犯罪対策の基本方針

.

おすすめサイト



 集団ストーカー被害の初心者が最初に知る情報としてたいへん優れた内容となっています。集スト問題は情報や意見の集約、一般化があまり行われていませんので、被害暦数十年のようなベテラン被害者でも知らないことはあると思います。ここから得られる情報は有益なものとなることでしょう。



 このサイトは110名以上の被害者の例を元に作成されており、非常に多くの被害事例が網羅されています。集ストの人為的な被害(テクノロジーをあまり使わない被害)は、一部の特殊な被害を除いては、かなりのものが扱われています。(2015/12/29)




集団ストーカー犯罪者は、「隠れてだます犯罪者」


 集団ストーカーやテクノロジー犯罪などの洗脳監視犯罪を行う犯罪者には、心理的な特徴があります。隠れて洗脳行為を行うことを主な犯罪思想として犯行を行う傾向が強いという特徴です。集団ストーカー犯以外の通常の犯罪者も、犯行が明るみにでること、バレることを嫌うものではありますが、とりわけ集団ストーカー犯は強く、極端に嫌います。

 殺人犯や窃盗犯などは、犯行後に逃げることで罪や罰を逃れようとしますが、集団ストーカー犯罪ではそれができません。逃げることができないため、人々をだまし、事実を隠蔽し、言い逃れをするしかないのです。




犯罪の本質は「オオカミ少年の監視洗脳犯罪」、実際には暴力や窃盗などの犯行を行う度胸はない


 犯罪者は、証拠が残るような犯行、暴力や窃盗、破壊行為などを避ける傾向があります。電磁波攻撃や騒音・悪口などは、証拠が残らない範囲なら、どんなひどいことでも行おうとします。しかし、証拠が残らないということを根拠に犯罪行為を犯していますので、どんなに卑劣で凶悪な脅し文句を繰り返して騒ぎ立てたりしたとしても、実際に暴力行為を行うようなことはほとんどありません。このことはネット上の被害報告でも、被害者側から、直接殴られた被害や物を盗まれた被害などが、ほとんど問題にされていないという事実からも明らかになっています。

 相手が集団ストーカー犯であるとすれば、殺人等の暴力行為や窃盗・破壊などの凶悪な犯行は、まず行ってきませんので、この点はおおむね安心してよいでしょう。

 例外として、公安などが疑われている家屋などへの不法侵入技術が高い組織は、小物の窃盗や軽微な破壊工作を行うことがあるようですが、それでも毒を飲まされる、体の一部を切断される、預金をすべて盗まれる、などといった凶悪な犯行はほとんど確認されていません。逆にいうと、凶悪犯は集団ストーカーのような回りくどい犯罪は行わない、ともいえます。

 集団ストーカー犯が子悪党だったとしても、犯罪者というのは一般的に、極少数の例外てきな存在、不良分子のようなものですから、どんな犯罪でも犯行がエスカレートし、悪化が極限まですすめば、殺人等の凶悪な犯罪行為へと悪化する可能性はあります。犯罪者の行動に絶対的なルールはありませんので、つまらない子悪党である集団ストーカー犯も、ある日、凶悪犯へと豹変する可能性もあります。無闇に挑発などすることのないよう、ご注意ください。




犯罪者は犯罪がバレるのが怖い


 集団ストーカー犯は犯行が明るみに出され、逃げ道をふさがれることを極端に恐れています。

 そのため、犯罪対策の基本方針としては、犯行を明るみに出す、という方向性が最も適切な対応だと考えられています。被害者団体が、国会周辺や各地の駅の周辺などで定期的にデモ・チラシ配布活動を行ったり、ネット上で被害報告などの周知活動が盛んに行ったりしているのはこのためです。




犯罪対策活動を継続し、集団ストーカー問題の社会に認知させる


 人間なら誰しも、基本的な善悪などのルールを理解することができます。悪いことだと分かれば、それを改めるというのが、人間の持つ本質的な特徴です。

 犯罪者も人間です。集団ストーカーが犯罪であり、悪いことだと理解することができれば、自然と犯罪から遠ざかっていくものです。「自分は犯罪を行ってもよいのだ」などと妄信し、重大な誤解を犯しているような凶悪犯を更生させることは難しい場合もあります。その場合、「反省の意思が認められない」、「更生不可能である」などの理由から、結果として死刑が執行されてしまうようなことになってしまいます。

 しかし、不幸中の幸いですが、加害者の多くは、罪の自覚のない、だまされた共犯者にすぎません。その大部分を、健全化し、更生させられる可能性があります。

 犯罪者や加害者にはそれぞれの利権や思惑、あるいは、驚くべきことに正義などの道義心・英雄感などにとらわれている、などの理由から、簡単に説得するようことは難しいのが現状です。しかし、デモ・チラシ配布・ネット上での被害報告などの周知活動、アンチガスライティングのような加害者の健全化活動などを、根気強く続けることで、社会問題としての世間の認知度を高めていけば、いずれは問題解決へとたどり着くことができるでしょう。(2015/12/07)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。