加害者の健全化

.
 加害者を健全化する具体的な方法は、アンチガスライティングをご覧ください。

 ここでは健全化の理念を扱います。

 現状として、集団ストーカーで起こっている被害は、多くの加害者によって引き起こされています。この被害をなくしていきたいわけですが、あまりにも多くの人々が加害者となってしまっているため、被害を改善するのがたいへん難しい状況となっています。

 この社会に加害者が大量に存在する状態は、人間にたとえると、末期ガン患者の全身がガン細胞に犯されているような状態に似ています。ガンを治療するからといって、全身に大量の抗ガン剤をうったり、手術でガン細胞のできた部分をすべて切り取るようなことを続ければ、最後には人の命が失われてしまうことでしょう。

 ひとつの共同体である社会の問題点であるガン細胞をひとつずつ処置していくというのが、加害者健全化の理念です。問題点をひとつずつ改善することで、最終的な問題解決を目指します。

 警察や創価学会などに含まれる集団ストーカー加害者や、その加害組織も、すべて滅ぼすのではなく、犯罪行為を行わないように健全化して、社会に活かし、社会全体を健全化することを目指します。

 これが、集団ストーカー問題に限らず、様々な社会問題に対処する基本方針となります。世間一般でも、不祥事事件などが発生した後に、責任者を交代させても、数年後に再び似たような問題が起こることがあります。このような現実からみても明らかだと思いますが、健全化すべきは個人ではなく組織や社会の全体なのです。(2015/12/20)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。