東京なうつわを推します


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

うつわと園芸雑貨はいや、なに。



冗談であってほしいが、そうでないという。



まあ、犯罪ですから自重します。


陶器とうつわはどんよりとした梅雨空を見ると昨年の今ごろを思い出すことがあります。


入院していた息子の着替えを持って毎日毎日病院に通っていました。


風呂上りに肩の傷を見るとあれから一年経ったんだな。


ケロイド状にはなっていますが日常生活にも仕事にも支障ありません。


傷を見た人はびっくりするでしょうが本人はケロっとしていて友達と温泉に行くのも平気です。


どんよりが時々私の心もどんよりにしてしまいます。


うつわと石鹸の限りある人生の中で、目標を持って達成していくにはテキパキ物事を進めていくことを実践しようと思います。
そうすればおのずと笑顔が絶えない生活が送れるでしょう。