コル・コラン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

交易と富の神 コル・コラン


無属性
 コル・コランの肖像は五つ国中の硬貨に彫られている。それはコル・コランが商業と富をつかさどる神だからだ。商取引が徐々に活発になり拡大しつつある戦後世界において、コル・コラン崇拝もまた隆昌の一途をたどっている。商人、貿易業者、盗賊を主たる“神下”に持つが、金を持っている者、あるいはもっと金の欲しい者ならば誰もがこの神格に忠誠を捧げる。宗教書をひもとくと、コル・コランは双子の兄弟であるキーパーとともに、オラドラオナターの息子だとされる。
こうした書物は、コル・コランを太った陽気なヒューマンか、上等な衣服に身を包んだドワーフとして描いている。また、数少ない古い宗教画では、薄青色の宝石の山の上に鎮座するホワイト・ドラゴンの姿になぞらえられている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。