健康管理


元気があれば何でもできる … 監視被害への対処は長期戦


 毎日24時間、嫌がらせの被害にあっている被害者に、軽々しく「元気を出せ」などとは言えません。しかし、嫌がらせを続けて被害者を破滅へ追い込むのが集団ストーカーのやり方です。清く正しくあきらめない、というのが被害者の最大の防御であり、最大の攻撃となることでしょう。

 防犯・宗教・企業などの集団ストーカーが最初に目的とするのは、被害者個人へのストレスを与え続けることです。そのストレスが限界を超えたときに被害者をどうしたいのかは、それぞれの組織毎に目的は異なります。警察・公安などの防犯ストーカーは、被害者を何かしらの犯罪者となるようにしむけます。宗教ストーカーであれば、嫌がらせで被害者が苦しんでいることろを信者に見せればある程度の目的は達成しているのかもしれません。企業ストーカーであれば、リストラや責任転嫁などに利用することを目的としています。

 彼ら犯罪者は目的を達成しても、しなくても、監視犯罪による嫌がらせを継続する傾向があります。被害者にとっては、予想外の長期戦をしいられることになります。

 不幸にも集団ストーカーの被害者になってしまったしまった人は、長期的に努力を続け、被害を改善していくしかないでしょう。現時点では、持病のように、その被害をあきらめるしかない部分があることは認めざるを得ません。




栄養管理 … 高ストレス環境につきビタミンCやカルシウムが不足しがち


 犯罪者からの攻撃にされると被害者はストレスを受けます。人によって我慢強さに違いはあるでしょうが、ストレスを受け続ける、高ストレス環境で生活することをしいられます。この状態で生活を続けると、体は頻繁に緊張状態におちいることになります。この緊張状態が長い時間続くと、緊張状態を維持するために必要な栄養素が不足しがちになります。

 ストレスによって不足しがちな栄養素の代表が、ビタミンCとカルシウムです。意識的に摂取していない場合、被害が数日続いただけでも不足状態となる人もいるようです。

 それぞれの栄養素の詳細については各自ネット検索などで正しい知識を身につけておくべきでしょう。不足のおおまかな目安としては、ビタミンCはカラ揚げなどの揚げ物などについてくるレモンを食べて、「おいしい」と感じるようであれば、不足しているとみてよいようです。

 カルシウム不足の目安は、虫歯ではないのに歯が痛んだり、骨がもろくなったりするなどの症状で、それらの自覚がある場合、不足しているとみるべきでしょう。人間の体は、カルシウム不足になると、不足を補うために歯や骨などのカルシウムを溶かして再利用するような仕組みがあるため、そうなるそうです。




睡眠時間の確保・拡大 … 休憩時間の総量を増やす


 体力の維持には睡眠が不可欠です。それだけに被害者の破滅を望む犯罪者も、積極的に睡眠妨害を行ってきます。黙っていても被害が悪化するだけですから、様々な改善努力を行うべきですが、ここでは、睡眠の質自体の向上を検討します。

 まず、一番重要なのは睡眠時間の確保です。これを妨害するのが睡眠妨害であり、それができれば睡眠不足などにはならない訳ですが、睡眠時間を増やす努力を怠っている人もいるかと思いますので、もう一度、生活時間など検討しなおすことをおすすめします。

 眠りにつく時間や起きる時間は各自工夫しているかもしれませんが、昼間でも休憩時間などを利用して体を休めることができます。一日中、眠気がとれいないような場合は、一日の生活時間を見直し、どこかで休憩時間がとれるように心がけるといよいでしょう。




瞑想法 … 眠りにつきやすくなる方法 (2015/12/19)


 睡眠法についても、すでに様々なアイディアが世に出ていますので、自分に合う方法を試すとよいでしょう。睡眠妨害の被害を受けている立場から、経験的に効果的だったのは、牛乳を飲むことと、瞑想法です。

 睡眠妨害が悪化すると、深夜数時間に渡って罵声・威嚇・恫喝などの暴言をはかれたり、大きな騒音を長時間聞かされたりもしますので、その場合は、嵐がすぎるのを待つしかないかと思いますが、それでも、眠りに入りやくすなる方法があり、眠れる確率を少しでも上げる効果が期待できるとみています。

 筆者の経験では、暴言ハラスメントがエスカレートし、「捨てられた子猫を絞め殺したときは2、3分で死んだが、お前はいつ死ぬんだ」などとサイコパス化した犯罪者から言われたりしたこともありますが、相手にせずに被害の改善を目指すしかないでしょう。

 牛乳の話に戻ります。寝る前に飲むだけですが、牛乳には睡眠薬などにも使われる睡眠誘発物質が含まれているため、眠りにつきやすくなるそうです。カルシウム不足になりがちな被害者にはカルシウムも同時にとれるため都合がよいでしょう。低脂肪乳などの「加工乳」にはあまり含まれていない傾向があるため、「牛乳」と明記されたものを飲むのがよいでしょう。(2015/10/15)

 次は瞑想法についてです。瞑想法というと、一見難しそうな印象がありますが、座禅の達人が無になるような高いレベルのものではなく、呼吸を整えてリラックスする程度のものでも、効果が期待できます。具体的には、眠りにつくときに、布団の中で体を横たえた状態で、自分の呼吸に意識を集中するだけです。理想的なよりよい呼吸、ゆっくりと安定した呼吸に近づけるよう意識するのがよいそうです。意識を呼吸に集中することで、思考が停止され、考え事から開放されやくすなります。また、呼吸が安定することで体がリラックスしますので、眠りにつかなくても体を休める効果が高まり、より体力が回復しやくすなります。(2015/10/19)




条件付け法 … 眠りにつきやすくなる方法


 条件付けというと集スト被害のアンカリングのようですが、理屈は同じです。体に眠りに就くことを覚えさせる方法です。探せば他にもあると思いますが、ここでは次のものを紹介します。


  • 眠るとき以外は寝転がらない

 日常生活の中で、眠りに就くとき以外は、寝転がった姿勢、体を横たえるような姿勢をとらないよう注意して生活するという方法です。これによって体の中で、寝転がることと眠ることが関連付けられ、眠りに入りやすくなります。ソファーやコタツなどで寝転がっている時間が長い人には、特に効果が期待できるでしょう。また、イスの背もたれなども、あまり寄りかからないように心がけることで、より高い効果が期待できます。





睡眠薬 … 強制睡眠は危険


 一般的には、薬の種類にもよりますが、高い睡眠導入効果が期待できます。慣れると効果がでにくくなるようです。

 一般的な生活をしている人、つまり、集団ストーカー被害でなければ、睡眠薬を使うのもよいでしょう。しかし、集スト被害者では事情が変わってきます。この文章を読んでいるような人には説明する必要もないことですが、集スト犯罪の睡眠妨害は、被害者の多くが数年から数十年という非常に長期間、継続的に受けている被害のひとつです。睡眠妨害は音や振動などで簡単に行えるため非常に簡単に被害を受けてしまうことになります。

 犯罪者側からすると、睡眠妨害という犯行は、作業の義務や仕事、規定の作業、ルーチンワークとなっており、被害者が目を覚ますまで、ほぼ確実に妨害を続けます。そのため、睡眠薬などで眠りに就いたとしても、目をさまさせられることは避けられません。犯罪者が目を覚まさせようとしている状態で、なかなか起きないという状況は、犯行を悪化させる危険があります。犯罪者は被害者が目を覚ますまで、より大きな音などを使い、より強い攻撃をしかけてくることが予想されます。

 睡眠薬を使う場合は、犯罪者の性格や目的、どこまで睡眠妨害を行おうとしているのか、をよく見極めて、より被害が少なくなるよう注意しながら使ったほうがよいでしょう。犯罪者から身を守る、攻撃の抑制させたいのであれば、アンチガスライティングのような加害者の健全化策をとったほうがよいでしょう。また薬物などによる強制睡眠時は、公安などが得意としている不法侵入(未編集)などの危険性が高まってしまいます。不法侵入による被害、窃盗や器物破損、女性であれば婦女暴行、いわゆるレイプなど、より凶悪な被害を受ける危険性が高まってしまいます。(2015/12/19)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。