※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 00:02:42.89 ID:iWRrlNOy0
男「はあ、今日も残業。 明日も残業……ホントサラリーマンは地獄だぜえ……」
幼女「おい」
男「ん?お嬢ちゃんどした?」
幼女「俺だよ俺!」
男「こ、こんな幼女がオレオレ詐欺を!? 日 本 終 わ っ た な」
幼女「だから俺だって! ほら、幼馴染の友だよ!」
男「……はあ?」
幼女「あーもう、事情は後で話すから! とりあえずお前んチ泊めてくれ!」
男「ちょっwwwww」


このスレは新ジャンル『男友達→転生→幼女な養子』の三代目スレです。
詳細はまとめWikiを参照の事。

■まとめWiki
ttp://www18.atwiki.jp/dmsul71n0/pages/11.html

■新ジャンル『男友達→転生→幼女な養子』(初代スレ)
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1160052089/
■【兄貴に】「転生幼女」【捧げる】(前スレ)
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1160397946/
6 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 00:14:30.05 ID:FoeXPWXR0
んじゃ、支援投下www

【親バカバトル】

職場の昼休み
課長と同僚2人が課長の席で騒いでいる
同僚A「きゃー、かわいー」
同僚B「可愛いッスねー」
課長「そうか? (ニヤニヤ)」
同僚A「あ、男君も同僚(女)さんも見てごらんよー。課長の娘さんの写真だってー。すごいかわいーの」
同僚B「これ、保育園の運動会ッスか?」
課長「こないだあってな、疲れたよ」
同僚B「へー、課長の娘さん、いくつッスか?」
課長「○歳だよ」
男「(…友と同い年か…どれどれ…)」

同僚A「ね、かわいいよねー?」
男「………(可愛い……のかな)」

-----幼友「どうよっ、この娘の晴れ姿っ!! 晴天の運動場に映えるこの勇姿!!」
-----男「あー、かっこいいかっこいい、はいはい」

男「……」
同僚A「男君?」
男「あ、あぁ、可愛いよね、うん」
7 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 00:15:20.15 ID:FoeXPWXR0
【親バカバトル】の2

同僚B「課長、こっちの写真はコスプレッスかwwwww」
課長「あー、そのなんだ、プリキャラとかいうのか? それが好きで、せがまれて変身セットを買ったんだ」

-----同僚(女)「友ちゃん……いつもいつもGJ!!!! (^^)b」
-----幼友「お、お姉ちゃん、これはさすがに恥ずかしい………(///」

同僚(女)「………」
男「………」


同僚A「きゃー、この寝姿かわいすぎーっ!!」
課長「この姿見ると心が癒されるよ。なんていうかな、世界一可愛い寝姿だって思って」
同僚B「課長、親バカッスねwwwww」
課長「はははは、いや、マジにそう思ってるよ」

-----幼友「ん………ムニャ……もう食べられない……」
-----男「…なんつーベタな寝言を」

男「………」
課長「さ、もういいだろう」
同僚B「かわいかったッス」
同僚A「私も娘欲しーいっ!!」
8 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 00:16:05.48 ID:FoeXPWXR0
【親バカバトル】の3

3人から離れて席に戻る2人

同僚(女)「…男さん、圧勝です」
男「え?」
同僚(女)「私達の友ちゃんの完全勝利ですっ!! あんな中途半端な容姿で『世界一可愛い』なんておこがましいですっ!!」
男「ちょ、中途半端な容姿って…」
同僚(女)「もー、課長に見せてやりたいです。友ちゃんを見て同じことを言えるのかっって。男さんもそう思いましたよねっ? 世界一の称号は私達の友ちゃんにこそふさわしいですっ!!」
男「……まぁ、親の贔屓目ってのもあるからさ」
同僚(女)「それになんですか、あのコスプレ? 既製品をそのまま使うなんて邪道ですっ!!」
男「突っ込むところソコ?」

昼休みも終わり、仕事再開。男は外回り

男「(……そういえば……『私達の』友ちゃん?…………?)」
10 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 00:20:02.01 ID:iWRrlNOy0
タイミング悪かったな。なんかすまん。
すまんついでに昨日書いてたの投下。
11 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 00:21:05.66 ID:/Y/EadWX0
まとめ見て飛んできた

>>10
おっおっおっwwwwwwwwwww
12 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 00:21:47.92 ID:FoeXPWXR0
>>10
GJ!!!
14 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 00:25:04.66 ID:IYFB3H8cO
>>10

映画(書籍)化する時は これがポスター(表紙)になるわけだな!!
28 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 02:03:49.00 ID:FoeXPWXR0
【親バカバトル2】

とある会議室

***「時間ですし、いったん休憩としましょう」
A部長「おっと…(バサバサバサ)」
男父「大丈夫ですか、A部長? 拾うの手伝いましょう」
A部長「あぁ、男父さん、すいません」

男父「おや? 写真?」
A部長「いや、これはお恥ずかしい。手帳にはさんでおいたものが落ちたようです」
男父「……お孫さんですか?」
A部長「えぇ、長男のなんですが」
男父「ふむ…ずいぶんと可愛らしいお孫さんでいらっしゃる」
A部長「いやはははは、お恥ずかしい話ですが、『お祖父ちゃん』なんて笑いかけられると、こう、目尻が下がってしょうがないですわ。ウチの孫は世界一可愛い……親バカ、いや祖父バカですかね? はははは」
男父「…」

-----幼友「モグモグ…」
-----幼友「おじーちゃんタイヤキありがとー。お仕事がんばってね(ニッコリ)」

男父「ふん…」
A部長「?」
男父「いえ……今のうちにトイレへ行きますので、失礼」

男父「…」

部下A「…おい、今、男父統括部長、笑ってなかったか?」
部下B「マジ? あの人が笑ってるところなんて見たことないぜ?」
30 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 02:32:31.14 ID:/Y/EadWX0
>>28
俺の中で男父の評価がうなぎのぼり
69 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 12:37:16.50 ID:jDw2cL3eO
保守ついでに言っていいのかわからないが・・幼女のイメージがラブひなのサラ・マクドゥガルと重なって仕方ないwww
81 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 15:20:11.44 ID:AhEbNL4U0
幼友「乗るべきか乗らざるべきか…それが問題だ。」

体重計「ゴゴゴゴゴゴゴゴ(幼友にだけ聞こえる効果音)」

幼友「えーい、ままよ!」

ギシッ
体重計「…ピー ㌔㌘。」

幼友「…マズイ。育ち盛りのこの身とはいえ、この数字は非常にマズイ。
クソッ、秋が悪いんだ!パパが安かった焼き芋大量購入してきたから悪いんだ!
ちょっとかがんで栗拾いしてくるから悪いんだ!絶妙に脂の乗った秋刀魚が悪いんだー!!
…くっ、認めたくないものだな。自分自身の若さ故の過ちというものを!」

ガチャ
男「ただいまー、友ー焼き芋買ってきたぞー。」

幼友にだけ聞こえる声「若さ、若さって何だ?」
幼友「…振り向かない事さ!」

幼友「もぐもぐ…シクシク」
男「なんで泣きながら食ってるんだ?」

そんな保守
82 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 15:25:33.22 ID:1BZ7RlK5O
>>81すんごいGJ!今夜、期待している
94 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 17:10:53.04 ID:vAqx68ID0
>>81
GJ!
ネタが分かるってのはいいもんだなぁ……
103 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 18:24:28.19 ID:sQ7vKjfR0
幼友「ヘックシュ!」
男「お?どうした?風邪でもひいたのか?」
幼友「うん、くしゃみと鼻水が止まらん。」
男「病院行ったほうがいいな、えっと保険証はっと」
幼友「おい、このくらいなら寝てればすぐ直るから別に行かなくてもいいって。」
男「大人とは違うんだから風邪だからって甘く見てると大変な目に遭うぞ、元医大生君、それとも病院が怖いのかなぁ?」
幼友「う…解ったよ、行くよ、でもそのかわ ふぇ…へッックシ!!」
男「その代わり、何だ?」
幼友「ズズッ…梨、買ってくれ。」
男「梨か、いいぞ買っても、でも買うならリンゴの方が良くないか?」
幼友「梨のほうがいい、熱を下げてくれるし喉の炎症を和らげてくれる効能もあるしそのうえ…」
男(さ、流石は元医大生、専門知識が半端じゃない ;)
106 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 18:50:00.83 ID:kHEYbwji0
さて、ちょこちょこ投下始めますか。


幼友「ぶーぶー」
男「仕方ないだろ、友のパンツ(ズボン)全部洗っちゃって、乾かしてるんだから」
幼友「ぶーぶーぶー」
男「毎日汚してくるオテンバさんは誰かなー。さ、諦めて、乾くまでスカート穿こう。はい」
幼友「苦手なんだよ…なんか脚がスースーするしさぁ」
男「あいにく、その辺の感覚は分からないな」
幼友「…パパもいっぺん穿いてみるか」
男「…遠慮しとく」
108 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:00:00.44 ID:kHEYbwji0
男「演奏会? 保育園でか」
幼友「うん。で、俺の担当はこれ!」
男「ハーモニカか。結構難しいの選んだな」
幼友「他のみんなは、カスタネットとか、トライアングルとか、そんなんばっかだった」
男「まあ、先生の伴奏に合わせて、リズム感覚を養うためのものなんだろうしな」
幼友「せっかくだから、俺は長渕を目指すぜ!」
男「あれはブルースハープじゃなかったか?」
幼友「似たようなもんだろ。よく分かんないけど」

男「よ、今日はお疲れ。見てたぜ」
幼友「…しっかり録画もしてたじゃねーか。あとでデータ消しとく」
男「消される前にDVDに焼いておかないとな。同僚さんが楽しみにしてるんだ」
幼友「まさか保母さんがピアノミスって、みんなの演奏が止まるとはな…」
男「アクシデントも醍醐味だろ。そこからの友のリカバリーが見事だったよ」
幼友「練習してた長渕が役に立つとは思わなかったぜ」
男「しばらく友がソロやって、途中から黒ちゃんが拍子を取って。で、みんなが演奏再開、と」
幼友「俺は、単に止めるタイミングが掴めなくて、続けちゃっただけで。真の立役者は、みんなをまとめてくれた、黒ちゃんだよ」
男「うんうん。よし、DVDはおっけー」
幼友「あ、いつの間に! 恥ずかしいから、それよこせー!」
男「もちろん却下。永久保存版だー♪」
109 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:06:58.33 ID:3N59ilQ0O
ちょwwwwww長渕wwwwww
110 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:12:13.68 ID:HDTWmy0ZO
>>81

うっわぁ…薄い…
111 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:18:02.96 ID:sQ7vKjfR0
泣きっぷりがw
113 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:34:09.40 ID:kHEYbwji0
園児α「B、お前、友のこと好きなんだろーwww」
園児B「そ、そんなこと…」
園児ε「あー、照れてやんのーwww」
園児γ「結婚すんのかー?うひょひょーwww」
園児B「お前ら…っ」
園児α「なんだよ、やんのか?」
園児ε「俺たちに勝てると思ってんのかー?」
園児B「(無言で殴りかかる)」
園児γ「おっと、あぶね」
幼友「…ん、なにやってんだB? 顔真っ赤だぞ」
園児α「お、友だwwwww」
園児ε「Bと友はー、将来結婚するんだよなー?wwwww」
幼友「ああ、そういうことか…くだらねえ」
園児γ「ムキになってやんのー!wwwww」
園児B「(そういえば…友のお父さんが言ってた)」

(男「坊主。男なら好きな女を虐めるより、守る方がかっこいいぜ?」)
114 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:36:10.19 ID:kHEYbwji0
園児B「(今、ここでやらないで、いつやるんだ!)」
園児α「ばっかちげーよ、友はAちゃんと結婚するんだぜーwwwww」
幼友「…俺のことをバカにするのは構わない。だけどな…俺 の ダ チ を バ カ に す る の は 許 せ ね え !」
園児γ「ひっ!?」
園児B「あの、僕ならいいの…?」
幼友「おい、B。こいつらヤキ入れるぞ!!」
園児B「う、うん!」

友&Bの黄金コンビ、結成の瞬間であった


園児A「黒ちゃーん!」
黒「ん。Aちゃん、血相を変えて、どうかしたのか」
園児A「友ちゃんとBちゃんが、ケンカしてるの!」
黒「Bが、友と? 珍しいが…それなら放っておいてm」
園児A「違うの! 友ちゃんとBちゃんが、他の子と!」
黒「…やれやれ、友がついていながら、何をやっているんだか。Aちゃんは先生を呼んできてくれ。私は止めに行く」
園児A「うんっ!」

後日。男とB親、αεγ親。
そして騒ぎを起こした子供たちが、保母さんに呼び出されて、お説教されたのは言うまでもない
116 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:41:36.35 ID:tVSpKM89O
GJwwwwwwwww
117 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:43:33.72 ID:sQ7vKjfR0
GJwww
118 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:44:03.33 ID:/Y/EadWX0
おもろいwww
120 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:45:44.30 ID:1BZ7RlK5O
ききき来なすったァー!今夜も携帯を手放せそうにないんだぜー!
121 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:47:47.28 ID:wMyYuaxz0
GJ!!
Bかっけえwwww
122 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:52:47.58 ID:kHEYbwji0
そろそろストックが尽きてきたんだよ?


園児A「ねえねえ、みんなで『おままごと』しよっ」
幼友「え…おままごと? こら逃げるなB」
園児B「僕もやるの!?」
黒「ままごと、とは『飯事』と書き、家庭の日常を追体験する、ごっこ遊びの一種で…」
幼友「はいはい。薀蓄でごまかさないで、黒ちゃんも来るのー」

園児B「なんで僕が赤ちゃんなのさ…」
幼友「で。俺が父親役、と」
園児A「わたしがママで、黒ちゃんがお姉ちゃんね」
黒「本を読んでいれば良いのなら、楽なものだな」
幼友「なるほど、Aちゃんちの家族構成か。黒ちゃん=A姉…うん、似てるかもしれない」
黒「ふむ。そうなのか」
園児B「やっぱr」
幼友「『やっぱりやめる』なんて言いだして、Aちゃん泣かしたらお前のせいな」
園児B「う…」
123 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:54:47.14 ID:kHEYbwji0
>>122の続き

園児A「あなたー、お帰りなさい」
幼友「うん、ただいま」
黒「…」
園児A「ほら、お姉ちゃん。パパが帰ってきたら『おかえりなさい』でしょ」
黒「ん? ああ、『オカエリナサイ、パパ』」
幼友「なんで棒読み」
黒「…あまり、言い慣れていないものでな」
幼友「そういう意味では、良いシミュレーションになるかもな」

園児α「あー、おままごとなんてやってるーwwwww」
園児ε「だっせーwwwww」
園児γ「Bちゃんはー、赤ちゃんなんでしゅねーwwwww」
園児A「ぐすっ、ぐすっ…うえーーーん」
幼友「またテメーらか…懲 り て な い よ う だ な」
黒「Aちゃんを泣かせるとは良い度胸だ。私は徹底的にやるぞ。覚悟はいいか?」
園児B「(黒ちゃん怒らせると怖いんだ…覚えておこう)」

黄金トリオが悪ガキ三人組を懲らしめた、その数日後。男と黒父、Bちゃんの親、αεγ親。
そしてAちゃんを除く子供たち全員が、保母さんに呼び出されて、お説教されたのは(ry
124 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 19:57:47.53 ID:tVSpKM89O
黒ちゃん参戦ktkrwwwwwwwwwwwwww
GJすぎて鼻血でるわ
125 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:01:11.49 ID:1pJCai+O0
GJGJ!!!!wwwww
126 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:07:25.56 ID:kHEYbwji0
男「さて、友」
幼友「ん?」
男「このところ、同じ連中とケンカしてるようだが。何か…その、お、お父さんに言うことはないのかな」
幼友「照れながら『お父さん』言うなよ。何か、こっちまで恥ずかしくなる…」
男「まあ、理由のないケンカなんてしないのは知ってるが。2回続いてるし、詳しい事情を聞かせてくれないか」
幼友「おおまかな状況は、保母さんが話した通り」
男「悪ガキ共が、お前をからかったから、ってか。信じると思うか?」
幼友「ここからが、詳しい事情ってやつになる。Aちゃんたちにも累が及びそうになったから、シメた」
男「2回ともか」
幼友「ああ。最初は確かに、俺が対象だったんだけどな」
男「そういえば、最初はBくんも巻き込んでたな」
幼友「話がAちゃんに及んだんで、警告の意味も込めて、ヤキ入れといたんだが…」
男「2回目は?」
幼友「懲りずについにAちゃんを泣かせた。で、その場にいた俺も黒ちゃんも、キレた」
男「暴力以外の解決方法は?」
幼友「ない。現場の判断ってやつだ。特に子供は、初めに痛い目を見ておかないと、調子に乗る」
男「ふむ…OK、分かった。友の判断を信じる」
幼友「俺のせいで何度も怒られたのは詫びる。悪かった」
男「よせよ。本当に正しいことをしたと思うなら、頭なんて下げるな」
幼友「そうだな。俺は友達を守った。それだけだ」
男「やっぱり、友は友だな。そういうところは変わってない。なんか安心したよ」
幼友「なんだよそれー」
男「なんでもないよ(それで俺も昔、友に助けられたんだからな…)」
127 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:07:50.31 ID:sQ7vKjfR0
黒wwwGJwwwww
128 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:15:31.01 ID:/dCARYCA0
>>126

GJ!
129 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:19:17.86 ID:kHEYbwji0
男「なあ、友」
幼友「ん?」
男「小学校に上がるとして…友はどの学校に行きたい?」
幼友「Aちゃんたちがどこ行くかだな。今度聞いてみるわ」
男「友なら、進学校選びたい放題だぞ?」
幼友「そういうの、誰よりも嫌ってんのパパ自身じゃん。俺はみんなと一緒が良い」
男「すまん、バカなこと聞いたな」
幼友「ってか。俺の答え、分かった上で聞いてただろ」
男「どうかな…俺の思考、あのバカ親父と同じになってたかもしれん」
幼友「ああ、同じだな」
男「…」
幼友「子を想う親の気持ちは、みんな一緒だ。違うか?」
130 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:21:23.28 ID:kHEYbwji0
これでストックおしまい。保守&ROMに戻ります。
応援してくれた方たち、ありがとーノシ
131 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:27:46.41 ID:sQ7vKjfR0
乙ですたぁ!
132 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:29:57.48 ID:9rfs14Z1O
>>130
GJ!
133 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:31:36.15 ID:HDTWmy0ZO
さて、一段落した辺りでリクエストを募集したい
134 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:31:57.72 ID:tVSpKM89O
幼友「なぁ、金くれ。」
男「突然だな、なんでだよww」
幼友「CD欲しい。」
男「なんの?」
幼友「ガルネリウス」
男「…は?」
幼友「だからガルネリウス!黒ちゃんが『あのバンドはいい。音楽がわかっている。』って。」
男「いいけど…お前ガルネリウスって……まぁ、いいか。」

ネタが無いorz
ガルネリウスは実在するので興味あるひとはどーぞ
136 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:33:57.58 ID:FoeXPWXR0
今帰って北。
>>130 GJ!! & 乙

こっちも投下するかな。

>>69
俺は書くときは「絶対可憐チルドレン」の薫が頭に浮かんでるwwwwww
137 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:34:32.05 ID:F8FxB2BHO
転生幼女を狙う謎の組織との抗争
138 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:35:33.80 ID:HDTWmy0ZO
>>137
ま じ で す か ?
140 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:38:40.44 ID:sQ7vKjfR0
リクエスト

黒の日常
園児Aの趣味
園児Bの家庭

141 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:44:53.43 ID:/Y/EadWX0
リクエスト【銭湯へ行こう】
スーパー銭湯でも可
142 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:48:27.98 ID:FoeXPWXR0
【仕事後のパパはちょっと違う】

男「今日はちょっと遅くなる。先に寝ててくれ」
幼友「んー、何? デート?」
男「仕事だ仕事」
幼友「OK。遅くなるのはしょうがない。同僚(女)さんの胸は揉みがいがあるからな」
男「でででで、デートちゃうわ、仕事仕事!!」
幼友「胸を揉むのが仕事とは」
男「どんな仕事だよ、それは」


がちゃっ、がちゃがちゃがちゃ!!

幼友「………ん……あ…起きてるつもりだったのに、寝てたか……」

がちゃがちゃっ、バタン!!

幼友「帰ってきたのかな?」
男「友っっっちゃぁぁぁぁぁぁぁんっっっっっっっっっ!! パパでしゅよ~~~~~~~~っ!!」
幼友「………」
男「あれ? 友ちゃ~~~~ん、(ヒック)もう寝てましゅか~~~?」
幼友「………おい、仕事じゃなったのか?」
男「いた~~~っ。パパでしゅよ~~~~~(ヒック)おかえり~~~~~~」
幼友「それを言うなら『ただいま』だ。OK、まずスーツを脱げ酔っ払い。シワになる」
男「仕事仕事で、仕事だったんでちゅよ~。ホントサラリーマンは地獄だぜえ~~~」(上着脱ぎながら)
幼友「よるな酔っ払い」
男「逃げる奴はサラリーマンだ~~~。逃げねぇ奴は訓練された………訓練されたなんだったっけ?(ヒック)」(ネクタイはずしながら)
幼友「ビジネスマン」
男「そうそう、ビジネスマンだ~~~」(ズボンをぽいっ)
幼友「これはもう駄目だ」
143 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:49:29.61 ID:FoeXPWXR0
【仕事後のパパはちょっと違う】の2

男「友ちゃぁぁぁぁぁぁん」
幼友「なんだ………って、うわぁぁぁ!!」
男「あいちてまちゅよ~~~~っと」
幼友「抱きつくなっ!! 酒臭いっ!! 離れろ酔っ払いっ!! (ん……? 香水のにおい?)」
男「パパはお仕事がんばってまちゅよ~(スリスリ)」
幼友「離れろって!!(ドゲシッ)」
男「ふ、いいストレートだぜ、ジョー(ヒック)……愛するパパにそんなことする娘には、こうだっ~~~!!」
幼友「わ、ちょ、ちょ、ちょ!! 押し倒すなっ!!」
男「うぃ~~~~っく」
幼友「重い重い、酒臭いっーーっ!!」
男「にへはははは~~~~~~~~」
幼友「どけって、どけどけ!!」
男「………」
幼友「おいっ!! どけってばっ!!」
男「………Zzzzzzzzzz」
幼友「寝るなぁーーーーーっ!!」

幼友「ぜーっぜーっ。やっと抜け出せれた……」
男「Zzzzzzzzzz」
幼友「の野郎。能天気に寝やがって。………布団ぐらい、かけてやるか…」
男「Zzzzzzzzzz」
幼友「あ~、右のほほ、赤くなってるな。さっきのストレートのせいか。悪いことしたかな………」
144 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:50:09.83 ID:FoeXPWXR0
【仕事後のパパはちょっと違う】の3(ラスト)

幼友「んっ……おわびっ(///」

幼友「わ、俺キメェ、めちゃキメェ。『おわび』って『おわび』って(///」

幼友「さ、さぁ。うん、スーツでも椅子にかけておいてやろう、そう、うん、シ、シワになっちゃまずいしなっ!!(///」

ゴソゴソ、パサッ

幼友「なんだこれ? 名刺?」

「Club ONE MORE KISS 『さくら』」
「今日はありがと~(ハート)連絡まってま~すxxx-xxxx-xxxx(あきらかに急いで書いた手書き)」

幼友「………」

翌朝

男「ったまいて~~~~。おあよー。今日休みでよかった~~~」
幼友「……」
男「なぁ、友? 俺何かしたか? あちこち痛いんだけど?」
幼友「酔ってたからな」
男「喧嘩でもしたかな? なんかあきらかに殴られ蹴られたあとっぽいんだけど………」
145 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:55:44.35 ID:kuHua22pO
>>144
ちょっwwオヤジwww
146 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 20:58:03.25 ID:sQ7vKjfR0
オヤジバロスwwwwwww
147 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 21:01:07.37 ID:3N59ilQ0O
>>144
何やってんだ父wwww
150 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 21:12:45.92 ID:1BZ7RlK5O
激しくGJ!
ガルネリウスとか黒ちゃん趣味濃いなww
151 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 21:13:34.70 ID:HDTWmy0ZO
あと、
>>144
ちょwwwwwwww親父ぃいいいいいwwwwwwwwwwwwwwww
153 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 21:18:19.00 ID:FoeXPWXR0
【仕事後のパパはちょっと違う】の後日談

幼友「昨日の仕事は大変だったみたいだな」
男「ん? おー大変大変、あのバカ部長が調子に乗って…」
幼友「……やっぱり、お前の仕事は胸を揉む仕事だったんだな。友、ちょっとショック」
男「はぁ?」

つ名刺

男「!!!」
幼友「……」
男「いやっ、これはそのっ!!」
幼友「……」
男「接待でっ、流れ流れた3次会のキャバクラでっ!! 俺はいきたくなかったんだが、取引先の部長がどうしてもってっ!!」
幼友「胸を揉んだ、と」
男「揉んでねーしっ!! 揉んでたの部長だしっ!!」
幼友「で、部長の胸を揉んだ、と」
男「揉まねーーーーっ!!」
幼友「じゃあ、さくらちゃんのか」
男「揉んでねぇって」
幼友「……」
男「…」
幼友「……」
男「…ごめんなさい、1回だけ揉みました。」
幼友「……」
男「誓ってそれ以上はしておりません」
幼友「娘が一人寂しくパパを待って枕を涙で濡らしてのを知っていながら、1回だけ胸を揉んでいた、と」
男「やわらかかったです」
幼友「報告すんなっ!!(ドカッ)」
155 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 21:21:22.97 ID:GWvUF2tb0
だんだん男が野原ひろしに見えてきた
157 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 21:31:35.58 ID:WDgTz/8AO
うぉお今尾居着いた
書き手さんも描き手さんも禿GJ

>>153
で、
幼友『やっぱりパパは乳でかい女の方が好きなのかなぁ…(胸に手ぇ当てつつ)J'A`J』
てなるわけですね?(*´д`)ハァハァ
158 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 21:36:58.63 ID:1qEMWv+S0
>>153GJ!

ニヤ(・∀・)ニヤが止まらない!
164 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 22:10:56.22 ID:8hHNsT3E0
3スレ目にして、初めてこのスレを発見。
1スレ目を読み終えたとき
なにこの、萌えだけど心が温かくなるストーリー?
書き手さん、絵師さんGJなんだぜ。

そして今から前スレ読んでくる。
167 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 22:28:53.33 ID:tVSpKM89O
男「保育園で詩をかいた?」
幼友「詩ってか、もうみんな手紙みたいになってたけどなw」
男「見せましょう。」
幼友「いやだ」
男「あ!!いまブリキュア再放送やってる!!」
幼友「マジか!!(テレビにダッシュ」
男「GET~♪」

題:ひまわり
君は僕にとって、ひまわりのような存在だ。
僕の生きる道を明るく照らし、鮮やかな色で彩ってくれる。
もしも、君が寂しくなったり、悲しくなったら、僕が君を照らすひまわりになりたい。そんなことしか僕には出来ないけれど、それが最良であると願って。

パパへ(クレヨンでぐしゃぐしゃにしてある)

幼友「やってねーよ…ってなんで涙目?」
168 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 22:31:15.07 ID:HDTWmy0ZO
>>167
(´;ω;`)……パパン

やっぱ好きだわ、このスレ
171 名前: 黒リボンの日常 投稿日: 2006/10/17(火) 22:52:26.50 ID:HDTWmy0ZO
黒「朝か…眠い…いやいや、若い者が眠いなどとッ(ウツラウツラ…)」
朝4時 二度寝

黒「いかんな…少しだけ寝ていっ…た……!?」
朝7時 起床

黒父「おはよう」
黒「おはようございます、お父様」
黒父「今日は、私が作ったから食べて行きなさい」
黒「食べる時間があるなら株式などの情報を…」
黒父「子供なんだから、ちゃんと食べなさい」
黒「はぁ……はい」
朝7時と30分 朝飯

幼女「おっす」
園児A「おはよー」
黒「あぁ、おはよう」
朝9時 入園
172 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 23:00:19.43 ID:9rfs14Z1O
男「友、そろそろ寝ろよ。」
幼友「まだ11時じゃねーか。」
男「自分が幼児だってこと忘れるなよ。明日キツくてもしらねーぞ。」
幼友「大丈夫だって。まだまだ夜は長いぜー!」

(次の日)

男「おい、友!起きろ!保育園行くぞ!仕事遅れちまうよ!!」
幼友「うぅ‥‥あと5分‥‥」

保守
174 名前: 黒リボンの日常 投稿日: 2006/10/17(火) 23:09:40.23 ID:HDTWmy0ZO
>>171
保母「今日は、好きな人への手紙を書きましょう」
黒「(好きな人への手紙か……聞いてみるか?)」
黒「Aちゃんは、誰に書くの?」
園児A「お姉ちゃんとお母さん」
黒「(Aちゃんと言えば、Aちゃんだな)」
黒「君は、誰に書くんだ?(小声で)」
幼友「あん? そりゃあ…………ボッ(赤面)」
黒「(照れる程の相手なのか…?)」
園児A「黒ちゃんは、誰に書くのー?」
幼友「そうだ、誰に書くんだ?」
黒「それよりも、幼友ちゃんの…背後に……(表情を暗くしながら)」
園児A「……?
幼友「(ビクッ)」
黒「やっぱり、何でも(ry」
幼友「なぁ…後ろに何が………」
黒「あぁ…背後にね…背後にね…あ、やっぱり…何でも無い(目を背けながら)」
幼友「な、なんだよ、なんなんだよ…うわぁああああんんんん」
園児D「せんせー、幼友ちゃんが脱走しました」
11時 幼友 脱走
手紙完成
176 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 23:27:11.09 ID:HDTWmy0ZO
>>174
黒「今日のは、タコさんウィンナーとウサギリンゴ入りか…(憎き相手でも飯は、上手い…ウサギリンゴは、最後に最後に…」
幼友「あ、ウサギ貰い(パクッ」
黒「父から聞いた話なのだが(ニコッ」
幼友「……?」
園児D「せんせー、幼友ちゃんが失神しています」
昼12時
都市伝説を幼友に聞かせる(役者顔負けの演技付き)
幼友「弁当のオカズの一つぐらいで怒らなくても……(ガクブル」
黒「君が漏らすまで聞かせるぞ?」
幼友「いや、ほんと…お腹いっぱいですから!!つか、勝手に食べてすんません((((;゚д゚)))」
黒「…分かれば、良い(何故だ? 食べ物の一つぐらいなのに…」
昼2時 胸にひっかかる疑問を感じながら昼寝

178 名前: 黒リボンの日常 投稿日: 2006/10/17(火) 23:41:46.77 ID:HDTWmy0ZO
男「おーい、友ー」
幼友「パパー(飛び付く)」
保母「幼友ちゃんは、本当にパパが好きなんだねー」
幼友「うん、好き」
男「まったく、甘えんぼうだな」
黒「………(何故だろうか…羨ましい…)」
保母「ばいばーい」
幼友「また明日ー」
男「(ペコリ)」
黒「……(甘えてみたいな……)」
保母「それじゃあ、送っていくね」
黒「はい…(…何を考えているのだ…)」
夜6時 帰宅

黒「あぁ…それについての事ですが…」
黒「はい、分かりました、お父様(ピッ)」
黒「一人で寝てくれ…か……(手紙を見ながら」
黒「………馬鹿らしい(半分に破って捨てる)」
夜8時 父親との会話終了
180 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 23:49:42.80 ID:HDTWmy0ZO
深夜の二時

黒父「ただいま」
ゆっくりと床を踏み鳴らしながら娘の部屋に
黒父「やっぱり、寝ているようだな…」
部屋から出ようとした時
セロハンテープで張り付けられた 手紙が落ちているのが目に映る
黒父「…手紙?」
広い上げた 手紙の中身を見る
「お疲れ様、これからも長生きして下さい」
黒父「……さて、明日の朝ご飯は、黒の好きな食べ物にするか…」

今日もまた、夜が過ぎていくのだった
181 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 23:51:30.68 ID:HDTWmy0ZO
何か…うん……
すいませんでしたぁあああああああああ……orz

文才無いよ…文才…orz

新スレで痛い行動をしまくった……
182 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2006/10/17(火) 23:53:50.95 ID:cpDYABqy0
【れっつ! からおけ!】

幼友「なぁ、久しぶりにカラオケ行きたいんだけど」
男「カラオケか~、いいな。行こうぜ」


幼友「一万年と二千年前から愛してる~」
男「なんでその歌知ってるんだよw」
幼女「同僚(女)の家で見た。というかお前こそなんで知ってるんだよ」
男「う゛・・・(VIPで知ったとか言えないしな・・・)ど、同僚(女)が聞いてたんだよ」
幼友「ふーん」
ピッピ
幼友「ガガガッ!ガガガッ!ガ○ガイガー!」
男「すすす!すすす!水銀燈!」
幼友「え?」
男「あ」




途中まで書いたヤツが消えた。むしゃくしゃして書いた。今は反省してる。
183 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/17(火) 23:55:12.95 ID:FoeXPWXR0
>>181
そんなことない。GJ!!

>>140
リクエスト【園児Aの趣味】とはちょっと違うけど、Aちゃん支援な話。

【友情の証】

園児A「はーい、お着替えしましょうねー…」
幼友「……(さすがに人形遊びはちょっとキツイなー)」
園児A「友ちゃん?」
幼友「ん? なに、Aちゃん?」
園児A「あのね、Aのモガちゃんがね、友ちゃんが持ってるモガちゃんとお友達になりたいって」
幼友「ん…」
園児A「今度は友ちゃんのモガちゃんとも遊ぼうねっ」
幼友「……Aちゃん、友、モガちゃん持ってないんだ」
園児A「え? そうなのっ?」
幼友「うん」
園児A「ごめん…」
幼友「ううん(そういや、組の女の子達は大体持ってるって話してたな…気をつかわせちゃったかな?)」
186 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 00:02:12.49 ID:6d7gdPRG0
【友情の証】の2

しばらく遊んだ後

幼友「じゃ、友、帰るね」
園児A「うん……あ、ちょっと待って、友ちゃん………………これ、あげる」
幼友「え? それAちゃんのモガちゃんでしょ?」
園児A「うん、友ちゃんにあげるっ」
幼友「でも、悪いよ」
園児A「Aはいっぱいモガちゃん持ってるから…」
幼友「(そんなに数ないくせに……しかしモガちゃん人形なんて持って帰ったらアイツに大笑いされそうだな…)」
園児A「友ちゃん?」
幼友「(うわー、目がウルウルしてるよ。断われねー) ありがとう、Aちゃん。大切にするね」
園児A「うんっ。その子は元気でがんばり屋さんだから、友ちゃんと仲良くなれるよっ!!」

帰宅

幼友「『元気でがんばり屋さん』、か……」
男「ただいまー。……って、またキャラに合わんものを眺めてるな、おい(ニヤニヤ)」
幼友「うるさいっ!! (ボカッ)」
男「いてっ。なんだよ急に」
幼友「精一杯の友情の証を笑うなっ!!」
189 名前: 187書き直し 投稿日: 2006/10/18(水) 00:16:46.64 ID:1hUdKjEEO
園児α「女子とばっかり遊んでおまえホントは女なんじゃねーの?w」
園児B「ち、ちがう!」
幼友「おい、またお前か!」
園児α「げっ、友!だ、だっておまえらいつもいっしょにいるじゃん。そんなの変だろ。(タジタジ」
園児A(そっか、αくんは…)
幼友「俺達は好きで一緒にいるんだ。何か文句あるか?」
園児B「えっ、好き?///」
「ふん、勝手にしろっ!」
タッタッタ…

幼友「B、大丈夫か?」
園児B「あ、ああ。あのさ、友…」
幼友「心配すんなって。俺達ずっと友達だぜ!」
園児B「え”っ、ともっ…」
191 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 00:30:54.08 ID:6d7gdPRG0
【友情の証】後日談

同僚(女)「あら? モガちゃん?」
幼友「うん、もらったの」
同僚(女)「懐かしいわー。私も昔持ってたのよ、モガちゃん。…やっぱりモガちゃんってスタイルいいわよねー、すらっとしてて。うらやましいわ」
幼友「(………お姉ちゃんのほうが羨ましい。主に胸……)」
同僚(女)「モガちゃんに比べたら私なんか全然デブよねー」
幼友「(そこだけ発達してるのはデブ言わない)」
同僚(女)「いいわよねー、ホントに。どんな服も似合うんだろうなー。今着てる服も可愛いけど…………友ちゃん、他に服はないの?」
幼友「そんだけだよ」
同僚(女)「…………」
幼友「(あ、やばい)」
同僚(女)「任せて、友ちゃんっ!! お姉ちゃんが他の子のモガちゃんに負けないカワイー奴をいっぱいね持ってきたげるっ!!」
幼友「う、うん…」

数日後

同僚(女)「どうっ!? 友ちゃんこのモガちゃんっ!!」
幼友「う、うん。可愛いね……(ネコ耳しっぽ付ゴスロリメイド眼鏡っ子モガちゃんって、どんな世界のモガちゃんだよ…)」
同僚(女)「でしょ、いいでしょ? うふふふ、そこでっ!!」(ドサッ)
幼友「(何この紙袋…いやな予感がしてきた…)」

同僚(女)「じゃん!! モガちゃんとペアルック!!」
幼友「!!!!!」
193 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 00:41:57.68 ID:S3rRjInaO
幼友「今までありがとう」 
男「気にすんなよ」
幼友「あっもう・・・」
男「そうか・・・」
幼友「人間には限られた時間というものがある。限られた時間以外は存在しない、いや存在してはならないんだ」
幼友「俺自身が死ぬわけじゃないんだ。俺の記憶が死ぬだけなんだ・・・だから・・・泣かないで」
男「友よ~><」
幼友「・・・お父さん私どうしたの?何で泣いてるの?」  



男「お前がA姉から借りてきた本なんかリアル過ぎて怖くなってきた」
幼友「た・・・たしかに」
男、幼友「音読なんてやめときゃよかった」

追記、本の題名「転生」 


勢いで書いてしまった・・・俺下手すぎ・・・吊ってくる
196 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2006/10/18(水) 00:52:48.66 ID:TTmGt6Ov0
同僚B「男さん」
男「ん
197 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 00:54:13.38 ID:TTmGt6Ov0
やべ、書いてる最中に書き込んでしまった……。
198 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 00:54:40.47 ID:M6BR4oFR0
>>197
兄貴イイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ
199 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 00:56:26.78 ID:V+OKmp/7O
兄貴きたああ嗚呼!!!!
200 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 00:57:30.38 ID:1hUdKjEEO
兄貴キタ―――!
寝ようと思ったのに!
  
添付ファイル