サイバーワン CyberOne @wiki

個別カードページ用テンプレ案


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

投票ありがとうございました。最終結果は以下の通りです。(集計期間 9/25~10/2 23:59)
選択肢 投票数
テンプレ1 3
テンプレ2 1
テンプレ3 0
テンプレ4 5
テンプレ5 4
テンプレ6 4
テンプレ7 55
テンプレ8 1
テンプレ9 7
テンプレ10 11
テンプレ11 46

テンプレート案1

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU
Type クリーチャー/仙龍
Status LT3/ATK0/DEF4
Ability 〔企業専用:アマツ〕
【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010/G
あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
基本形

テンプレート案2

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU limited
Type クリーチャー/仙龍
Status LT3/ATK0/DEF4
Ability 【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010/G
あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
企業専用をlimitedで表記

テンプレート案3

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU limited
Type クリーチャー/仙龍
Status LT3/ATK0/DEF4
Ability 【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010/G
あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
企業専用をlimitedで表記+アビリティを小分け

テンプレート案4

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU limited
Type クリーチャー/仙龍
Status LT3/ATK0/DEF4
Ability 〔企業専用:アマツ〕
【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010/G
あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
企業専用をlimitedとアビリティ欄で表記

テンプレート案5

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU limited
Type クリーチャー/仙龍
Status LT3/ATK0/DEF4
Ability 〔企業専用:アマツ〕
【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010/G
あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
企業専用をlimitedとアビリティ欄で表記+アビリティを小分け

テンプレート案6

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU limited
カードタイプ クリーチャータイプ レアリティ
クリーチャー 仙龍 G
LT ATK DEF
3 0 4
アビリティ ドラゴンブレス:1
ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。
〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
アビリティ アグレシブ[アマツ]:1
他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
フレーバー
テキスト
あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010
名前以外のカード内情報は全てフレームに収めるバージョンを作ってみましたが如何でしょうか。
上の赤い「AMATSU」部分が2重フレームになってる意味も特に無いと思いましたので1重にしました。
用語(クリーチャータイプなど)は公式のカード説明に合わせました。
レアリティは見やすい位置にあったほうが良いかと思いましたので上部にしてみました。
LT・ATK・DEF部分の幅がバラつくので縦に並べても良いかもしれません。

テンプレート案7

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU limited
カードタイプ クリーチャータイプ レアリティ LT ATK DEF
クリーチャー 仙龍 G 3 0 4
アビリティ 〔企業専用:アマツ〕
ドラゴンブレス:1 ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。
〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
アグレシブ[アマツ]:1 他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
フレーバーテキスト あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010
テンプレート案6の横長バージョンです。
フレーバーテキストはあえて2行にしてあります。

テンプレート案8

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU limited
Type クリーチャー 仙龍
Status LT3 ATK0 DEF4
Ability 【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
No.01-010/G/designed by Ryo-ta.H
あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
2ch本スレpart7 >>904 ID:W6We60sQ氏の案です。代わりに記載しました。

テンプレート案9

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU
Type クリーチャー/仙龍
Status LT3/ATK0/DEF4
Ability 〔企業専用:アマツ〕
【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010/G
あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
基本形+企業専用の部分を太字化

テンプレート案10

Name (とうがくせきていえんまりゅうおう) AMATSU limited
東岳赤帝・閻魔龍王 あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
Type クリーチャー
Race 仙龍
LT 3
Status ATK0 DEF4
Ability 〔企業専用:アマツ〕
【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。
〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010/G
2ch本スレpart7 >>926 ID: ID:qzQMMzK+氏の要望により追加
オマケとして白抜き文字のサイズを12→14へ変更

テンプレート案11

(とうがくせきていえんまりゅうおう)
AMATSU limited
Type クリーチャー/仙龍
Status LT3/ATK0/DEF4
Ability 〔企業専用:アマツ〕
【ドラゴンブレス:1】ランダムで選んだ敵のクリーチャー1体に1ダメージを与えて、【火傷】にする。〔【火傷】:そのクリーチャーは行動終了時に1ダメージを受ける〕
【アグレシブ[アマツ]:1】他の味方の[アマツ]クリーチャー全てのATKを+1する。
Flavor あれが創始者の造った最初の電子生命だ。
敵に引導を渡す「閻魔」の称号を持つ龍王さ。
Info designed by Ryo-ta.H/No.01-010/G
企業専用をlimitedとアビリティ欄太字で表記+フレーバーを枠内に( +ページ記述を省略形に )