お市立ち回り



【推奨武具】

第7 or 8武器
防具はBASARA技特化のゴリ押し狙いで第2防具

【推奨アイテム】

愚か者の法…火力系では汎用性が高い。
漆黒の花嫁衣裳…BASARA技と黒い手の強化。
猛将の怒り…BASARA技の強化。
韋駄天抄…鈍足でステップ性能も悪い。
鬼火の蝋燭…連戦でなければこれで即死を狙うのもあり。防御や移動も強化される。
復讐の刃…BASARA技以外の威力も上がる。
四番の櫂…震え我が背から挑発を決められる。韋駄天抄が無いと間合いが測りづらい。
憤怒の攻撃…ジャンプ攻撃ハメの強化。ハメ狙いの場合、低威力になりがちなので最優先で装備。
絶好調のはちまき、必勝だるま…同上。必ず憤怒の攻撃と併用する事。

【推奨固有技】

震え我が背か来れ根の闇は必須

【通常攻撃】

連続ガード…12-3-4-5-67-8(※4が3ヒット、5が2ヒット、6は崩れダウンを奪う)
範囲、リーチ共に優秀。〆の範囲は特に広い。振りが少し遅い上に溜めも入るので全体的に遅い。
4、5段目は多段ヒットなのでクリティカルヒットするとダメージが大きい。
雑魚戦は出し切りか4段→抱け我が胸で問題ない。HERO戦では使えない。

【ジャンプ攻撃】

回転斬り。下方含め攻撃範囲は広い。当てても敵をその場からずらさない。その性質上、ジャンプ攻撃ハメが安定して決まる。
最大3ヒットするが、距離や高度が合っていないとヒット数が落ちる。3ヒットなら高威力だが、1ヒットだと低威力。
忠勝や家康、前傾姿勢の仁王車、滅騎の首の辺りなどには3ヒットしやすい。家康はアーマーが付くまで空中で拾い続けられる。
愚か者の法+刹那カンストでクリティカルが出てもHEROは吹っ飛ばない。
主力にするならクリティカル強化は必須。3ヒットなら強力、1ヒットでもマシな威力になる。

【空中特殊】

薙刀を地面に突き刺す。当たると敵を地面に埋める。範囲は広い。
一時的に雑魚を無力化できるのは動きの遅いお市にとってはありがたいが、この技自体の硬直も長いので使い勝手は微妙。

【BASARA技】

乱舞しながら〆の波動で吹っ飛ばす、全体的に範囲は広い。フルヒットでなかなかの威力。
乱舞部分のフルヒットは難しいが、外れるとしても2、3ヒット程度なのでダメージには大きく影響しない。
〆の波動は高威力だが、壁際だとほとんどヒットしない。壁が近い場合は乱舞で広い場所まで運んでおく事。
逆に忠勝戦では乱舞含めて壁際でなければフルヒットしない。ただし、抜けられるポイントがあるので安定性はやや低め。
黒い手と同様に体力が減っていると威力が上がるが、上昇率は意外と地味。無理に赤ゲージにする必要はない。

【固有技 抱け我が胸】

敵を引き寄せる刻印技。出は少し遅いが、硬直はそれ程長くない。範囲は広い。威力はかなり低い。
通常4段とのループで安全に撃破数とヒット数を稼ぎやすい。雑魚戦では使いやすいが、HERO戦では使えない。

【固有技 開け根の国】

目の前に黒い手を召喚して攻撃する。HEROやダウンしない敵は地中に引きずりこめない。
技前後の隙が大きいので雑魚戦では微妙。雑魚でも引きずり込めない相手には使いづらい。
HEROには防御力次第で抜けられる。また、ヒットさせる事が出来たとしてもドライブ抜けされる。よって採用は難しい。
動作中は怯まないが、一部攻撃では吹っ飛ばされる。また、無防備な時間が長いのでアーマーが仇になる事も多い。
黒い手固有技の共通事項として体力が減ると威力と攻撃範囲アップ、赤ゲージだとかなり強化される。
体力ゲージの状態は3段階、赤(瀕死)>黄色>黄色点滅(満タン)の順で強い。

【固有技 震え我が背】

広範囲を薙ぎ払う。単発技としてはヒット数や威力は悪くない。お市には貴重な出が早く安定して当たる技だが、硬直が長い。
密着するとヒット数増加。逆に間合いギリギリだとヒット数低下。更にカス当たりだと敵が吹き飛ばずに隙が生じる。
雑魚戦では敵が残っていると反撃されやすい。終了後もカメラワークを利用して被弾を防ぎたい。
緊急時に敵を吹き飛ばす、絶好調シリーズ装備時の体力回復が主な用途。
HERO戦で重宝する。BASARA技後の追い討ちにも使える。威力はあまり変わらないが、引き起こしも出来る。
四番の櫂を装備すると吹っ飛ばした後に挑発を決められる。王将の奇跡では受け身を取られる事があるので不確定。

【固有技 来れ根の闇】

前進した後に敵を握りつぶす黒い手。握り潰しの威力が高めで射程はそこそこ。開けと同様に隙が大きい。
握り潰し中の黒い手には呻け死の華と同じく敵から体力を吸収する効果がある。
HERO戦専用。跳ね返しから狙うのが基本。黒い手が前進する前に2ヒット以上しないと抜けられる事がある。
開けと同様にアーマー付加かつ無防備。握り潰し後の受け身反撃も含めてBASARA技でフォローしたい。
壁際で密着して当てると黒い手のヒット数が増えるが、握り潰し部分以外の威力は低いのでダメージはほぼ同じ。
BASARA技後の追撃も一応可能だが、当たり方が不安定。赤ゲージで失敗すれば即死確定。

【固有技 喰え彼の腸】

敵を打ち上げて切り刻む、範囲は広い。切り刻みの前に溜めがある上に硬直が非常に長い。
雑魚戦では通常攻撃に勝る点はない。硬直のせいでヒット数稼ぎにも使えない。
HERO戦ではアーマーがつかなければ受け身関係なく拾い直しやすい。ただし、確実に拾える訳ではなく〆も不確定。
モーションだけではなく威力にも全く恵まれていない。

【固有技 呻け死の華】

信長の死ニ至ル病と同様の性質を持つ技。基本性能は同じだが、いくつか差異がある。
通常攻撃が黒い手による攻撃に変化する。リーチはやや短い。発動時の体力によって腕の本数が2本→3本→5本と変化する。
通常攻撃は幾つかの動作パターンからランダムに繰り出され、当たると敵を引き寄せる。
パターン毎に所要時間が異なり、入力時に待機中の腕のみ攻撃する。そのため、連打していると攻撃タイミングがバラつく。
通常時より挑発の時間が短くなる。また、黒い手が周囲の敵を浮かせる。全ての腕が動作をキャンセルして攻撃する。
黒い手、終了動作の威力はそこそこ。通常、挑発攻撃は本体の接触中はヒットしない。
信長と同様に触れるだけでつづらや殴れ印を攻撃できるが、こちらは飛び道具を跳ね返せない。
信長と違い通常攻撃を振っても判定が途切れないため体力回復の点ではこちらが有利。
通常攻撃は2本だと前後の攻撃範囲が狭く使い辛い。3本以上だと一般兵相手なら殲滅力は高め。
HERO戦は5本腕必須。忠勝以外のHEROには多段ヒットすることがある。ドライブ中に動きを止めるHEROには大ダメージが狙える。
ドライブ+韋駄天抄でカメラ手前方向に歩きながら引きずり回すこともできるが、攻撃がランダムなので抜けられやすい。
挑発攻撃は単発技かつ動作は遅いが、それなりに安全。攻撃範囲の狭い2本腕の代わりとして使う事もできる。
発動から攻撃できるまでに時間がかかる。跳ね返しか通常6、7から使用したい。
使用タイミングを間違えなければ雑魚戦での使い勝手は悪くない。HERO戦では状況が限定される上に安定させるのは困難。
鍛練用拘束具装備時は被ダメージ上限の仕様と回復効果で生存率が上がる。体力調整に使う時は敵のいない場所で。
信長よりタイミングはシビアだが周囲に敵がいても発動時に体力赤に突入するので火事場の馬鹿力で究極BASARA技を発動できる。
挑発が決まりやすい事、体力を回復できる事から絶好調シリーズと相性がいい。

  ***
通常攻撃の範囲が広いので一般兵の処理で困る事は少ないが、それ以外では動作の遅さで苦戦する場面も多い。
目的を絞ってアイテムを特化させないとHERO戦は厳しい。それ以外の用途に枠を割く余裕はない。
跳ね返し成功時のお市のモーションが無駄に長い。そのせいで折角のチャンスタイムが短くなってしまっている。
BASARA技はHERO戦での火力源だが、跳ね返しの仕様と各技の硬直の長さで挑発が決まりにくい。
挑発の長さ自体は普通。跳ね返し挑発の総合的なモーションの長さは利家や小十郎と同程度。
挑発を決められる状況、跳ね返し挑発が決まる相手にはチャンスを逃さないように。BASARA技後は比較的成功しやすい。
四番の櫂で挑発を安定させてもいい。BASARA技の火力が下がっても装備する価値はある。BASARA技後の挑発も安定する。
忠勝ハメは跳ね返し、BASARA技、ドライブの衝撃波から始動できない。ノーダメ狙いなら先手を取るか回避して反撃する必要あり。
武器はBASARA技や固有技メインで8、通常攻撃の雑魚処理効率アップやジャンプ攻撃ハメの強化で7。属性武器は赤ゲージと相性が悪い。



【大武闘会】

推奨装備:韋駄天抄 徳用ひょうたん 怨念の再利用まで確定
残りは愚か者の法or必勝だるまor絶好調のはちまき 大男殺しの面or六神の勾玉orおにぎりのお守り から選択
推奨固有技:震え我が背 呻け死の華

  • 震え我が背
愚か者+攻撃力3600の場合、フルヒットでHEROの体力の約4割〜半分程度が威力の目安。複数HEROを遠めから押し返して仕切り直す。
考え無しに繰り出すと確定反撃を貰うが、ある程度被ダメージを予測、打算して反撃覚悟で使った方がマシな場面も出てくる。
反撃を受けるかどうかは容易に判断出来るので、こちらも受け身反撃の用意を。
カメラワークを上手く使えば回復ツールとしても使える。繰り出した後に雑魚が画面に映っていないように調整する事。
つづら兵の処理にもある程度使える。
雷神壁ステージでは開幕から3人を同時に吹き飛ばせるのでゲージを温存したい場合は一考。
更に当たり方や敵のダウンモーションによってはダウン追撃が間に合う。

  • ジャンプ攻撃
複数HEROを同時に巻き込める。基本的に跳ね返しから狙いたい。跳ね返しを使わず狙う場合は切っ先を掠めるようにして始動。
55戦目の家康&忠勝には開幕から連発でいい。
ある程度削ったら、周囲の状況を見つつ震え我が背に繋いでトドメ。
秀吉、元就などの通常1が高い位置を攻撃するHERO、長政など空中攻撃を多用するHERO、判定の強い技や飛び道具を持つHEROには注意。
当たり負けしやすいので強引に狙わないこと。
多少回転率は悪くても遠めから震え我が背で堅実に削る方がいい。

  • 呻け死の華
使う場面は限られる。
死にかけの闘士1人+雑魚の群れが残っている状態で発動、挑発を連発すれば、ある程度体力を回復しつつBASARAゲージ回収に一役買う。
罵詈雑言の書で効果は上がるが、これだけの為に枠を割く必要性は薄い。
因みに闘士は雑魚ベースでも恐慌状態にならないので、下手に体力満タンの闘士には使わない方がいい。
ゲージの使用タイミングであと少しでゲージが貯まる時、アーマーを利用して強引に満タンにする事も出来る。

  ***
震え我が背、ジャンプ攻撃ハメとも特に砲撃のステージではタイミングを考えて使うこと。
死にそうになったらすぐドライブを。固有技は暴発厳禁。
蘭丸の五月雨はステップではなくジャンプで避けてそのままハメを始動する。
鉄柱兵、三好三人衆(もどき含む)はBASARA技以外では通常攻撃4、5の回転部分を上手く使うのが一番マシ。まんべんなく当てるのがコツ。
BASARA技の火力は怨念+1.5倍アイテムどれか一つで十分。まんべんなく当てたい場面もあるが、慣れないうちは愚か者は外してもいい。
1000人斬るまでは大男に苦戦しやすいのでなるべく早い段階で雑魚を沢山斬っておきたい。大男殺しはあった方が楽。
火力系アイテムから愚か者かクリティカル強化、補助アイテムとして回復強化か大男殺しを。
重騎は殴るタイミングを分かっていればあまり苦戦しない。
被弾が多い為2防具推奨、武器は属性武器か7武器。



【VS敵お市】

登場ステージ
★1 姉川踏躙戦(ボス戦お供) 開け根の国以外の固有技は確認出来ず

元々防御力が低い上に低難易度ステージのお供なので耐久力はかなり低い。長政のついでにいつの間にか倒せている事が多い。
長政と同様に無印から流用されているのか、開け根の国以外の固有技を使ってこない。
狙いはかなり適当で開け根の国を乱発してその場から動かない事も多い。足の遅さと合わせて簡単に引き離せる。
更に反応はかなり遅いのでハメにならない技でもハメられる事もある。
総じて敵HEROとしては間違いなく最弱。タイマン、乱戦、放置、どんな状況でも全く脅威にならない相手。



【大武闘会登場ステージ】

10戦目「正義の浅井軍、いざ参上!」震え我が背 喰え彼の腸 ※長政(烈翔剣 突撃進)
59戦目 不死香炉・砲撃「片腹痛し兄妹」震え我が背 喰え彼の腸 ※信長(遠雷遥 穿タレル深紅)
73戦目「手弱女と野蛮」震え我が背 喰え彼の腸 ※武蔵、火炎壺闘士✕2、爆弾兵✕4
93戦目「奥様方の共同戦線」震え我が背 喰え彼の腸 ※まつ(太郎丸 天の星雲)、鉄砲兵多数
100戦目「大武闘会覇者戦」震え我が背 喰え彼の腸

固有技は震え我が背+喰え彼の腸で固定。体力はやはり低め。
震え我が背の攻撃範囲は意外に広く、ダメージは大きめ。通常ステージの感覚でナメてかかると痛い目にあう。
反応勝負だが、食らっても即座に受け身を取れば反撃可能。吹っ飛ばされてから受け身を取っても移動速度次第で反撃可能。
10戦目「正義の浅井軍〜」は普通に戦ってもいいが、15戦目までHERO戦が無いのでバサラ技で仕留めてもいい。神水(小)も二つ手に入る。
不死香炉「片腹痛し兄妹」は信長の項目参照。
「手弱女と野蛮」は武蔵の項目参照。
「奥様方の共同戦線」はまつの項目参照。