思考盗聴




目次





概要


 テレパシーのように対象人物の思考、特に言語の音声イメージを盗み知る電磁波による生体観測を悪用した犯罪行為です。

 集団ストーカーやテクノロジー犯罪の存在を否定する人間が、常識的にありないとして強く否定する技術のひとつです。思考などの生態の精神活動の解析技術の存在は1990年前後にすでにWHOの報告書などでも確認することができます。また、関連する様々な研究が行われており、世界中に数々の特許が存在することからもわかるように、非常識な妄想などではなく、現実として存在する技術です。

 技術的には、人体へ電磁波を照射し、輻射波(反射するように放射される電磁波)を解析することで、対象人物の精神活動、特に思考や五感の状態を観測したり、逆に生体へ送り干渉することができることが確認されています。送受信できるものは、音声イメージや痛み・かゆみ・暑さ寒さや温感などの五感や、原始的な欲求なども確認されており、人間の精神活動の全般が送受信できるとみられています。




洗脳としての思考盗聴


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪は全体的に、対象者の思考や行動へ影響を及ぼすことを目的としており、全体が洗脳行為であるとも考えられますが、そのなかでも特に精神的な洗脳を強い目的とした犯罪方法が確認されています。

 それが洗脳目的の睡眠妨害です。(2015/12/04)




被害の現状 思考盗聴 脳波が盗まれる被害


 脳内の言語分野、特に音声領域を解析することで、人間の思考を予測していると思われます。人間が言葉を覚えるとき、最初に覚えるのは、音としての言語イメージです。人間は言語を音声イメージとして認識しています。何かを考えるときも、言葉の音声イメージを脳内で構築し、再生しながら考えるという行為を行っています。

 また精神活動は未知の部分が多いため解析には力をいれずに、未解析のままブラックボックスとして扱い、そのまま別の人間へ入れ込むことで、対象者の精神活動を把握するという方法もあります。マインドリンク(未編集)のような人間同士の精神活動を直接つなぐ技術もあります。監視中の思考盗聴で対象の考えなどを知ろうとする場合は、こちらの方法のほうが多く使われているであろうことが予想されています。

 思考盗聴の被害を防ぐには、音声を頭に浮かべないということで、盗む音声イメージがないため、思考が盗めないという状態にするという方法もあります。音声イメージなしで、何かを考えられる人がどれくらいいるのか分かりませんが、理論的には音声イメージさえ頭に持たなければ盗めません。思考の際、映像イメージを多く使用すれば、盗みにくい思考となることでしょう。(2015/12/29)

 私が、思考盗聴されながら、実験したところ、「パャ、ピュ、ピョ」などの意味のない音声イメージを連続で盗ませた場合、盗んだ監視犯罪者側も、馬鹿にされたような、おかしな対応をとったことからも、音声イメージ部分を主に盗んでいるであろうことは、ほぼ間違いないでしょう。ほかにも技術的には盗める可能性はあるのかもしれませんが、重要視しているのは、音声イメージを盗むことのようです。(2015/09/19)




思考盗聴対策


参考

犯罪の沈静化の「具体策:思考盗聴対策 … 被害を意識しない」 (2016/01/17)

ほのめかし … 実際の音声や思考送信による音被害対策 (2016/03/31)




思考盗聴の技術 … ブラックボックスモデル


 思考盗聴で手に入れた人間の思考や精神活動データは、解析せずに、未知のもの、ブラックボックスとして扱い、そのまま別の人間の脳へ入れ込むことで、その内容を確認するという方法がとられている可能性があります。

 脳の性能をコンピューターに換算するとスーパーコンピューターよりも高性能だということですから、現在の科学技術では人間の思考を解析するのはかなり難しいことが予想されます。

 また、動物実験では、サルやネコの脳と人間の脳を電極でつないで、動物の思いのままに動かすことができることが知られています。動物には人間の言葉が理解できないはずですが、動かすことに成功しています。動物が相手となるコミュニケーションですから、人間の言葉以外の念のようなもので、何らかの対話が行われていたことが予想されます。

 これらのことから思考盗聴でも言語情報のみを扱っているというより、精神活動全体を解析せずにそのまま扱っていると考えるほうが自然でしょう。現状では、思考盗聴と呼び、思考だけに注意が向けられていますが、精神活動の全体、つまり、視覚や食欲などの五感・三欲などまで、監視担当者は、被害者と同じように感じて把握している可能性もあります。

 現状では、このブラックボックス説は、なかなか説得力のある説明と言えるのではないでしょうか。


 逆に、思考送信や、電磁波攻撃のようなテクノロジー犯罪で、痛みなどを送信する場合の、思考や痛みなどの送信するデータは、実際に、被験者に思考させたり、痛みを与えたりして、そのときのデータを保存するような方法で作成しているのかもしれません。(2016/02/08)



加筆 … やはりブラックボックスモデルが有力

 2015年のNPOテク犯ネットのアンケート調査で、考えを読まれている被害、いわゆる思考盗聴被害が被害のトップになっていると発表されています。被害のなかに、トイレや風呂場など自分しかいない個室での、盗撮を元にしたと思われる状況説明などの被害が複数報告されていました。被害者のなかには水着を着て入浴している人までいるそうです。

 思考送信によって、個室内部の状況が説明されますので、一見すると、加害者が盗撮した情報を思考送信で送りつけているようにもみえます。しかし、実際は、全脳活動を盗み、加害者の脳へ入れ込むようなブラックボックスモデルを元にした、思考精神の全体のコピーが行われている可能性があります。

 BMI生体観測と内容理解のための人体への入れ込みが、ブラックボックスモデルで行われている場合、全精神活動がコピーされているはずですので、五感三欲などのすべてを加害者が把握している可能性があります。五感のうちの視覚もコピーされているはずですから、おそらく被害者の視覚情報、被害者が見たものを、加害者は同じように感じて、その内容を思考送信しているのでしょう。

(注意:被害者が見たものを、言語イメージとして脳内で想起したものが、思考盗聴によって盗まれ、それを元に監視カメラが仕掛けられているかのような思考送信を行っている可能性もあります)

 他の被害者の告白でも、被害を受けている際に、目を閉じたら、加害者から「何が起きているのだ」などと困惑の声を聞かされたという被害やこれと似たようなの被害が複数見受けられます。加害者は被害者の目をカメラとして映された視覚イメージも思考盗聴と同時に盗むことができると考えてよいでしょう。

 これらのことから、ブラックボックスモデルで加害者にコピーされたBMI生体観測情報は、観測元となる被害者の精神活動のすべてを共有している可能性が高いとみてよいでしょう。

 この被害について、加害者が「他人の人生を体験できる」とほのめかしている(きまぐれファイル、◆基本となる加害方法◆より)ことからも、その技術の存在はおそらく間違いないでしょう。きまぐれファイルの同記事には2003年の被害と書かれていますので、日本社会が集団ストーカーもガスライティング犯罪も知らないこの時期に、すでに実用化されていたことがうかがえます。(2016/03/31)




参考

電磁波犯罪を分析、追求している方のリンク、陰謀論「脳侵略者」 (2016/03/31)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。