ラマニア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ー黄昏の森ーラマニア


ラマニアは文明化されていない手付かずの自然の次元界である。ー黄昏の森ーという呼称ではあるが、この次元界は森だけではなく、雄大な山々、広大な草原、暑苦しい沼地、丘稜地帯、そして砂漠やツンドラさえも存在する。
エベロンでは希少になってしまったランカンスロープもここでは一般的に見ることが出来る。

DDOに登場するラマニアのキャラクター


動物
アースエレメンタル
インビジブル・ストーカー
アースメフィット
エアメフィット
ウォーターエレメンタル
ランカンスロープ
ウーズ
セレスチャル種の動物
ソルトメフィット
エアエレメンタル などなど

隣接

ラマニアが隣接すると自然が力を増す。特に損なわれていない自然がある地域(エルデンリーチなど)の場合、その影響は顕著で、植物が青々と茂り、動物はより多く子を産むようになる。
またドルイドに代表される自然の力を源とする呪文が強化される。
13ヶ月に1度。1週間隣接状態となる。

遠方


遠方状態になると自然の力が弱まり、植物は育たなくなり、動物は子の数が減る。また、サモンネイチャーアライなどの自然の仲間を呼ぶ魔法は阻害され使用できなくなる。
13ヶ月に1度、1週間遠方状態となる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。