本線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 カタコノ本線はカタコノ電鉄の鉄道路線である。

概要

 ターミナル駅から山のほうへと北上していき、金橋駅まではビルがならぶ地帯を走行し、北秦剛より、高架線がおわり、田園地帯へと入る。さらに北上すると山地へ入り、温泉街の玄関へと入り、終点駅に到着する。

路線データ

  • 路線距離:75.3km
  • 軌間:1067㎜
  • 駅数:43
  • 電化区間:全線
  • 閉塞方式:車内信号閉塞式
  • 最高速度:快急ウッキー、特急115km/h、それ以下105km/h


運行形態


列車種別


特急
 カタコノ本線における最高速達列車であり、乗車の際には特急券が必要である。使用車両は555系に限定されている。平日は1時間当たり1本で運転され、休日は朝夕は2本運転されている。また、ゴールデンウィーク、お盆は運行回数が1時間に朝、夕のみ4本となり大幅に増発がされる。

快急ウッキー
 特急料金不要の最上位種である。シンボルカラーはオレンジ。朝、夕、夜間のみの運行で、使用車両は115km/h運転を行うため、設計最高が120km/h以上の4000系、5000系のみとなっている。また、ゴールデンウィーク及びお盆は2000系の2119F、2120F(その際の運転最高速度は110km/h)が充当されることもある。

急行
 全日を通して設定されている特急料金不要の速達列車。シンボルカラーは赤。夜間の数本を除き基本は10両固定編成で運行される。昼間の列車では唯一本線の終点まで運行される。20分間隔での運行となっている。

快速
 全日を通して設定されている。シンボルカラーは青色。ラッシュ時は10両編成で運行され、それ以外の時間帯は、6~8両編成で運行される。早朝、深夜の運行回数ははきわめて少ない。日中は10-15分に一本程度の間隔で運行される。のぼりについては1時間に一本は急行に抜かれることなく、終点まで先行する列車がある。

準急
 全日を通して設定されている。シンボルカラーは紫色。ラッシュ時は10両編成で運行され、それ以外の時間帯は、6~8両編成で運行される。日中は30分間隔と、運用数は少ないが、早朝、深夜は5-10分に一回で設定されている。

各停
 全日を通して設定されている。シンバルカラーは白ないし黒。ラッシュ時は10両で運転され、それ以外の時間帯では基本8両編成で運転される。


使用車両

 本線系統には2両、4両、6両、8両、10両固定が存在し、たびたび組み合わせが行われる。主に、各駅停車~急行までの種別を担当する。

 本線系統には2両、4両、6両、10両の固定編成がそれぞれあり、組み合わせが行われる。また、この系列が先頭車同士で連結行った場合、車内において、中間運転台を通しての移動ができない。主に、各駅停車~急行までの種別を担当する。

  • 4000系
 本線系統には8両、10両の固定編成が存在する。8両編成は基本的には各駅停車の運用につき、10両編成は急行、快速急行の運用につく。

  • 5000系
 本線系統には2両、4両、6両、10両の固定編成がそれぞれあり、組み合わせが行われている。各駅停車から快速急行までの種別を担当する。

  • 555系
 本線における特急専用車両。6両固定編成のみの系列となっている。

女性専用車

以下の列車に女性専用車が設定されている。

ターミナル駅に平日朝7:00~9:30に到着する上り急行、快速、準急、各駅停車の最後尾車輌(実地区間は全区間)。
全編成の車輌に女性専用車を表すステッカーが貼られている。

駅一覧