光の道


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秩序にして善
 “光の道”は、コーヴェアでこそまれながら、アダールに住むカラシュターのあいだではごく普通に実践されている半哲学的な宗教である。その信奉者は神格を崇めず、その代わりに正のエネルギーによる普遍的な力を認識し、それをイルヤナ―すなわち“偉大なる光”と呼ぶ。“光の道”に帰依する者は瞑想と“偉大なる光”との対話を通じて肉体と精神の完成を目指す。悪の勢力―なかでも凶悪なドリーミング・ダーク―と戦うことが求められる“光の道”の信徒たちにとって、心身の完成は必要不可欠だからである。
 “光の道”で核となる教えは次のとおり。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。