ドワーフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DWARVES


ドワーフは生まれながらにして鉱夫であり鍛冶屋であり、そして彼らはコーヴェア大陸中の自然に存在する貴重な金属のほとんどを掌握している。彼らはまた鎧や武器に関する商売を独占している。加えて、強力なドワーフの家族は貨幣を鋳造して銀行を経営し、信用状を発行し、債権を保持し、債務を回収している。ドワーフの銀行家や商人はコーヴェア中でその強力な経済力を振るっており、その結果として彼らは非常に尊敬されている。その点で言えば、彼らはまた同時に恐れられてもいる。返済されていない債務を回収する際のドワーフの冷酷さもまた、よく知られているからである。

ドワーフの居住地

:ドワーフの故郷は、ムロール・ホールドというコーヴェアの東にある山岳地帯に位置するドワーフの一族たちによる緩やかな連合国である。彼らはこの連合関係を除いては特につながりを持たない。このドワーフたちは決して統一された帝国を持つことはなく、したがってエルフや人間たち、さらにはゴブリンにとってさえ、その目にとまるようなことは決してない。しかしながら彼らは鉱物という富をコントロールしているので、それは常に彼らが強力な勢力にとってのより重要な同盟先になるという状況を作り出している。ムロールの一族たちは最終戦争以前はガリファーの王に従属していたが、彼らは戦争の初期にカルナスから脱退し、過去ドワーフが形成した中でももっとも大規模な共同体を作り、そして独立した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。