※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浅井長政立ち回り



【推奨武具】

どれでもいい、第7 or 8武器が基本

【推奨アイテム】

愚か者の法…武器強化なしなら基本。ありなら代用可能。併用すれば更に火力アップ。
猛将の怒り…BASARA技は扱いやすい。武器強化と合わせて大ダメージが狙える。
六神の勾玉…属性武器が3つ、武器強化状態は光属性。特に盾攻撃はヒット数が多いのでかなり強力。
絶好調シリーズ…通常攻撃の性能も優秀。
憤怒の攻撃…通常攻撃の威力アップ。盾強化との相性は抜群だが、刀強化とは噛み合わない。
韋駄天抄…移動速度、ステップ共に問題ない性能だが、あれば役立つ。位置取りに便利。
威力変化鏡…理力・装光で光属性を付加できるので武器選択の幅はかなり広い。
光の剣…3分以内にクリアできるステージや大阪の神勝戦用。大武闘会で大活躍。
鬼火の蝋燭…究極BASARA技で一気に決めたい場合に。ほぼ確実に敵が吹っ飛ぶので壁に押し付けて使う事。
復讐の刃…忠勝戦で必要ならば装備。

【推奨固有技】

光の剣なしなら理力・装光必須

【通常攻撃】

速度は速め。強化なしだと範囲やリーチは微妙。雑魚戦ではやや不安な性能。
HERO戦ではヒット数の多い4段目、浮かせ技だが受け身を取られる事がなく固有技に繋がる7段目が優秀。
ただし、この2つは軸がずれたり間合いを間違えたりすると抜けられやすい(特に7段目)。絶好調の篭手装備で安定する。
3段目か6段目で入力が止まると固有技キャンセルでもドライブ抜けされる。そもそも突撃進でも繋がらないので止める意味はない。
理力・装光の盾強化で4・7段目の威力と攻撃範囲アップ、4段目はヒット数も増える。刀強化ならそれ以外の威力と攻撃範囲アップ。
雑魚戦は刀強化で5段止め繰り返しが使いやすい。割り込まれる事もなくヒット数も撃破数も稼げる。
壁際や拠点前の撃破数稼ぎ、重騎戦では盾強化の方が有効。リーチは刀強化に劣るが、威力では勝る。
HERO戦ではジャンプ攻撃含め愚か者の法装備の刀強化でクリティカルが出ると敵が吹っ飛ぶ事が多い。
対策としては刀を強化しない、愚か者の法を外す、クリティカルの出ない武器を装備。
HERO戦で通常攻撃メインなら途中で敵を吹っ飛ばす心配のない盾強化。また、刀強化と比べて距離が開きにくいので繋がりやすい。
4段目クリティカルが非常に強力なので特化する価値はあるが、ドライブゲージも一瞬で溜まるのでゲージリセットに繋げにくい。

【ジャンプ攻撃】

3段技。範囲は普通。振りが早い。
仁王車の処理、烈翔剣からの連携、ジャンプ攻撃ハメ等が主な用途。
通常攻撃と同様に刀強化で威力と攻撃範囲アップ。大男や重騎の処理にも使いやすくなる。
ジャンプ攻撃ハメ狙いの場合、1段目は当てやすいが、2段目は調整するか刀強化でないと外れやすい。1段止めで安定する。

【空中特殊】

ライダーキック、出は早い。範囲は微妙。当たると敵が浮く。軌道の関係で近くの敵に当てにくい。
通常7、ジャンプ攻撃、十文字、BASARA技、無言即殺(殺が地上ヒットした場合のみ)から繋がる。
ボタン長押しで刀で敵を引きずってから吹っ飛ばす。吹っ飛ばし距離が長いので飛び道具にもなる。
吹っ飛ばされた敵は他の敵を巻き込む。クリティカルが出ると巻き込まれた敵にもクリティカルヒットする。
長押しをドライブゲージがMAXのHEROに当てるとゲージリセットが可能。条件は風魔の絞と同じだが、こちらの方が決まる相手が多い。
起き上がりジャンプや受け身後の着地、接近してきた時が狙い目。通常攻撃やBASARA技から直接決める事はできない。
ジャンプ攻撃からゲージリセットに繋げるのが最も安定する。ジャンプ攻撃ハメと組み合わせるとドライブゲージ調整もしやすい。
刀強化で2段目→着地→空中特殊が基本。強化なしだと密着する必要があるので空中特殊は最速か少し遅らせてから入力。
最速入力はシビアだが、相手によっては遅らせるとドライブ抜けされる。刀強化ならその中間の速度でも安定する間合いから狙える。
2段目(空振り)→空中特殊なら最速でなくとも成功する。敵を左側に置くと安定しやすい。確実に外す為に刀強化は使わない事。
相手によっては2段目を外せないのとこの方法だとゲージリセットできない相手がいるのが欠点。

【BASARA技】

乱舞から十字斬り&盾発射。範囲は結構広い。安定してヒットするが、威力は並程度。武器属性が反映される。
ダウンモーションの長いキャラだと最後の回転シールドの部分で浮いてしまってヒット数が落ちる。
雑魚にもHEROにも有効。最後の十文字斬りと爆発が高威力なので確実に当てたい。
理力・装光で威力アップ。盾強化で威力が上がるのは〆の爆発のみなので刀強化が基本。
刀強化状態であればなかなかの威力だが、攻撃力が上がりすぎて敵が吹っ飛びやすい。
壁に押し付けながら発動するか、輝斬・十文字や理力・装光、ドライブ等で敵を浮かせてから発動するとよい。
飛甲弾等で十分に削った後や体力の低い中ボスには盾強化で足りる事も多い。長政の攻撃力や壁までの距離によって使い分ける。

【固有技 輝斬・十文字】

十文字斬りを飛ばす、威力は悪くない。見た目より範囲が広く、見た目より射程が短い。追加入力すると鉄壁兵を一撃で倒せる。
雑魚戦では単体、通常攻撃キャンセル共に安定する。少し出が遅いが、意外と潰されない
HERO戦では通常7から狙う。直接狙う場合はジャンプ攻撃で足止めすると当てられる機会が増える。
広い場所ならドライブゲージが溜まるまでループ可能。また、追加入力なしでも出の早い攻撃なら繋がる。
蒼紅幸村等にも受け身を取られない打ち上げ技だが、秀吉等のダウンから浮かせると受け身を取るHEROに使う時は注意。

【固有技 光翼・飛甲弾】

前方へ盾ブーメラン、威力は低い。タメるとヒット数大幅上昇。射程はそこまで長くない。地形によっては軌道が変わる事がある。
障害物があると途中で敵を置き去りにする。それと関係なく抜けられる事もあるが、盾強化で安定するようになる。
雑魚戦ではタメに関係なく使わない。鉄壁兵の処理が唯一の用途。
HERO戦では跳ね返しからのタメが主力。威力は低いが、ヒット数が多いので属性と相性抜群。
最終的にドライブ抜けされるが、光属性+六神の勾玉なら威力の高さに対してドライブゲージが溜まりにくいのでかなり削れる。
盾強化を使うかは微妙な所。ゲージリセットを挟まない場合、ドライブ抜けされるまでに使える回数が減る。
攻撃力を最低にした上で盾強化なしの第3武器+六神の勾玉ならBASARA技1回で倒しきれる所まで確実に削れる。
攻撃後はBASARA技以外ではドライブか絶好調の篭手装備の通常攻撃が繋がる。跳ね返し、通常共に盾強化と噛み合う。

【固有技 天空・烈翔剣】

打ち上げ技、リーチも範囲も最低クラス。押しっぱなしの空中特殊追撃はHEROには基本繋がらない。
浮き方によってはジャンプ攻撃が上手く当たらずに受け身を取られるので入力タイミングの調整が必要。
長政の技は勿論、同系統の打ち上げ技と比較しても明らかに性能が悪い。優先順位はかなり低い。
忠勝戦ではジャンプ攻撃とのループでハメが可能なので使える。連打では空中追撃できないので目押しする事。
ドライブ中のみ空中追撃なしでもハメになる。ボタン連打でも成功するので安定性は上がるが、無理に狙う価値はない。

【固有技 刮目・突撃進】

出の早い盾突進。判定は強い。意外と敵を巻き込めるが、威力は低い。
盾強化で威力を上げれば雑魚にもHEROにも使いやすい。HERO戦では出の早さのおかげで通常7以外からでも繋げられる。
味方を引き離す時の移動、早出しで遠距離ハメ、等の使い方もできる。
ドライブ中のみ忠勝ハメが可能。盾強化+MAX8武器+鬼火+復讐+愚か+猛将で大阪の神勝をギリギリ倒しきれる。
フィーバーを1回発動する事、最後に究極BASARA技を使う事が条件。
フィーバー発動に雑魚を巻き込む必要があるが、突撃進のモーション中はカメラを動かせないので注意。

【固有技 理力・装光】

ポーズを取った後に固有技ボタンで刀、通常攻撃ボタンで盾を強化する。時間経過かもう片方を強化すると解除。
効果は威力1.5倍と攻撃範囲アップ、光属性付加。前述の通常攻撃とBASARA技以外も刀と盾のそれぞれに対応した固有技が強化される。
盾はガードブレイクされなくなる(ガード不能技は防げない)。刀は騎乗通常攻撃も強化される。
理力・装光、空中特殊、跳ね返し、通常攻撃以外の騎乗攻撃、ドライブの衝撃波は変化しない。
効果が強力であり持続時間も長い、デメリットなしと非常に優秀。常時発動が基本。隙を見て重ねがけしておく。
解除も地味に重要。刀強化は場合によってはデメリットになるので盾強化に切り替える。
一応、攻撃判定はあるが全く信頼できない。出が遅いので潰されない状況で発動したい。
専用アイテム発動中に使うと強化した方の残り時間は上書きされ、強化しなかった方は解除される。勿体無いので使用厳禁。

【固有技 無言・即殺】

追加入力で発生する4連斬。範囲は見た目より広い(特に殺)。無言の威力はかなり低く、即は普通、殺はかなりの威力。
出は早く、即までは隙も少ない。殺の硬直は長いが、雑魚に割り込まれる事はまずない。
入力タイミングが独特なので慣れが必要、連打では言が限界。極稀に即も出るが、殺は絶対に出ない。
安定するなら雑魚戦では無敵。殺さえ決まれば殲滅力は非常に高い。低難易度では過剰火力なので高難易度向け。
逆にHERO戦では動きを止めないと使った瞬間に避けられる、ドライブ抜けされる、通常攻撃から繋がらない等問題点だらけ。
元々威力は高いが、刀強化中は長政の技の中でダントツの威力。しかし、HEROは途中で吹っ飛ぶので殺が不確定になる。
理力・装光と併用するとHERO戦の選択肢が狭まる。通常5連やジャンプ攻撃で足りる事も多いので使うステージは選びたい。

  ***
理力・装光中の通常攻撃とBASARA技がメイン。基本性能は非常に高い。もう1つの固有技で立ち回りが変わる。
HERO戦特化なら飛甲弾、殲滅力が欲しいなら無言即殺、それ以外ならバランスのいい十文字か突撃進。
専用アイテムは短期決戦向け。大武闘会では毎回発動する。固有技の枠に空きができるので戦術の幅が広がる。
ステップは後方以外は硬直があるので移動向きでは無いが回避性能は問題なし。足も速い。挑発の長さは普通。
武器は基本は8、通常攻撃メインで7。他の武器でも特に問題はない。



【大武闘会】

推奨装備:固有アイテム 愚か者の法 韋駄天抄 六神の勾玉 徳用ひょうたん 怨念の再利用など
推奨固有技:理力・装光以外、突撃進が使いやすい

  • 突撃進
武器強化状態なら攻撃範囲、リーチ共に優秀。つづら兵に追いつくのは勿論、数人なら距離と角度を合わせて纏めて片付ける事も出来る。
怨念+愚か者+固有アイテム+勾玉による強化で後半のHEROが即死圏内。大男も〆部分のみで即死。
即死に追い込めなくても、起き上がりジャンプした敵にジャンプ攻撃でトドメを刺せる。
もう一つは理力・装光以外から選択。

  • BASARA技
怨念+愚か者+固有アイテムだとほぼ確実に後半のHEROが吹っ飛ぶ。途中多少当たらなくても即死に追い込めるのであまり問題はない。
固有技やジャンプ特殊で追撃が可能、その場合もうひとつの固有技は十文字がオススメ。
特化した突撃進が強力なため、ゲージを温存してもいい場面も出てくる。

  ***
固有アイテムのお陰でやりたい放題。お手軽な引率役として使いやすい。
怨念は無くても火力十分だが、各所でのふっ飛ばしを差し引いてもあった方が一応早い。
後半になるとBASARA技だけでなく、通常攻撃でも吹き飛ばすようになる。
突撃進の頻度が増えて怨念無し時ほど小回りは利かなくなるため、お手軽さのみを求めるなら怨念は外してもいい。
通常1〜2orジャンプ攻撃途中止め→突撃進がHERO戦では優秀。突撃進を単発で使う場合はアーマー抜けに注意。
怨念を使うならクリティカルの出ない武器を。
レベルが低くても固有アイテムを活かせば活躍出来る。装備は光の剣、韋駄天抄と火力系からお好みで。



【VS敵長政】

登場ステージ
★1 姉川踏躙戦(総大将) 輝斬・十文字意外の固有技は確認出来ず

無印からそのまま流用されているのか、十文字以外の固有技を使ってこない。
反応は遅い部類に入る。また、狙いをつけずに空振りし続ける事がある。
ドライブ中の通常攻撃によるガードクラッシュに注意すれば問題無い相手。光のお守りがあればより確実。
タイマンに持ち込むなら砦の外に釣り出すのが基本。戦闘開始前に周囲の敵を殲滅して邪魔の入らない状況を作ってもいい。



【大武闘会登場ステージ】

10戦目「正義の浅井軍、いざ参上!」烈翔剣 突撃進 ※お市(震え我が背 喰え彼の腸)
82戦目「極端な者達」烈翔剣 突撃進 ※光秀(呪詛的千棘 因果的応報)
91戦目「仁義と正義」烈翔剣 突撃進 ※小十郎(穿月 乱れ十六夜)
100戦目「大武闘会覇者戦」烈翔剣 突撃進

登場ステージで厄介なものは無い。
それぞれお市光秀小十郎のページを参照。
固有技は烈翔剣+突撃進で固定。烈翔剣から高確率で空中特殊に繋げてくる。また、空中攻撃を多用する傾向がある。
突撃進をかわして反撃するのが有効。主にバックステップ後やオーラを纏ってから単発で仕掛けてくる。
被弾しそうな場合は一度距離を取って仕切り直し、寄ってきたところに先手で反撃を加える。