エルフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ELVES


多くのエルフは壮麗であり近寄りがたい。他の種族が日々の些細な問題に気をとられている一方で、彼らは何世紀にもわたる計画に関わっているのだ。ただし一部のエルフはもっと現実的である:ドラゴンマークを持つ氏族は人間たちやその他の短命な種族とともに何世紀も暮らし、それに順応するために自らの時間感覚を修正し、そしてヴァラナーのエルフたちはこの世界でより活発に領土を広げるべく、自分たちの種族が昔から用いてきた手法の多くを捨て去ってきた。

エルフの居住地

:エルフはゼンドリックという神秘に満ちた南の大陸で生まれた。そこでは彼らは巨人の王国の奴隷であった。何千年も前、このようなエルフの奴隷の一部が主人に対して反乱を起こし、ついにゼンドリックを完全に脱出したのだ。彼らはコーヴェアの南東に位置する巨大な島であるエアレナルの肥沃な熱帯雨林に移り住んだ。
 ガリファー王の長き統治の前、エルフの一部はエアレナルを離れてコーヴェアへ移住することを決断した。このエルフたちは今コーヴェアの国々で暮らしており、人間社会にほぼ完全に順応してしまっている。このような“文明化した”エルフたちは古くからあるエアレナルの社会や、新しくできたヴァラナーの国家と関わりを持つことはあまり無い。しかしながら、通常のコーヴェアにいるエルフと比べて、親戚たちとの間でより深い関係を持っているような者もいくらかはいる。
 最終戦争の間、問題を抱えていたサイアリの統治者たちは、エルフの傭兵をエアレナルから自らの土地へと呼び寄せた。そしてサイアリにとっての戦いが50年続いた後、これらの傭兵たちは、この土地はかつてエルフのものであった―コーヴェアに人間がたどり着くはるか前、その本土にはホブゴブリンの帝国と貿易をするための貿易拠点が創立されていたのだ―ということを宣言し、サイアリの一部を自分たちの所有物として要求した。この土地はいまヴァラナーとして知られている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。