ノイズキャンペーン対策



ノイズキャンペーンとは … 放置するのが良策


 音声による嫌がらせをノイズキャンペーンといいます。監視被害発生の初期段階から、電磁波攻撃などに悪化した段階まで、継続的に行われる、監視被害の主要な被害のひとつです。攻撃回数が多く、これを気に病む被害者が多いのが現状です。この世から音をなくすようなことはできませんし、ひとつひとつはただの音にすぎませんから、気にしなければ特に被害もない訳ですが、この気にしないこと、無視するということもなかなか難しいでしょう。

 ノイズキャンペーンを実際に行っているのは、末端の作業員のような人間ですから、彼らのうちのひとりをうまく攻撃するなどして黙らせたところで、被害の全体が解決するようなことはありません。相手にもしても、どうにもなりませんので、対策としては、音を気にしないで生活するというのが最も賢いやり方ではないでしょうか。





被害の傾向 … 大変悪化しやすい


 監視犯罪者の嫌がらせ、攻撃の目的は、直近ではストレスを与えること、最終的には被害者の破滅や排除などです。音による嫌がらせも、目的が達成されるまで続き、その過程で、悪化しやすい傾向があります。音による嫌がらせの悪化ですから、犯罪者は、より大きな音を、より長く聞かせようとします。犯罪者はより大きな音をより長く発生させようとする訳ですが、その行為に際限はありません。可能な限り大きな音を長く聞かせようとします。大変エスカレートしやすく、歯止めがかかりにくい状態におちいりがちです。





音声被害のバランスコントロール


 ある程度まで、確実に被害を押さえられる被害については、対処し、押さえ込んでしまうのがよいでしょう。しかし、音被害のような、音というこの世からなくしようのないものを使った被害を完全に防ぐことはできません。そのため、被害が少なくなるようバランスコントロールすることで対処するのがよいでしょう。

 個々の音声を出させないようにすることは難しいので、音量や回数を減らすようにコントロールします。具体的にはアンチガスライティングや思考盗聴対策など、実際に加害者の犯罪活動を抑止するための対処に力をいれるのがよいでしょう。あまり悪いことをやりすぎると、ひどい目に合うといったことを、加害者に自覚させることで、徐々に被害全体が抑制されるようコントロールします。

 繰り返しになりますが、監視犯罪を実際に行っているのは、組織でも末端の作業員のような存在で、相手にしてもあまり意味がありません。個々の犯罪者には、各自犯罪行為を行っているという罪の意識を自覚してもらうか、上司など上役の人間に注意してもらうしかないでしょう。アンチガスライティングなどで、末端の作業員や組織全体を健全化できるよう心がけるとよいでしょう。





加害者との対話 … 話し合いや謝罪で簡単に被害が軽減することも


 防犯系集団ストーカーは、治安維持の大義名分と、防犯・予算利権などの、強い正義と確たる利益が存在するため、説得に応じにくい傾向があります。しかし、宗教系や企業系の集団ストーカーは教義や理論に対して、前向きに対応する傾向がありますので、相手がはっきり分かっているような場合、話し合いで被害が改善できる可能性があります。

 他の被害にも共通して言えることですが、加害者とその加害行為がはっきりしている場合は、直接話し合うのが最も早く、そして最も確実な対処法となります。加害者とはいえ、普段は普通に暮らしている一般人ですから、相手の話をひとつひとつ丁寧に聞いて、こちらも丁寧に説明し、誤解があるなら正し、被害者側に間違いがあったのなら、ときには謝罪することも必要でしょう。そうした対話を続けるなかで、被害者と加害者の相互理解が進めば、徐々に被害は改善へと向かうことでしょう。

 被害者を孤立させ、被害者がいないところで、被害者を悪者にしたてあげ、皆で嫌がらせを行う、というのが集団ストーカーの基本的な構造ですから、これを壊すことにもつながりますので、大変高い改善効果が期待できます。加害者の大半は、喜んで被害者を殴りつけるような病的な犯罪者、サイコパスなどではない普通の人間です。理解しあえる余地は十分にあります。





今の被害を減らす … 音を聞かない、かき消すなど


 加害者と話合ったり、アンチガスライティングなどの対処が、すぐに取れないような場合は、応急処置のようなものですが、音声を気にしないですむようにする、というのがよいでしょう。

 音を聞きたくないのであれば、耳栓をつけるだけでも、音声の体感音量はかなり下げることができます。

 耳栓の効果にも限界がありますので、さらに被害を減らしたい場合は、他の音でかき消すのがよいでしょう。音楽やテレビの音などは、どうしてもムラがあり、音が小さなときを狙ってノイズキャンペーンを繰り返すような被害も起こる可能性もありますの。そのため、ラジオやテレビのチューニングに失敗したときに出る砂嵐音のようなノイズを大きめのボリュームで流すのがよいでしょう。

 さらにノイズを流しながら、イヤホンなどで音楽を聴くなどすると、かなり大きな音声でも、気にならないレベルまで被害を緩和することができます。

 ただし、加害者の出す音声を無視したり、かき消したりすることを続けると、加害者の使う音の音量も、被害者が対処する音量も、しだいに大きくなっていってしまいます。そうなると、互いに意地を張って、より大きな音を使うようにな悪循環におちいりがちです。ひとつの被害が悪化すると、同時に他の加害行為も悪化しやすくなる傾向があります。また、聴覚被害、耳を悪くするような危険もあります。そのため、音量を上げるという対処はほどほどのことろで我慢しておいたほうがよいでしょう。





被害改善には対話がおすすめ … 直接話し合うかアンチガスライティングのような間接対話など


 大音量に大音量で対処することは、暴力を暴力で解決するような乱暴な部分があります。エスカレートした場合、被害者と加害者の関係も悪化しやすくなります。そのためノイズキャンペーンの対処としても、話し合いやアンチガスライティングのような間接的な情報伝達のほうが効果的でしょう。具体的な個々の被害の改善を目指すより、監視犯罪の全体の改善を目指すような努力を行うほうがよいでしょう。

 社会とは人の集まりです。社会問題である監視犯罪は、最終的には法律で禁止するとしても、そこにたどり着くまでは、人と人が話し合って解決を模索するしかないでしょう。被害者と加害者を対話させないという監視犯罪のシステム自体が、犯罪の解決を困難なものとしている、とも言えます。加害者を表舞台に引きずり出すというのが、監視犯罪改善の当面の目標といったところでしょうか。(2015/10/19)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。