|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

喫煙に付いてのスタンス

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

喫煙に付いてのスタンス


喫煙の自由は尊重したいです。
何故なら、少数派で有るとの理由での排斥は、他の趣味の排斥を許容する事で有り、結局は自分に不利益を齎す自滅行為以外の何物でも無いからです。

然し、喫煙は文化ですが、喫煙習慣と言う依存症は様々な病気を招く原因でも有り、健康被害に対する周知徹底を図るべきです。
喫煙習慣と言う重篤な依存症は、本人の意思で専門医の手で治療した方がいいとは思ってます。
喫煙者を減らしたいなら、健康知識の普及と教育、喫煙習慣の依存症治療促進を国策として設定すべきです。

課税や違法化によって強制的に喫煙者から煙草を取り上げても、嘗ての禁酒法同様、非合法な煙草が地下で流通し非合法組織の懐を潤すだけの結果が待ってると思います。

尚、歩き煙草は危険なので、法的規制を支持します。

御品書き

BLACKBIRD