アンダイング・カウンシラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 このエルフは美麗な服や宝石で身を飾り、骸骨をモチーフにした精巧な頭飾りをかぶっている。そのがざがさの肌は顔にぴったりと張り付き、その目にはほとんど色がない。 アンダイング・カウンシラーはエルフの不死宮廷の大部分を占めており、エアレナルにあるエルフ国家に対して助言をしたり助力をしたりしている古老たちの集団で、彼らはすべからく遠い昔に死亡している者たちである。

 アンデッドのマミーといくつかの点で似ているが、アンダイング・カウンシラーは非常に念入りに処理された古代のエルフの遺体で、その情け深い魂によって未だに活動し続けているのである。彼らは非常に多くの時間を眠っているような状態(アストラル・プロジェクションによって彼らの魂は次元界をさまよっている)で過ごすが、必要であれば、もしくは危機が迫れば、彼らは完全な活動状態へと戻る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。