シフター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


シフター、時に“ワータッチト”と呼ばれる彼らは、人間と、今やほとんどコーヴェアから絶滅してしまった生来のライカンスロープとの間の子孫である。シフターは完全に形態を変化させることはできないが、動物的な特徴を具現化することはできる―彼らが“シフティング”と呼ぶ状態である。シフターは、純血種を生み出す単独の種族へと進化している。彼らは独自の伝統と個性による確固とした文化を持っているのだ。

  ***性格
:シフターの性格や振る舞いは、彼らの動物的な本性に影響される。その多くは粗野でがさつであるが、一方で穏やかだったり、ずる賢かったり、孤独を好んだりする者もいる。ライカンスロープや肉食獣と同じように、シフターは捕食的な個性を持ち合わせており、ほとんどの行動を狩りとか獲物とかいう観点で考える。彼らは生存すること自体を試練だと考えており、自らが独立独行で適用性に優れ、機知に富んだ者となるように努力している。

肉体的特徴

:シフターは基本的には人間と同じ形態をしているが、その肉体は並はずれてしなやかである。彼らはしばしば、仲間が普通に隣を歩いている中を、しゃがんだ状態で移動したり、飛び跳ねていったりする。彼らの顔には、広くて平らな鼻、大きな目と濃い眉毛、とがった耳、そして(どちらの性であっても)長いもみあげなど、獣の面影がある。彼らの前腕と膝下には長い毛があり、そして頭髪は濃くて長い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。