさせるのは至難。
対HERO用。確実に当てる為に跳ね返しやジャンプ攻撃を利用するのもあり。
動作が短いのでBASARA技の中でも特にドライブ中のゴリ押しに向いている。

【固有技 火口の連弾】

バウンドする炎の弾を吹く。射程は長めで当たると大きくのけぞる。
雑魚戦では潰されないように少し距離を取って使う。攻撃範囲、殲滅力共に良好。大男、からくり、爆弾兵の処理にも使いやすい。
まつが集めた敵集団をこの技で遠距離から攻撃するのもあり。事故の心配がなく、風属性をメリットとして活用できる。
HEROはこの技の入力に対して回避行動を取る。また、地上ヒットしても一瞬しか仰け反らず抜けられる。空中で当てると連続ヒットする。
炎の跳躍で浮かせてから使うのが基本。空中特殊でもいいが、上手く浮かない相手もいる。
上手く当たれば拾い続けられるが、受け身反撃には注意。遠距離からでもジャンプ攻撃が届く濃姫には絶対に追加入力しない事。
ドライブ抜けされるので撃ち始めと撃ち終わりのタイミングを間違えないように。
敵ドライブ中なら抜けられないので削りとして使える。

【固有技 来い、鷹よ!】

火口とは逆に奥から手前に戻ってくる鷹で攻撃する。
使えない技ではないが、大抵は火口で事足りる。鉄壁兵を一撃で倒せるのは強みだが、それすらも火口で十分。

【固有技 本能の打撃】

タメないと微妙なのでタメ必須。HERO戦専用技。
待ち伏せして当てる事もできなくはないが、跳ね返しから狙うのが基本。
タメ時間の割りには減らない。思いっきり吹き飛ばすのでそこから挑発狙いが唯一の用途。

【固有技 野生の斬撃】

単発技で空中追撃なし。打ち上げ技だが、受け身を気にせず使える。
刻印技なのでヒット数稼ぎに使える。それ以外の用途では炎の跳躍に勝る点はない。

【固有技 獣の連撃】

基本的にタイマン専用。見た目より範囲が広いのでギリギリ雑魚戦で使えない事もない。
フルヒットさせればそれなりの威力だが、安定性は低め。

【固有技 炎の跳躍】

出が早く、隙も少ない。巻き込み性能や威力は悪くない。
雑魚戦では単体か通常4、5から。HERO戦では火口の補助が基本だが、火口が使い辛い時には単体でも使う。忠勝ハメも可能。
〆を外し続ければHEROに延々と当て続けることが出来る。安定性は敵HEROの体型や喰らい判定次第。
基本は壁際で敵を左に置いて連打。利家が壁に垂直になるように調整する事。絶好調の篭手装備なら通常3をループに組み込める。
蒼紅幸村等の反応が早い相手には少しでも繋ぎが遅れると抜けられるので注意。ガードボタンを押しながら通常3ループなら確定。
壁際以外でも1回毎に調整すれば一応可能だが、制御し辛いので安定性は下がる。
安定しない相手や地形ならハメは狙わずに普通に戦った方がいい。
硬直が短いため、特に急がなければこれを連発してまつを引き離してもいい。

 ***
火口の連弾と炎の跳躍以外の固有技は総じて微妙なのでこの2つが基本。
HERO戦は火口で削ってからBASARA技。タイマンでのゲージ溜めで苦労するので確実に倒せる状況までゲージは温存。
あるいは炎の跳躍ハメ。特化すると平均火力は上がるが、BASARA技に頼れなくなる。篭手だけ装備するのも1つの手。
罵詈雑言の書装備ならHEROへの挑発2回でゲージMAXにできるが、挑発が長いので跳ね返し挑発は安定しない。
跳ね返し硬直の長いHERO、反応があまり早くないHEROには決まる程度。
武器は8が基本。跳躍ハメを狙うなら通常攻撃の火力アップの為に7もあり。



【大武闘会】

推奨アイテム:愚か者の法 韋駄天抄 徳用ひょうたん 怨念の再利用など
推奨固有技:火口の連弾 炎の跳躍
炎の跳躍が主軸。判定も強く、特殊兵に的を絞られにくいのが長所。
火力過多なので猛将は不要、大男や重騎にもそれ程苦戦しないのでアイテム枠にはかなり余裕がある。怨念で跳躍の火力を上げるも良し。



【VS敵利家】

登場ステージ(全て総大将として登場)
★1 前田家家中戦 火口の連弾 炎の跳躍
★2 賎ヶ岳湖畔戦(まつ共闘) 本能の打撃 獣の連撃
★4 賎ヶ岳の戦い(条件によってまつ、慶次共闘) 火口の連弾 本能の打撃

特に厄介な攻撃もないので戦いやすい相手。火口の連弾はドライブ中以外は2発程度までしか撃たない事が多い。

★1前田家家中戦では実質中ボスだが、体力は総大将と同等。

★2賎ヶ岳湖畔戦ではステージ開始直後から戦闘開始、どちらかの体力を半分程減らすと逃走する。
神水回収後にBASARA技でまとめて削るのが基本。徳用ひょうたんを装備しておけば神水回収だけでBASARA技を3回使える。
BASARA技1回で撤退まで追い込めない時は他の攻撃で削るのもあり。壁際跳ね返しを狙う時はまつの太郎丸に注意。
逃走後は一時的に「走る」以外の行動を取らない状態になる事がある。また、ドライブ中以外は接近した瞬間に攻撃される事はない。
ある程度離れていればダウンさせても起き上がった瞬間にドライブを使わない。
これらの性質を利用すれば遠距離ハメに使えない技でも遠距離ハメが可能。壁にぶつけて受け身を取らせる必要はない。
特に有効な固有技がなければ通常攻撃を使う。通常時よりも繋がりやすいが、最初から繋がりのいいキャラでなければ過信しないように。
これらのハメや性質はどちらか片方を倒すまで有効。
ルート的にまつよりも追いにくい事、火口を使わないので他のステージより対処が容易な事から利家は後回しにした方がいい。
逃走後はムービーインする前から攻撃が当たる。上手くいけば気付かれずに倒しきれる。
ムービーイン前は基本的に視界に入れるか一定距離に入るまでドライブを使わない。条件を満たしても使ってこない事もある。

★4賎ヶ岳の戦いは慶次の項目参照、こちらも基本的な性質は同じ。
利家は湖左方向の坂では他の2人より深く追ってくる。ただし、そちらに運ぶと行動範囲外に出ても普通に攻撃してくる事が多い。
なので慶次かまつと同じ方向に運んだ方がいい。片方を撃破、もう片方を運んだ後なら完全なタイマンに持ち込める。
3人の中では最も対処しやすいので他の2人を片付けた後に正攻法で倒してもいい。



【大武闘会登場ステージ】

45戦目 不死香炉「最強夫婦ご覧あれ!」野生の斬撃 獣の連撃 ※まつ(太郎丸 天の星雲)
83戦目「気合の火炎男連合」火口の連弾 炎の跳躍 ※信玄(火 山)、火矢兵多数
94戦目「前田男衆」火口の連弾 炎の跳躍 ※慶次(恋つづり 押しの一手) 利家(火口の連弾 炎の跳躍)、火炎瓶闘士✕3、ハンマー闘士✕2
100戦目「大武闘会覇者戦」野生の斬撃 獣の連撃

乱戦での火口の連弾が少々邪魔な事を除けば特に怖くない相手。利家よりも火矢兵や火炎瓶闘士の方が問題。
それぞれまつ信玄慶次のページを参照。