出入り口の防犯


[Crime_prevention_in_an_entrance_and_exit_way]
(2016/02/21)

鍵のかけ方や安全対策




高度な不法侵入技術 … 集ストには公安などの高度な侵入技術が悪用されている


 集団ストーカーは、警察用語で強制尾行と呼ばれているように、警察組織もその存在を認識しています。集スト被害を警察に訴えても、精神病扱いされるくらいですから、むしろ、警察の防犯利権、防犯パトロールなどの民間組織を含めた多くの警察関係者が、集ストの加害行為に参加していると考えるべきでしょう。

 すでに多くの被害者から報告されていますが、防犯パトロールに協力する市民へ、尾行の仕方や、見つかった場合の言い訳の仕方まで、教えているのが警察の実態です。警察が集スト、この場合、強制尾行犯罪ということになりますが、犯行に協力しているため、警察の知識や技術の多くが強制尾行犯罪で悪用されています。(2016/02/21)

 公安は大きく分類すると警察内部の組織ですから、公安の知識や技能も強制尾行犯罪で悪用されることになります。公安は古くから建物への不法侵入を得意としており、高度な侵入技術を持っています。我々被害者がこれに対処するのは、かなり難しいことです。通常の鍵を開けるくらいのことは簡単に行い、電子ロックや指紋・静脈などの生態認証キーも簡単に開けてしまいます。

 なぜ簡単に鍵が開けられるかというと、公安も警察組織ですから、公権力を使って、専門家や建設関係者、大家などの管理人を、捜査名目で協力させることができるからです。警察主導の防犯関連集スト、警察のいう強制尾行犯罪では、被害者は、政治犯や精神異常者などの危険人物として、捜査対象として十分な悪人にまでしたてあげたうえで行われます。そのため公安は、ほぼすべての国民を協力者にすることができるのです。日本には警察への協力を拒むような人はほぼいないことが予想されますので、強制尾行犯罪の前では鍵などは、存在しないにも等しいと言えます。(2016/02/24)




ハイテク犯罪にローテクで対抗 … 内鍵、砂、センサーライト、センサーチャイムなど


 どんな鍵も開けられる強制尾行犯罪者でも、されると困る対策法があります。主に空き巣犯が対策されると困るものと同じものが、強制尾行犯にも有効となります。

 強制尾行犯の不法侵入は、日常的に、比較的頻繁に行われますので、玄関や裏口など、出入りに便利な場所が使われます。建物の2階の窓が開いていたとしても、そのような不便な場所からわざわざ侵入するようなことはほとんどありません。

 被害者への監視体制を整えているため、被害者に見つかる危険もありませんので、通行人などの一般人にさえ怪しまれなければ、どこからでも堂々と侵入します。これに対処します。(2016/02/21)

 ここで紹介する方法である程度は侵入を防ぐ効果が期待できます。しかし、鍵を開けて侵入してくる相手ですから、外出中に家に誰もいない状態となるような場合、どんなに努力しても侵入を拒むようなことは難しいでしょう。現状では、被害者にとっては不本意かもしれませんが、集スト問題が社会的に解決するまでは、不法侵入されていることを前提として、貴重品など大切なものは家には置かずに、持ち歩くなどの対処をとるべきでしょう。

 家の中に価値のあるものを置かないことで、家から価値のある物の存在を減らすこととなり、結果として強制尾行犯にとっても、その家自体を不法侵入する価値が下がります。価値を失った家には犯罪者もわざわざ入る意味がなくなり、結果的に不法侵入を抑制する効果も期待できます。



内鍵

 どんな鍵でも開けることができる技術を持った犯罪者でも、開けられない鍵あります。それが内鍵です。強盗のような窃盗が目的の犯罪者であれば、破壊して中に侵入することもありますが、そもそも窓ガラスというものは割れば簡単に中に入ることができますので、鍵はあまり関係ありません。さらに言えば、壁や屋根も大型ハンマーや建設重機などを使えば壊すことができます。ここで問題としている強制尾行犯は、通常、器物損壊にあたる破壊活動は行いませんので、内鍵である程度対処できます。

 内鍵のような内側からしか開け閉めできない鍵であれば、当然、外からは開けられません。逆に言うと、外側から開けられるドアや窓は、すべて簡単に開けられてしう危険がありますので、なるべく外側から開けられないものに変更することで、安全性を高めることができます。ドアノブの交換などに費用が掛かる場合は、ホームセンターなどで売っているパテやセメントで鍵穴をふさいでしまうという方法もあります。

 交換も穴埋めもできない場合は、増設するのがよいでしょう。内側からしか開けられないものであれば、何でもよいでしょう。安いものであれば100円ショップのものでも効果が期待できるでしょう。100円の簡単な鍵では強度に不安があるかもしれませんが、強制尾行犯は鍵を壊してまで内部に侵入するようなことはあまり好みません。鍵の破壊を警察へ通報された場合、被害届として警察に記録が残ってしまうことや、それがいずれ強制尾行犯罪の証拠となることなどを恐れているとみられます。強制尾行犯罪は、あくまで捜査や防犯をかかげているため、器物損壊や窃盗にあたるようなことはあまりやりたがりません。

 仮に簡易的な鍵が壊された場合は、警察へ通報した後に、より頑丈なものに交換するといった程度の対応をとることで問題ないでしょう。(2016/02/24)


足場への砂の設置

 一戸建てであれば、出入り口付近の足場を砂状にすることで、足跡が残るようになりますので、不法侵入者を警戒させる効果が期待できます。一般の空き巣犯に対しても効果が期待できます。こちらもホームセンターなどで売られており、玄関用の砂だけでなく、防犯用の音の出やすい砂などもあります。

 侵入者としては、砂を踏まないようにすればよいだけですから、台や特殊な器具があれば砂を踏まないで侵入することもできるでしょうが、強制尾行犯のような常習犯は荷物が増えたり、設置する時間がかかるような、面倒な手間のかかることを嫌いますので防犯効果が期待できます。


センサーライト

 鍵を開けて堂々と侵入してくる強制尾行犯ですが、真夜中に侵入することもあります。そのため、夜中に自動で光るセンサーライトは犯人を強く警戒させる効果が期待できます。こちらも通常の空き巣犯にも有効な対策です。室外のライトは破壊される恐れもありますので、ドアをはさんで室外と室外の両方に設置するとさらに効果的です。

 自動で暗闇を照らすセンサーライトは日常的に使うのにも便利ですから、照明のスイッチを入れるのが面倒な場所など、室内のいろいろな場所に設置してもよいでしょう。明るい照明のある、明るい家は犯罪者を遠ざける効果が期待できます。


センサーチャイム

 センサーライトと同様に自動で音がなるセンサーチャイムというものもあります。商店などに設置されているような、ドアの開閉時に音が鳴るベルなども利用できます。こちらも出入り口に設置することで防犯効果が期待できます。また、屋内で侵入や犯行が行われやすい場所がある程度特定できている場合は、その周辺に設置するのも効果的です。こちらも強制尾行犯の警戒心を強く喚起します。(2016/02/24)




ハイテク防御 … 防犯カメラや防犯企業の利用は難しい


 比較的ハイテクな防御法もありますが、技術的なハイテク分野では強制尾行犯のほうが一枚上手で、その対処法も確立されていますので、防犯効果はあまり期待できないでしょう。(2016/02/21)


防犯カメラ

 基本的には防犯効果が期待できます。決定的な証拠を取るのは難しいですが、防犯カメラがどこに設置されているか分からないような場所への侵入は、常習的な強制尾行犯であっても警戒心を強めます。自然と不正行為が長時間となることを防ぐなどの効果が期待できます。

 防犯意識の低い被害者は、犯罪者からみると、まったく危険性のない相手として軽視されますので、被害も悪化しやくすなってしまいます。防犯カメラの録画データは深夜3時など特定の時間帯だけ、録画されないという状態になることが予想されますが、それでも全体の防犯効果は期待できます。


 公安の不法侵入技術は何十年も継続的に利用され進化してきたものですから、防犯カメラへの対処法も確立しています。警察ですからカメラを破壊するようなことはあまり行わず、電源ブレーカーをすべて落とすような方法がとられることが多いようです。(2016/02/24)

 電源停止は、無停電装置や内臓電源で録画できるハンディカムのようなもので対処できそうですが、実際には、録画映像を削除したり、装置を機能停止させるなどの犯行が行われることが知られています。無停電装置であれば、内部の回路など破壊するなどするなどして機能停止させ、ハンディカムであれば電源バッテリーを壊したり盗んだりすることがあります。

 強制尾行犯罪も表向きは警察捜査の一部ですから、仕事として、目的を達成するまで行われますので、必要であれば、器物損壊や窃盗をも辞さないという態度が確認されています。そのため防犯カメラで映像証拠を残す方法は、あまり有効とはいえないでしょう。(2016/02/21)

 また、証拠映像を残しても、警察が強制尾行犯を犯罪者として扱い、捜査を開始することはありません。全力で隠蔽しようとします。完全かつ決定的な証拠となる動画を、盗まれない場所に、完全に確保できるような場合でなければ、強制尾行犯罪に対処するのは難しいでしょう。おそらく完全な証拠をとることに成功しても、警官個人の空き巣犯罪として処理するような対処がとられることでしょう。(2016/02/24)

 それでも、確実にとどめをさせるような証拠がとれる状況であれば、防犯カメラを使うのもよいかもしれません。防犯用のセンサーカメラも売られています。普段、施錠もあまりしないような無用心な家に、ある日、突然、隠しカメラを忍ばせておくような方法であれば、強制尾行犯を録画することもできるかもしれません。

 被害者が、防犯用隠しカメラを手に入れた場合、その事実を強制尾行犯に隠すこと、見つからないように行うことは難しいでしょうから、見つかるのを前提として購入し、2・3年放置して寝かせた後、いきなり使うなどの工夫が必要となるでしょう。スマホでタイマー録画などが利用できれば、そのほうが手軽で成功しやすいかもしれません。スマホのアプリは多種多様なものがありますので、外部から起動したり、センサーを利用できるものもあるかもしれません。


防犯企業、ホームセキュリティー

 家庭の安心を守る防犯企業やそれを行うホームセキュリティーは、逆効果となる可能性が高いです。警察に準犯罪者のような扱いをされている被害者は、すでに危険人物と同等の扱いを受けている状態にあるでしょうから、この状態では、防犯企業は警察に全面的に協力します。つまり、被害者の行動の監視を手助けするようなことはあっても、被害者の安全やプライバシーを守ることは、ほとんど期待できません。せいぜいガスの消し忘れを確認させるくらいしか役に立つことはないでしょう。

 民間の防犯関連企業は、集ストを代行しているとも懸念されています。どちらかというと集スト犯や強制尾行犯に近い組織であるとみられています。強制尾行犯罪の被害者が、そのような企業とかかわってもよいことはないでしょう。

 集スト被害者が被害を相談するために警察へ行くと、ニヤニヤと薄笑いを浮かべて被害者を相手にしない警官の姿が度々目撃されています。同じように防犯関連企業の営業マンなど担当者は、防犯サービス加入の説明をしている段階から、ニヤニヤ薄笑いを浮かべて、被害者を馬鹿にした態度をとるようなことも、度々目撃されています。(2016/02/21)

 このようなことから強制尾行犯罪の被害を受けている時点で、防犯企業も加害組織の一部であるとみてよいでしょう。被害者は、警察から危険人物扱いされているわけですから、警察を含む防犯関連のほぼすべての組織は、被害者の安全や利益を守ることはないでしょう。なぜなら被害者が被害を受けること自体が、強制尾行犯の利益となるからです。彼ら犯罪者は毎日、おどしや挑発、その他の嫌がらせを延々と繰り返しながら、被害者の暴発や自殺などの事件を誘発しようとしています。




超ローテク対策


ドアノブにロープを巻きつける

 BSバズーカの創○学会被害特集のような回で紹介されていましたが、ドアノブにかなり長いロープを巻きつけるという対処法もあります。一見するとバカバカしい方法のように見えますが、被害者本人は、この方法が一番効果があるといっていました。

 なぜ効果があるかというと、ロープを巻くのにある程度の時間がかかるので、不法侵入者は、ドアの前に数十秒くらいでしょうか、立ち続ける必要があり、これを犯人が嫌うからでしょう。また、ドアノブのロープを解いて侵入した後は、再びロープを巻きつける必要があり、これもそれ相応の時間がかかりますので、犯人が人目にさらされる危険は高まります。(2016/02/24)

 被害者は、毎回、手間隙をかけて自宅のドアノブにロープを巻きつけ、家に戻ってからはロープを解かなければなりません。しかし、この努力は、予想以上に報われているそうです。防犯に有効といえば有効といえる方法と言ってよいでしょう。(2016/02/21)

 ローテクではありませんが、玄関を電子ロックとして、本人や家族しか分からないクイズを連続正解しないと、ロックが解除されない、といった方法でも、同じように侵入者を数十秒間、足止めする効果が期待できるでしょう。クイズの問題を大量に用意することで、さらなる防犯効果が期待できることでしょう。


信頼できる家族などに留守番を頼む

 可能であれば、これがもっとも確実な不法侵入の防止法と言ってよいでしょう。実際には、被害者の家族は、被害を理解して被害者に協力するうちに、被害者といっしょに集スト被害を受けてしまうか、加害者にすっかりだまされて同じ家の中で被害者を攻撃してしまうかの、どちらかとなることが多いですから、実現するのはそれなりに難しいでしょう。(2016/02/24)

 被害者と信頼関係があり、警察などの強制尾行犯罪の加害者にもだまされないという人が確保できれば、安全は確保できることでしょう。留守番を人に頼まなくても、被害者団体がアパートの部屋をすべて貸しきりにして、管理人も被害者団体の人間が行うような状態が実現できれば、可能かもしれません。

 さらに完全な防犯を目指すのであれば、最終的には、農業などで自給自足を実現したコミュニティーを形成するようなことが理想なのかもしれません。これが実現した場合、おそらく共同生活をする過程で、強制尾行被害は、被害者を孤独な状態にして、追い詰めるような精神攻撃ができなくなりますので、強制尾行犯も犯行をあきらめざるを得ないのではないでしょうか。(2016/02/21)

 暮らしている地域全体を信頼できる反集ストのコミュニティーへ発展させるという方法もあります。地域住民の連絡を蜜にして、集団ストーカー犯罪の入り込めない状態にするという方法です。昔の日本の農村社会は、農業を行う共同体として、相互補助の機能を持っていたため、この状態であれば、集ストも強制尾行犯罪も成立しなかったという見方もあります。確かに周囲の人々の理解が得られれば、人為的な集団ストーカー犯罪はある程度防げるでしょう。

 電磁波犯罪などの科学技術的なテクノロジー犯罪は、すでにかなりの部分が電子化されていて、コンピューターを使って一人の犯罪者が、複数の被害者を攻撃するようなことも行われているとみられています。パソコンで設定した時間に決められた電磁波攻撃やノイズキャンペーンを、自動で行うようなことが、すでに可能になっているとみられています。電磁波生態分析により、被害者の生活、睡眠状態やその時刻などを記憶し、入眠から30分後に睡眠妨害するなどといった犯罪が、機械的に行われている可能性があります。

 この状態を改善するには、地域住民の理解だけでは足りませんが、多くの人々が犯罪を理解した先に、集ストや強制尾行犯罪の社会的認知度の上昇や、それに対処すべきだという社会的な問題意識の向上などが期待できることでしょう。そして、それらの結果として全体の問題の解決が実現されることでしょう。(2016/02/24)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。