※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

文集

一部バグのせいか翻訳できていなかったり途切れたりしているところは想像で創造してます。
リオから学習クエ受領後バージニアからランダムor選択にて書籍の入手



[部分編集]

文集・見聞録・黒と白

[部分編集]

<<自由の港魔幻集>>

1:
2:
3:
4:
5:
6:

7:鏡

偉大な魔女は不思議な鏡を持っている。
魔法を研究する前に、彼女はいつも鏡に向かってこの世で一番美しい女性は誰かと聞くのが好きだった。
毎回鏡が満足する答えを出してくれると思っていた……この世で一番美しい女性はあなたです、と。
しかし、毎回魔女は失望している。

怒った魔女は、「魔鏡が言う一番美しいという女を殺せ!」と命令したのだ。
魔女の命令は執行され、一番美しい女性はこの世界から消滅していた。
そして、この世から美しい女性は徐々に少なくなっていった。

そしてある日、魔女は鏡から自分の名前を聞くことができた。
彼女は喜んだが、すぐ止まってしまった。一番美しい女性が殺されてしまうのだ。
翌日、魔女は殺され、消滅していたのだ。

7:ノミ

偉大なアクシリは下にいるヒューマンを見下ろした。
怖がって土下座をしている。
震えが止まらず、恐怖が彼らの周りに広がっている。
「お前達は死ぬ!」冒険者の中の男性を指した。
「お前達は残って私の妾になる!」冒険者の中の女性を指した。
冒険者たちは不満を示すことができず、巨大な威圧の前で、度下亜することしかできなかった。
「財産を全て出せ!」続けて叫んだ。叫びながら、血を吸っている。
一つの巨大な爪がアクシリをつまみあげ、遠くへ投げた。
「私の血を吸う度胸があるか!」
これがアクシリが最後に聞いた声で、寄生した巨竜の声だった。

8:栄光の路

ハミルは金の付いた手袋をはめ、武器を持ち、陣地から出て行った。
外にある広場では、数百名の護衛が並んで待っている。
ハミルは高塔に上がった。日差しが彼の顔を射している。
彼は全体を見回し、話をした。
「5年前、私は騎士隊長になった。君達の多くがその時からの付き合いだ!」
ここまで言うと、ハミルの視線は一部の兵士に行った。
ハミルは続けて言った。
「偉大な教祖陛下は聖戦の命令を下した。我々はあのストームレギオンを片付けに行く。私についてくるつもりはあるか?」
「行こう!」兵士達は大きな声で答えた。
ハミルはうなずいて安心して言った。
「我々の最初の目的地は自由の港の近くの村だ!我々の栄光の路へ行こう!出発!」
兵士達は堂々とした姿で目的地へ出発した。
村はすぐ兵士達の視線に入った。
そこは静かで平和に見え、ストームレギオンが出入りした痕跡も見えない。
しかし、兵士達は迷うことなく、村に押し入り、交戦を始めた。
信仰は恐怖を感じさせず、考えさせることもなかった。
ハミルはきれいな白馬に乗って、廃墟となった村に現れた。
彼は兵士達が村長を気に縛り、火を付けようとするのを見た。
「早く!」ハミルは兵士達に向かって叫んだ。
村長は、ハミルの声が聞こえたようで顔を上げた。
ハミルをじっと見つめ、しばらくすると、光が彼の目に浮かんだ・
彼はかすれた声で「ジョン?」と聞いた。
ハミルは馬から飛び降りて、ゆっくりと村長の前に歩いてきて言った。
「村長様、それは私の昔の名前だよ。まだ覚えていたとは、信じられないよ!私を学校へ行かせ、騎士団に参加できる機会をくれたことに感謝しているよ!」
村長は苦しくて目を閉じ言った。
「なぜだ?」
ハミルは肩のほこりを吹き飛ばして、紳士のように村長にお辞儀をした。
「すまない、私はハミル、貴族ハミル。偉大な皇家騎士。過去のことはきれいに忘れることにしたんだ。すまない、愛する村長様!」
ハミルは横の兵士に言った。
「彼を燃やして、それから一緒に出発だ!」
夕日が沈んだ時、ハミルと彼の騎士団は戦場へ前進した。
彼らの後ろには、あの燃やされた村から巨大な炎が見える。
その炎は彼らの前進の道、その栄光の路を照らしている!

9:
10:夢

私は自分の荷物をまとめ、今日でここを離れる。
理由はとても簡単。深く愛した女性と別れたからだ。
分かれた理由は、私がウォーリアのように強くはなく、メイジのように知恵もなく、富豪のようにお金もないからだ。
しかし、ウォーリアやメイジになることは、無理なことではないと思う。
私は自分の潜在能力できっとまた帰ってこれると信じていた。
その時は彼女に、結婚してほしいと言わせてやる!私はこう思った。
自分の将来を考えた時、ラージウルフに付けられていることに全然気付かなかった。
彼らに囲まれたと気付いた時は、もう遅かった。
はい、この物語はここで終了。
なぜって?ラージウルフに囲まれた奴はどうなるか?
鶏も捕まえられない人がラージウルフの襲撃から逃れられるはずがない。


[部分編集]

<<夜語>>


1:
2:
3:
4:
5:
6:魂

彼女が失踪した3年6ヵ月後に、あなたはやっと自分のほしい情報を手に入れた。
あなたは少し時間をかけて雑務を片付けた。
砂漠の村にある小さい家を売って、自分が長く付けた剣を酒場にいる冒険者にあげ、友達との信件を土壌に埋葬した。
最後、自分には何にも残ってないと確信して、まるでこの世界にあなたがいた痕跡が何もないようだった。
その後、あなたは一番きれいな服を着て、まるである貴族のパーティーに参加するかのように、砂漠に向かった。
風沙と強い日差しもあなたの歩みを止められず、あなたの心はあんなに熱く、剛毅、目標に向かった。
あなたは幸運にも砂漠を通り抜けて、彼女の前に現れた。
彼女はもうあなたを覚えてなく、失踪してたくさんのことが変わった。
しかし、あなたは迷わず彼女へ向かった。
生きるとき、我々は固く結び、死ぬ時、我々の霊魂も交じるという誓いを履行している。
今は、誰もあなた達を別れさせられない。
あなたは囚魂魔に閉じ込められた唯一の霊魂と永遠に一緒にいる!
7:



[部分編集]

<<彷徨う者>>

1:
2:冒険者

一部の人からモグラと呼ばれている。いつも墓や遺跡に穴を開けているからだ。
もちろん遊びではない。我々の目的は簡単。隠された宝を見つけることだった。
一方、ジャッカルと呼ぶ者もいる。我々が発見した墓や遺跡を略奪するからだ。
我々は本当に価値のある芸術品を売ることを好まない。我々は鑑賞家、収蔵家、宝物学家であるからだ。
我々は自分を冒険者と呼ぶ。普段、我々は商売人や父親であるが、宝の情報を聞くと、冒険者になる。
暗闇の中の冒険者は我々である。

3:
4:
5:
6:
7:
8:記憶

暗黒評議会の首領黒爵位は指輪で遊びながら、下にいる美しい貴族の娘を興味深く見ていた。
「とても美しい。その美しさでここが色褪せて見える!」
アンナという貴族の娘は上品に笑った。
「あなたの目的を聞かせてください!」
黒爵位はアンナを見つめて言った。
アンナは下を向いて考えてから、「私は自由の港の信使ジョンに復讐しなければいけません!」
黒爵位は笑った。「復讐?どうやって彼に復讐する?殺す?それならとても簡単だが!」
アンナは頭を振った。「殺すわけではありません!」
「殺さない?わかった。指を1本ずつ切って、彼にこの痛みを永遠に覚えさせよう!」黒爵位が提案した。
アンナはまた頭を振った。「彼を傷つけない方法でお願いします!」
黒爵位は忍耐力がなくなったようで、「殺しもせず、傷つけもしない。一体どうすると?」
アンナはまた頭を振った。「ジョンは私への愛情を捨てたが、彼を憎んではいない。彼は庶民、私は貴族。ジョンが一生私のことを忘れられないようにして欲しい。」
「それがあなたの復讐?庶民の若者にあなたのことを忘れられないようにする?」黒爵位が聞いた。
アンナはうなずいた。
「分かった。永遠に忘れさせないようにしよう。永遠に!」黒爵位の声が響いた。
翌日、自由の港の信使ジョンはあるプレゼントをもらった。アンナの死体が入ったケースがジョンの家族の前に置かれてい死体には紙が置いてある。この娘はあなたのために死んだと書いてあった。
ジョンがこの「プレゼント」をもらった時、黒爵位は、ジョンは永遠にアンナを忘れられないと分かった。

9:罪

幼い頃は、自由の港もクレス大陸も聞いたことがなかった。自分の生活している地域しか知らなかった。古いが温かさに満ちた海辺の漁村だった。私にとって、ここが私の全世界であった。
しかし、ストームレギオンが侵入した後、私の世界は崩壊した。彼らが海から飛び上がって、狂ったように私の親族と友達を殺した。
小さな漁村が燃やされてから、多くの人々と一緒に自由の港に来た。
こんな巨大な都市を見たのは初めてだった。なぜこんな巨大な都市が作られたのか分からなかった。
手に長い剣を持つ衛兵達は、我々が自由の港の潔白な大理石の床を汚すことを恐れている。我々は全く救済されることはなかった。
一緒に自由の港に来た仲間が一人ずつ死んでいくを見て、いつか仲間に殺されるかもしれないと感じた。
その時、ストームレギオンの指揮官が現れた。彼は我々を攻撃せず、我々に武器を持たせ、仲間を攻撃すれば食事を与えると言った。

生きていくために、我々はストームレギオンの武器を持ち、仲間と戦った。
その後、仲間達は我々のことを「ランセットアサシン」或いは「ランセットエージェント」と呼んだ。我々はストームレギオンのために働く。ヒューマンを敵視している。
全ては食べていくためだった。

10:


ページのトップに戻る▲


[部分編集]

文集・見聞録・物思い

[部分編集]

<<煉獄>>

1:捜索

目を開けると、血のように赤い色がこの世に映る。頭上にある太陽は、視力に大きく影響した。
何も構わずに立ちあがった。頭を振ると、たくさん血の滴がはじけ飛び、地に落ちて、いくつかの血の花を咲かせた。
銃を持ち、この地を彷徨っている。

「アタヤ!アタヤ!」かすれた声で大きく叫んだ。
アタヤは私の妻で、妊娠している。しかし、侵入者と対戦は女性も裂けることができない。部族には戦士が必要で、戦士に性別は関係ない。
「ハッ」何かに足を握られた。下を見ると、そいつはアグだった。
「助けて、助けてくれ!」阿古の口から血が滴り落ちた。
アグを見ると下半身は大きな剣で二股に救うことのできない状態だった。
「すまない、アグ、私はアタヤを探さないといけない!」アグの手を離した。
アグは何も言わずじっと空を見つめていた。
「アタヤ!アタヤ!」私はずっとアタヤを探し続けた。戦場の隅から隅まで探した。
やっと巨獣の横で、アタヤを見つけた。
彼女は目が少し潤っている。両手でお腹を守っていて、少しおかしな表情をしている。
その表情がよく分からない。アタヤも子供の死んだのだとわかった。
この戦争はなぜ私を一人きりに残したのだと思った時、大地がコロンコロンと音を出し始めた。
一隊の騎士が視界に入った。
長矛を持ち上げて、侵入者達を睨んだ。
突撃を仕掛け、アタヤと子供の命を奪ったのと同じように、私の命も奪い取ろうとした。
怖くない。妻と子供と一緒に去ることができるから。

2:
3:
4:議論

彼はそこに立ち、人の質問を待った。
すると、"時光について回答してください"と聞かれた。
彼は優しい目つきで周りの人々を見て、答えた。
私が話しはじめれば、もう何もかも過去になった。
私が思い出し、過去を振り返るとき、私の思い出も振り返りも過去になった。
我々は財産の力を信仰している。それは生活を改善することができるからだ。
我々は権利の力を求める。それは私と私の周りに栄光を賜るから。
しかし、我々は時間の力を求めることができない。
それは変えられないからだ。
歴史と過去は一枚の莫大な鏡のようで、不変の力で千差万別の未来の運命を照らす。
この鏡のことを、我々は"時"と呼ぶ。
未来の運命は、"光"と名付ける。
このように名付けるのは、それが短いから、拒否できないから、考えられないからではない。
私はあなた達に心の中でこんな祈りをしてほしい。
過去の不変の力で未来の希望を導く。

5:
6:
7:過去

私は頭を振ったが、何時間寝たかわからなかった。
周りを見ると一つも完全なものがなかった。
私が寝ている時きっと悪いことが起きたんだ。
数人の泥棒が私の家に潜入して、私のコレクションを盗んだのかもしれない。
不快に思った。誰でも寝ている時に泥棒にやられたと思うと、嫌だろう。
思わず手を上げて目を隠した。盗んだやつはまだ遠くまで行ってないはずだ。
土の上の足跡が奴の逃げ道を教えてくれた。
その足跡を追った。何としても泥棒を懲らしめなければならない。
すぐに泥棒の足跡を発見した。近くには街がある。
服が破れているから、服を買わなければならない。
そして、私はわざと大きな声で叫んだ。
誰かが声を聞いて、泥棒を捕まえてくれると思った。
「@#@¥@¥!」
自分でも分からないような言葉が口から出た。
しかし、その泥棒と街の人々はそれに気付いた。
この人達はきっと泥棒を捕まえてくれると思った。
その後、衛兵が手に鋭い刀を持ち都市から走ってきた。
しかし、衛兵はその泥棒を追い抜いた。
え?泥棒を無視した?信じられなかった。
衛兵らと話をする必要がある。
「シュッ」と剣で何かを切った音が耳元で聞こえた。
それは空に飛んで、数回回転した。
「マミーの奴め!」
これは私が最後に聞いた声だ!


[部分編集]

<<幽海>>

1:
2:誓い

彼らは海辺で誓った。彼女に対する愛は海のように深いと誓った。
彼女は恥ずかしそうに笑い、「ずっと変わらない?」と聞いた。
彼は少し考えて、目の前の海を指して、「そうだ、この海のように永遠に消えることはない」と答えた。

すると、彼女は彼と腕を組み、幸せそうに砂浜を歩いた。
二人は四年間一緒に暮らした。彼は大陸へ行こうと決めた。出発する前に、彼女に「待っててくれ。お金を稼いでいい暮らしをさせるから!」と言った。
彼女はうなずき、彼を見送った。
数年経っても、彼は帰って来なかった。
ずっと待っていた彼女は一枚の手紙をもらった。彼女は二人がデートした場所でゆっくりと手紙を開いた。
手紙にただ三文字しか書かれていなかった。ごめん。
彼はもう帰らないとわかった。
海は変わるもの。誓うも変わるもの。彼女は思った。

3:キラー

「本当に行くの?」彼女が彼を見つめた。何とか平静を保っているが、慌てていることがその顔から分かった。
彼は何か考えているようだった。しばらくしてから言った。「分かるだろう。私はキラーだ。キラーが任務を行わない結果はただ一つだ!」
彼女は納得させることができないとわかった。そして、うなずいた。
「あなたを待っているから!」
彼は何も言わずに暗闇に消えていった。
彼の今回の任務は実に簡単だった。ある酒場に潜入して、目標を殺すことだった。多くの秘密を握った店員だ。夜になって酒場へ行き、皆を殺すことを決めた。
「関係ない。酒場に知り合いは誰もいない!」
彼は思った。
彼は落ち着いて夜を待った。彼は酒場で楽しく飲んでいる人々の笑い声を聞きながら、目標の位置を確認した。そして、入っていった。
酒場の中はすぐに暗闇になった。彼は順調に任務を遂行した。
翌日、彼が家に帰ると、彼女が見つからなかった。テーブルに紙が置いてあった。

酒場へ酒を買いに行って来ます。
彼は固まった。彼女が永遠に帰ってこないことがわかった。
その後、彼の姿を見たものはいない…

4:蝶

彼は自由の港の外で彼女と出会った。これほど美しい女性を見たことがなかった。
まるで天から雷が落ちたような衝撃を受けた。
彼は必ず彼女を手に入れようと考えた。
すると、彼はすぐに行動を開始した。
彼女に覚えてもらえるように、毎日、彼女を待ち伏せ、たまたますれ違ったと装う。
彼は彼女の家の門にバラの花や一枚の手紙を置く。
徐々に、彼女は彼の存在に気付き始めた。
そしてとても自然に愛し合うようになった。
彼は彼女を一生愛すると誓った。
彼女もそれを信じた。
二人は結婚を相談し始めた。
しかし、彼には解決しなければならない問題があった。
ある風が強い夜、彼はそれを解決した。
その一ヵ月後、二人は結婚式を挙げた。
その日、彼は部屋の後ろの花壇をきれいに彩った。
二人は親族と友達の祝福の下、手を繋ぎ赤い絨毯を歩いた。
指輪を交換する時、足元の土からたくさん蝶々が現れた。
彼女は笑いながら、幸せそうに彼を見つめた。
彼からのサプライズだと思ったのだ。
客は彼を見て、彼の顔が強張っているのに気付いた。
蝶々は空でしばらく飛び回って、彼を囲った。

恐怖の悲鳴の後、蝶々は鋭い口で彼の血と筋肉を飲み干し、薄い皮膚のみにした。
その後、人々は彼の死んだ場所、つまり蝶々が現れた場所から一人の女性の死体を掘り出した。
この女性は彼の彼女だった。
これは、蝶々の物語である。

5:墓碑

ここは、何もなく静かだった。ここへ来ようとする者はいない。
山に立っている墓碑が悲しさと恐怖の雰囲気を漂わせているからだ。
彼女は袋を持ち、よろめきながら歩いていた。
横の墓碑は彼女が遠くまで行くのを見ていた。
一つ山を越えて、もう一つ山を越えて、死の雰囲気が満ちた墓地を彼女は歩き続けた。
彼女はある谷で止まった。目の前には墓碑がきれいに並んでいた。
墓碑には名前がない。墓碑の前には枯れた花と草がある。
長い間誰も来ていないのがわかる。彼女は袋を開けた。
中からきれいな花を取り出し、墓碑の前に立った。
彼女は花をそっと墓碑においた。
「私はあなたのために来ました。」
こう言って、次の墓碑に来た。また袋を開き、きれいなお花を取出した。
「元気にしていますか?」
花を二つ目の墓碑に置いた。さらに、ゆっくりと三つ目の墓碑へ歩いた。
「あなたの好きな花を持ってきました!」
彼女はきれいな花を持ってきていた。
彼女は呟きながら、墓碑にそれぞれ花を置いていった。
全ての墓碑で花を置くと、彼女は少し疲れたようで、座って話し始めた。
「私は毎日あなたの夢を見ています。仲間と一緒に冒険し、旅をしている夢を見ます。」
「私は夢を見るのが好きになりました。夢の中であなたに会えるから。」
彼女は暗くなるまで喋り続けた。
彼女は墓碑を見ながら、まるで恋人に話すようにしゃべっていた。
「もう帰ります。来年の今日、また会いに来ます!」
こう言うと、ゆっくりとよろめきながら、暗闇に歩いて行った。
翌日の天気は曇りだった。
女の子と婦人がこの谷を通った。
女の子が墓碑を見て、何か気付いたように母親に聞いた。
「お母さん、お母さん、おかしいよ!あの墓碑には名前がないよ!」
母親は墓碑を見た。しばらく経って、何か思い出したように言った。
「そうだ、あの墓碑は十名の素晴らしい英雄の墓碑だった!」
女の子はまだ分からなかった。
「英雄なら、なぜ名前を書かないの?」
お母さんはため息をついた。
「そうね、この十人はストームレギオンと戦う時に亡くなったの。亡くなった時には、身元を確認することができなかったの。だから、自由の港の住人がこの十人を記念して十個の墓碑を建てたのよ。」
女の子は目に涙を浮かべた。
「お母さん、私達もお花をあげよう!」

母親はうなずいた。
物語は、これで終わった。

6:
7:
8:
9:
10:不完全な知識

私は平原で3人の使徒に出会った。3人は近くの旗を指して、争論している。
1人目は、この旗は不思議なもの、自ら動く!と言った。
2人目は、動いているのは旗ではなく、風が吹いているからだと言った。
3人目は、全て間違っている。動いているのは我々の考えだと言った。
考えがなければ、どの動きも存在しない。
3人の使徒の争論はどんどん激しくなった。
すると彼らは、聞いているだけで何の発言もしない私の方に振り向いた。
私は、どちらも正しい。旗も、風も、考えも動いていると言った。
3人の使徒はそれを聞いて激怒し、私を乱暴に叩き始めた。



[部分編集]

<<白昼の歌>>

1:

2:歯

”今日はまた殺人事件があったらしい。もう三回目で、死者は雑貨商、彼の血も乾いた”。歯医者の診療所に行く途中で、私は早起きのお婆さん達が自由の港の殺人事件のことを話しているのを聞いた。
死んだら終わりだな。私はあの雑貨商で仕入れ先も分からないものは買わないからと思っていた。
診療所の外についた。診療所と言っても、ただの一つのテントだった。
”ちょっと、あなたは本当に私の歯を治してくれるのか?今回も入れて、私は今週だけで4回も来たよ。今回も治らなかったら、あなたにも歯の痛さを教えてやるからな”。私はマスクを付けた歯医者に言った。
”今回が最後だと保証する。さて、あなたの歯を見てみよう”先生は言った。
なぜかよくわからないが、私はいつも先生の話を信じる。彼のマスクの下に隠された顔の表情をすごく知りたい。
”また緩んだな。以前にも言ったが、噛む時にあまり力を入れてはいけない。これは新しく補った歯だから。”と先生が言った。
”噛むって…ちょっと、私はここ数日水を数口しか飲まなかった!”と私が抗議すると、”あぁそしたらこの2本の歯を抜いて再度補うしか方法がないな。前回補ったと全然使えないからね。”と先生が言った。
”そしたら速くしよう。あなたの治療費は安いから。”
数回痛みを耐えた後、私の歯は治った。
この謎の先生はいつも適切な歯をつけてくれている。彼はどこからこんなたくさんの歯を見つけたか、全然わからない。
翌日、起きた時に、私の衛兵友達が彼の部下と緊張しながら、ベッドの前に立っていた。
”昨晩は4回殺人事件があった。被害者は武器商人で、同じく血が全部吸い出された。ただ、今回は我々が現場でこれを発見した。”私の衛兵友達は一本の歯を持っている。鋭くて小さい歯。
”なぜ犯人を捕まえに行かないんだ。なぜこんな朝早く私の所に来たんだ。”私は叫んだ。
この時私は、ベッドの向かいの鏡を見て、昨日補った歯が一本鋭くて小さい歯だ

3:
4:ウサギ

ラージウルフは、バニーに出会った。
昨晩目覚めた時、異臭がしたのを覚えている。
怪しいバニーは彼の頭上でおもらしをしたのだ。
ラージウルフにとって、この虐めるような挑発は許せないことで、バニーを巣まで追いかけた。
君の家族をラージウルフが全部食べてしまうと考えた。
ラージウルフの頭だけが入る穴が目の前に出現した。
ラージウルフは穴の中からバニーたちの恐怖な悲鳴が聞こえたような気がした。
私が来ると、ラージウルフは迷わずに前に進んだ。
しかし、残念ながら自分が穴に挟まれたことに気付いた。
バニーたちは穴の外でラージウルフの尻尾がゆっくりと動きを止めたことを確認した。
穴の最後の空気を吸い込んで、息(ができなくなったのだ)
その後、バニー達は宴会を始めた。
今日はラージウルフの肉で宴会だ。
これは私がクレスで見たバニーである。

6:凡人

虚空境からきた観察者は、一人の凡人を数年間見守っていた。あいつはよく一人で行動し、いつも都市の広場で他の人と交流していた。
彼はよく人と生存、死亡、道徳及び宇宙のことについて熱心に討論する。
例えば今は、彼が一人の漁夫の裾を引っ張り、世界について討論している。
「我々が見た世界は本物の世界ではない」彼は漁夫にこう言った。
「私の手中の魚は存在しないという意味か?」と漁夫は疑いながら聞いた。
「そう。これらの魚はあなたの心の世界から出て来たもの…理想の世界だ!」彼は休むことなく続けた。
漁夫は何も言わずに去っていた。
観察者は不思議に思った。なぜヒューマンが熱心に討論しているのだろうかと。
ヒューマンとは目の前のものだけを気にするのではないか?
強行的なヒューマンはすごい剣幕で捲くし立てた結果、殺されるまでに至った。
貴族たちは彼のようなやり方を嫌い、庶民もその理解できない道理を嫌がっている。
彼は死刑になった。

彼が処刑される寸前、観察者が現れてこう言った。「私は君を救える。一緒に虚空境へ行こう。あそこの人々は君の言うことに興味がある。」
彼は頭を振った。「私は処刑される身だ。私がそうなれば、私の言ったことが全部笑い話になる。」
そして、彼は自殺した。
彼が自殺した数年後、観察者は人々が彼を恋しく思っていることに気付いた。
彼の言論を理解し始める人も出始めた。彼らはこれを「哲学」と呼んだ。
「これは人類です。」観察者は笑いながら、この世界を離れた。

7:
8:

9:復活

限りない墓の中央に黒い塔が聳えて立っている。そこは死者の支配者、大陸で最も偉大な亡霊法師がいる場所である。
亡霊法師の他に、訪れる者はいない静かな場所である。それは亡霊法師の性格に問題があるからだ。生きた人をグールに変身させたりするからだ。

しかし、今日、年寄り夫婦が法師の黒い塔の下までやって来た。
こんなことは初めてで、彼らを塔に入ることを許した。
年寄り夫婦は体を震わせながら、法師の前に立った。
「あなた達はとても幸運です。どうやって墓を通り抜け、ここまで来たのかを知りたい!」法師が言った。
「偉大な死者の支配者よ、ぜひうちの子供を救ってください。」年寄り夫婦は法師の足元で土下座した。
「人を救うなら、医者に行けばいい。私は亡霊法師、殺人しかわからない!」法師は大笑いした。
「私達の子供はすでに死にました……」年寄り夫婦は悲しそうに言った。
法師は驚いて聞いた。「どういう意味だ?」

年寄りの夫婦は少し間をおき、「あなたは死者の支配者、助けてほしい。私達の子供を生き返らせてください。」と言った。
「子供を生き返らせる?死者を復活させると?」法師が独り言を言った。「それは神の領域、しかし……もしかしたら……」
年寄りの夫婦は希望が見えたかのように、法師に「本当は何か方法があるのでは?」と言った。

彼はポケットから緑の薬剤を出して渡した。「この薬剤を息子に飲ませてみなさい。復活できるかもしれない。何が起きるかは分からないが。これは試験中の薬剤だ。あなた達がどんな結果えも受け止められるなら、この薬剤を持って行きなさい。」と言った。
年寄りの夫婦はすぐに薬剤を持ち帰った。
法師が見送る中、彼らはここを離れた。

この物語はここで終わり。あなたはきっとその後の出来事を知りたいだろうが、本当にすまない。私も知らないんだ。ただいくつかの噂を聞いたことがある。
噂その一、法師の薬剤に効果があり、死んだ子供が復活した。そして家族はずっと幸せに暮らした。
噂その二、死んだ子供が復活したが、人には見えない…様子がおかしい。復活させたのは体だけで、霊魂には邪悪しか残っていなかった。
噂その三、薬剤は効果がなく、子供は両親によって美しい谷に埋葬された。
あなたは、どの噂を信じる?


[部分編集]

<<深淵>>

1:
2:
3:門

ジェームスはたくさんの金を使い、やっと一つ定員を取れた。
末日教の信徒として、とても喜ばしいことである。
ジェームスに末日教とは何かと聞くと、いろいろと教えてくれる。この宗教はストームレギオンが侵入した後に設立され、家のない浮浪者によって作られた。彼らは、この世は、本当にめちゃくちゃだと思っている。
ストームレギオン侵入後、多くの災難に見舞われ、この世の末を予言している。
末日教の信徒なら、末日は人々にとって公平なので恐怖は感じないはずだ。
末日の後、末日教を信仰する人は不老不死になると言われている。
ジェームスはこの説を信じている。
だから、末日世界へ行く道が発見された時、すべての財産を使ってこの道に入ろうとした。

不老不死になるんだ!ジェームスは末日の門を通るときに、こう思った。
末日の門はすぐに見つかった。
ジェームスは手に持っている地図を頼りに順調に末日の門までたどり着いた。
末日教の教徒を不老不死の道に導くのは、ある山洞である。真っ暗で底まで見えない山洞。
「1回100人までだ!」山洞の門に立つ守衛が言った。

ジェームスは運がよく、この100人の中に入っている。彼は最後の財産を持ち、大勢の人々と一緒に末日の門に入った。
「ここまで!残りは明日また来てくれ!」山洞の門の守衛が言った。
そして末日の門の山洞の門が閉められた。
残った人々はブツブツ言いながら帰って行った。
「ゲッ!」人々が帰った後、門が突然開いた。
その後、なぜかゲップが聞こえて「よし、消化物を確認してみよう。以前、消化物から黄金を拾ったことがあるらしい。」
二人の守衛はそう言いながら飛行獣に乗って末日の門の後ろへ飛んだ。
「末日」と名づけられた巨獣が山脈の中に伏せている。
生臭い悪臭が口から出ている。
つまり「末日」の門から吐き出されている。
「また奴の口を洗わなければいけない。次回からはもっと人を減らそう!」
守衛もう一人の守衛は笑いながらうなずいた。

4:グール

私はグール、様々な腐ったものを食べている。たまには自分より弱いと見える物も食べて、食生活を改善している。
悪魔に生まれることは悲しいことだとは思わない。この世界に我々がいなければ、あの伝説の勇士と英雄はどうやってその非凡さを示すのだろうか?
普段なら、私はよくこの河で死体を見つけるが、今日は生きている人に会った。しかも、女だった。
私は彼女を自分の巣へ引っ張っていき、どこから口に入れるかを考えた。女の胸が一番柔らかいと言われているが、そこから食べるべきか?
いろいろ考えていると、彼女が起き上がった。
まさか!死んでなかったのか?私は生きた人間を食べたことがない。
起き上がった女は私を見た。しかし、彼女怖がらなかった。彼女が目の前に盾を出すと、彼女が魔法師だと分かった。魔法師がグールを怖がるわけがないだろう?
この美しい魔法師は、私が彼女のために食物を見つけ、傷も治してくれたら許す、と言った。
ヒューマンは命の恩人にこんなことをするんだ。
切羽詰って、この女性魔法師の奴隷と婢僕になった。

夜になると、この魔法師にいくつか現地の物語を教えている。
少しずつ私は彼女に慣れてきた。冥河の主宰者「潮汐」を殺してきたことも分かった。「潮汐」の力は想像を超えており、多くの者が命を落とした。

必ずもう一度来る!と彼女がよく口にしていた。
毎日楽しく過ごしていた。彼女は私の醜い外見を嫌わなかった。そしてとうとう彼女は立つことができるようになった。別れの日が来たと私は思った。
その日は風がなく、河の波も穏やかだった。彼女は魔法の力で2つの翼を呼び出し、ひらひらとここから飛び出した。
「さようなら!」と私はつぶやいた。
だがこの物語はまだ終わらなかった。一ヵ月後、冥河に食物を探しに来た時、再び彼女に会った。しかし、今回は前回とは違う。彼女はたくさん仲間を連れ、「潮汐」は彼らの横に倒れている。
彼女が勝ったようだ。
「あれは何だ?グールか?よし、倒そう!」
戦士を装った勇士が私を発見した。
彼女は私を見て、他人行儀に言った。「グールじゃないか。奴を殺すと、剣が汚れてしまう!死体はここに捨てよう!」
話が終わると、彼女は仲間を連れて帰って行った。
私はゆっくりと「潮汐」の死体へ近づいた。

「ありがとう!」私は足元の死体を噛みながらつぶやいた。
この物語は、まだ始まったばかりだった。

5:闇の中

私は暗闇の中で徘徊して、耳元で悪魔のつぶやきと死者の悲鳴が聞こえた。
…なぜあなた達が悲鳴して、泣いているのだろうか?
彼らは答えた。歴史は我々をここへ連れてきて埋葬し、放棄して、忘れ去った!
私は笑った。では、私を歓迎してくれ。
私もあなた達の仲間になるから!

6:
7:善悪

私は一人の友達と大陸を遊歴したことがある。
友達は「探測邪悪」という魔法を上手に操れる。彼の話によると、この魔法は周りの邪悪な生物をある特有な色で表示させることができるそうだ。
彼が魔法を使ったら、私の周囲には彼以外いなくなった。
私は彼を信用して凶悪な地宮へ向かった。
我々は一生懸命に戦い、やっと邪悪な奴らを消滅させた。
神秘な宝箱の前で、私は急に目の前が暗くなり倒れた。
私が信用していた友達が私を倒したのだ。
幸い生きている。
そして私も奴のように、全財産を払ってあの魔法…探測邪悪を習った。

8:海

私は彼女と海へ行った。
初日、波は優しくて、まるで赤ちゃんの呼吸みたいだった。
二日目の午前、波はいたずらな子供のようだった。午後はいたずらの子供から赤ちゃんに変わった。
三日目は、私と彼女と愛し合うときに波が我々のお尻以上に来たと気付いた。
私はこんな変わり者を見たことがない。
私の彼女は海に向かって叫んだ。
私は見たよ、私の前にいると私がささやいた。


[部分編集]

<<夜話>>

1:
2:
3:秘密

”秘密を守れる?”マイクは慎重に聞いた。彼の目の前には、暗闇しかない。
”君は私の職業の道徳を疑っているのか!”暗闇から低くて磁性のある声がした。中年のようにも聞こえるが、若者のようにも聞こえる…老人のようにも聞こえる。
”いや、私はあなたを疑うわけがない。私はあなたの力を信じている!”マイクは声の主を憤慨させることを望んでいるわけではない。それは、先程自分の目で声の主に逆らう人が切られたのを見たから。
”あいつを殺すから、心配しないでくれ。しかも、私以外に彼を殺したいのは誰なのか知る人はいないから!
”それなら、安心できる!”マイクの話が終わると、暗闇からかすかに人影が見えた。彼は目を隠されたマイクを連れて離れた。
自分の商売上のライバルがある事故で亡くなったと知らされた。
”乾杯!あいつを殺してくれてありがとう”マイクは酒を持って黒衣を着た人に言った。
”私は酒を飲まない。君も我々に感謝しなくてもいい。今、我々の契約を終了させよう!”空中に黒衣の人の感情を込めていない声が響いた。
”契約終了?あなた達があいつを殺し、お金も支払ったが、他に何かある?”マイクは不思議に思った。
”いいえ、あと一つがある!”黒衣の人はゆっくりと歩いてきた。
”あと一つとは何か?”マイクは悪い予感がした。
”主人の指示は…”黒衣の人の手に突然一本錆だらけの短剣が現れた。この短剣をマイクの喉に挿し込んだ。マイクは信じられないように黒衣の人を見て、自分の首を押さえながら倒れた。
主人の指示は、彼以外に誰も雇い主のことを知ってはいけない!雇い主本人も含め!
翌日、自由の港から噂が流れた。お金持ちのマイクは自分の家で死んでいた。現場はマイクの死体の他に、もう一つ身元の分からない遺体がある。事件は調査中だ。

4:暗殺

ある人から暗殺されるという話を聞いたが、ジャスティンは相変わらず落ち着いている。
心配する必要はないと思っているからだ。考えれば分かるが、7歳から武術で鍛え、15歳で師匠に勝り、18歳で自由の港の唯一の武術の匠となった。そんな人物が暗殺ごときを怖がるわけがない。
「こんなチャンスは滅多にない。今回は奴らを倒そう!」そう思うと、ジャスティンは暗殺者に早く来てほしい気持ちが湧いてきた。
ジャスティンが散歩中に狭い路地に入ると、待ち望んだ暗殺者が現れた。
相手がこの暗殺を密に計画したことは明らかだった。彼らはジャスティンの特長をよく知っている。
ジャスティンにとっては大したことではなかった。服を少し破られた後に、ジャスティンは刺客達を全員殺した。
ジャスティンが刺客達を殺した後、野次馬の住民たちに囲まれた。彼らはジャスティンの武芸を褒めたが、拍手はしなかった。
ジャスティンは突然素早く蹴りをし、その蹴りは目の前にいる子供の頭に命中した。
人々の驚きと叫びの中、その子は飛ばされていった。
目の良い住民ははっきりと子供の手にある短剣を見た。
「子供だろうが私は油断しない!」ジャスティンは笑った。人々の褒め言葉は一層大きくなった。
この暗殺で少し疲れたジャスティンは家に帰った。出してもらったお茶を一気に飲み干した。心から酔ってしまうほどおいしい味だ。
ジャスティンは確かに酔いそれから二度と起きることはなかった。

5:
6:
7:
8:幸福

あるところで幸せを売っていると聞き、すべての財産を持ってそこにたどり着いた。
私は自分の全財産を払って一本奇妙な液体を買った。店員はそれを飲めばすぐ幸福を得られると教えてくれた。
私は従った。
その後、私は何にも思い出さなくなった。私は誰だ、私はどこから来たのか、私。
その液体は”忘れ水”と呼ばれており、何もかも忘れさせる効果があった。
だから、”無知は最大な幸福”なのである。

9:首長

昔、我々の部族にある首長がいて、魚を獲ること、植物を植えること、火焔で食べ物を焼くことなどを教えてくれた。
彼は部族で最も聡明で偉大な人と褒め称えられた。
ある日彼は突然、この土壌は合わないといい、千年以上住んでいたここから出て行くべきだと提案した。

すると、この部族で最も聡明で偉大な首長はこの土地に埋葬された。皆が彼に唾を吐き、石を投げると、彼はすぐに死んだのだ。
今は、我々は魚も獲らないし、植物も植えない。大部族から小部族に分裂して、お互い殺しあって暮らしている。

10:死亡

私は一時の静を求めていたが、今はその静は永遠になった。
私は疲れた後の一服を希望したが、今はその一服が永眠になった。
私は夢に酔い込みたいと希望したが、今は夢が強烈な美酒になって、一人で楽しんでいる。
私はこんなにも愛している。待ちきれずに彼らと共用したいのだが、彼らは驚い
それは、この素晴らしいことがらを”死亡”というから。


ページのトップに戻る▲