集団ストーカーとは




 集団ストーカーや組織的な嫌がらせについての説明は、下記のサイトや被害リンク先のサイトなどを参照してください。



 サイトのタイトルとなっている「凶悪な組織的ストーキング犯罪」とは、いわゆる集団ストーカー犯罪やギャングストーキング犯罪のことです。

 恋愛関連のトラブルが原因とされる一般的なストーカーが、複数人でストーカー行為を行っているということではありません。組織化された集団による、個人または少数者へ対する監視・ほのめかし・おどし・挑発などの凶悪な人権侵害行為のことです。

 この犯罪行為が悪化すると、最終的には被害者に自殺を強要するような悲劇が起こります。実際に自殺の被害報告もあり、芸能人では清水由貴子さんの自殺や、政治家では矢野絢也さんが受けた監視・脅迫被害などがそれにあたります。このように秘密裏に悪化する大変危険な社会問題となっています。

 日本では政府やマスコミによって「集団ストーカー」という言葉を使うこと自体が規制されているとみられ、政府ぐるみの隠蔽工作が行われているとも予想されています。

 歴史的には世界大戦時の洗脳研究の流れの延長にあり、先進各国で日本の集団ストーカーと同様の洗脳監視犯罪のような被害が確認されています。世界的に軍事や治安維持目的で脳や生体活動の研究が行われており、この研究成果の一部が犯行に悪用されているとみられています。

 一般的な電磁波を利用した脳や生体活動の研究は、世界中で様々な特許が出願されていることからも分かるように、学術機関だけでなく、民間企業なども研究を行っています。集団ストーカー犯罪の思考盗聴や電磁波攻撃などに悪用されるような、電磁波技術は、日本ではカルト教団が行っているという報告もありますが、世界的には、政府や軍が主導で直接的、または間接的に研究機関へ資金援助を行い研究させているという見方が有力のようです。

 国内の被害規模については諸説ありますが、数千から数十万と幅があり、正確なところはあまり分かっていないようです。現状では、NPOサイトの被害報告が1,500人を超え、Twitterの集団ストーカー関連の人気アカウントのフォロワー数が5,000人前後となっています。フォロワーには被害者以外の人も含まれるでしょうから、それを差し引いて3,500人として計算すると、合計で5,000人程度となります。これがインターネット上で確認できる最低人数と考えてよいでしょう。すべての被害者が自分から積極的にネット経由で報告したり、Twitterを利用したりしているわけではありませんので、実数としては、その10倍から20倍の5万人から10万人程度とみるのが妥当ではないでしょうか。(2015/12/01)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。