※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

201 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 01:00:24.35 ID:TTmGt6Ov0
同僚B「男さん」
男「ん?」

同僚B「ちょっといいすか?」
男「悪い。 今、手ぇ離せないから……」

同僚B「いや、来てもらわないと困るんすけど」
男「んー? とりあえず用件だけ言ってくれ」



同僚B「娘さんが来てるんすけど……」



男「ふーん、わかった。 待たせといて――――って、ハァ!? 」
202 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 01:08:58.49 ID:TTmGt6Ov0
男「…………」



同僚C「わ~! ちっちゃくてカワイ~」

幼友「あの、その……」



同僚D「うわ、ほっぺたプニプニ!」

同僚E「あ、ずるい! 私も触りたいのにい!」

幼友「いや、ちょっと///」

同僚A「一人で来たの? よお~しよしよしエライネエ~」




男「何やってんだお前……」

幼友「ぱ、パパッ!」

204 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 01:21:07.38 ID:TTmGt6Ov0
同僚E「この子って、男さんのお子さんなんですかあ?」

男「あ、うん」

同僚C「へ~、娘さん居たんだ」



男「悪いけど、ちょっと娘と話があるから、どっか空いてる部屋ないかな?」

同僚E「今、会議室空いてるはずですよお」

男「ありがとう。 友、ちょっとおいで」

幼友「はーい」



男「で、保育園サボって何やってんだお前」

幼友「ほっほーう。 用件聞く前にそういう事言っちゃうのか」

男「何の用事で来た? 」

幼友「ファファファ、この封筒に見覚えはないかねワトソン君」


男「…………アッーーーーーーー!!!111111111」

幼友「ったく、俺のバッグに書類入れてどーすんだよアホ!」
208 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 01:36:38.60 ID:TTmGt6Ov0
男「わ、わりーわりー!」

幼友「普通にビックリしたっつうの。 二日酔いだからって、入れるバッグ間違えんのは無いだろ。 常識的に考えて」

男「ほんっと悪い! 助かったぁ……」

幼友「さくらちゃんの乳にうつつ抜かしてっから、こういう事になんだよ」

男「昨日は行ってねーし! それ以前にあれっきりだし! 」

幼友「ほんとかあw?」

男「バカお前、自腹でキャバ行く金なんてねえっつうの」

幼友「知ってるからw」



幼友「ん……自腹じゃなきゃ行くのか?」

男「自腹じゃなきゃ、って?」

幼友「誰かの奢りとか、経費で落せる時とか」

男「…………」


男「いや、それでも行かないな」

幼友「オイなんだ今の間はw」
210 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 01:47:16.37 ID:TTmGt6Ov0
男「間なんてねーし」
幼友「いやいやいや数秒ほど沈黙したろお前」

男「シャチョサン、ナ二イテルカワカラナイヨー」
幼友「急に国籍変えんじゃねーw」


男「しかしホント助かったわ、ありがとな」

幼友「気をつけろよマジで。 おっぱい星人になってる場合じゃねーぞ」

男「なってねえよw」

幼友「何カップ位あったよ」

男「…………C、かな」

幼友「ほうw」

男「なんでお前が嬉しそうな顔してんだよ」

幼友「してねーよ」

男「そうか?」


幼友「(Cか、打倒不可能では無いな)」


幼友「(…………ん? 勝ってどうすんだよ俺は)」
212 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 01:54:22.59 ID:1hUdKjEEO
GJ!
って勝てるのか!?
213 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 01:58:54.72 ID:H0a94Y230
>>212
最終奥義
ず っ と 成 長 期
214 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 01:58:58.18 ID:sJq7XleC0
>>212
IとかZみたいな化け物じゃなければおそらくは。
217 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 02:05:50.22 ID:TTmGt6Ov0
男「そういえば、お前さあ」

幼友「まだツルペタだぞ」

男「いや、そっちの『そういえば』じゃなくて。 一人で来たのか? つーか保育園はどうしたんだ」

幼友「いや、友達んチの車で来た。 保育園は仮病使って抜け出してきた」

男「あ? 仮病?」

幼友「早退だよ早退。 素直に事情話したって、ガキ一人で来させてくれるわけねーだろ?」

男「まあ、そうだな。 小学生くらいならともかく」

幼友「だろ」


男「……友達んちの車?」

幼友「俺が運転してきたわけじゃねーぞw」

男「そりゃそうだw」

幼友「ほら、黒ちゃんって居たろ」

男「あー。あの大人しそうなコか」

幼友「そうそう。 あのコのお父さんが、ココに用事有ったらしくてさ。 ついでに乗せてもらったんだよ」
 
219 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 02:20:59.31 ID:TTmGt6Ov0
男「用事? 」
幼友「仕事だってさ。 しかしすげーよな。 運転手に秘書付きの黒塗りだったぜ」
男「……何もんだよ」
幼友「ま、俺ら庶民とは次元の違うアッパークラスなんだろ、きっと」

男「見てろよ、いつか俺だっt」



幼友「はいはい見果てぬ夢見果てぬ夢」



男「ちょっw夢くらい言わせろよw」
幼友「まあ……言うだけならタダだしなあ……」

男「とりあえず城だな。 金持ちになって城を買う」
幼友「あw? 戦争でもすんのか」

男「ほら、そしたらお前、姫っぽいじゃん?」
幼友「姫になってどうすんだよw」

男「……あれ、女の子ってそういうの夢なんじゃねーの?」

幼友「他はどうかしらんが、俺の前世は健全で才気溢れる好青年だぞw」
男「修飾しすぎw」


幼友「(自分の夢だっつーのに、結局、娘の事かよ…………根っからのパパだなー)」
222 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 02:40:56.61 ID:TTmGt6Ov0
男「で、どうすんだ? この後」
幼友「そうだな、お前の仕事ぶりを丸一日見てんのもいいかなw」
男「何だその逆授業参観はw」

幼友「冗談だよ。 ガキ連れて仕事なんかできねーだろ?」
男「俺は、別にいいけどな」
幼友「お前ほんと親馬鹿になって来たなw周りの迷惑を考えろ社会人w」


幼友「つーわけで、俺は帰るぞ」
男「帰りは? 」
幼友「歩き。 まー散歩だと思えば」


男「んな事だろうと思ったよ。 ほれ」
幼友「……え?」
男「駄賃だよ駄賃。  こんだけありゃ、家のすぐ近くまでバスで帰れるだろ。 ついでに菓子でも買えるべ」
幼友「いいってばwお前だって、今月は小遣い厳しいんだろw」
224 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 02:50:51.88 ID:TTmGt6Ov0
男「子供が気ぃ回すな。 つーか、歩きだと途中で何かあったら心配だしな」
幼友「何にもねえよw」
男「良いから。 な?」

幼友「……ありがと」
男「よし、素直で良い子だw」

幼友「…………頭撫でるのやめいw」
男「いいだろ、子供なんだから」
幼友「……しゃあねーなあ」


男「お、すげえ。 サラサラ」
幼友「…………」

男「髪ほっそいなー」
幼友「…………」

男「頭も小さいんだな」
幼友「…………」




幼友「お前はいつまで撫でてんだよっ///」
男「お、悪い悪い。 つい」

226 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 03:04:59.01 ID:TTmGt6Ov0
同僚E「男さーん、部長が呼んでますよお」
男「あ、今行く」


幼友「じゃ、頑張れよ」
男「おう」


男「友」
幼友「ん?」

男「今日はありがとな」
幼友「気にすんなって」

男「帰り、気をつけるんだぞ」
幼友「だーかーら、だいじょーぶだって」
男「何か有ったらすぐに連絡しろよ」
幼友「わかったわかったwつーか、お前は心配しすぎだw」

男「そりゃそうだろ」
幼友「まだ、ガキだからか?」
男「それもそうだけどな」

幼友「他に何があんだよw」
228 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 03:15:51.57 ID:TTmGt6Ov0
男「なんつーかさ、お前が大きくなっても、きっと俺はこんな風に心配すると思う。 親ってのはそういうもんだ」
幼友「…………そういうもんか」
男「ああ、多分、こういうもんだ」


幼友「小学校に入っても? 」
男「うん」


幼友「中学に入っても? 」
男「うん。 高校に入っても」


幼友「卒業しても? 」
男「その後、大学に入ったり就職したり、一人暮らし始めても」



幼友「仮にだぞ?」
男「ん?」


幼友「……誰かと、結婚しても?」


男「そりゃお前、心配どころか、俺、絶対泣くだろうなw」
幼友「絶対かよw」

男「おう、だってさ」
231 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 03:25:12.04 ID:TTmGt6Ov0
男「今、イメージしてみただけで、泣きそうになったからなw」
幼友「おいおいw」

男「今でコレなんだから、怒るわ泣くわ腑抜けるわで大変な事になるかもしれんw」

幼友「ま、安心しろよ。 早くたって、あと十何年も先の話だからな」

男「…………」
幼友「男?」
男「…………」
幼友「おい、どうし――――え?」




男「やべ、ほんとに涙出てきやがった」



幼友「…………っ!!」



男「ははっ、泣くとか、俺きめーなw」



234 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 03:44:52.41 ID:TTmGt6Ov0
幼友「ば、馬鹿じゃねーのw」
男「やべえな俺w」

男「いやほんと自分でも引くわwティッシュくれw」
幼友「………へ?」
男「だから、ティッシュ」
幼友「あ、うん。 はい」
男「サンキュ」

幼友「えっと、……あー、それじゃ俺、帰るから!」
男「おう」

幼友「んじゃなっ!」
男「走ると転ぶぞー」



235 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 03:50:43.27 ID:TTmGt6Ov0
バス車内アナウンス「整理券をお取りください」



幼友「(ああもう!)」

幼友「(何なんだよくそ!)」

幼友「(いい年こいて、いきなり泣いてんじゃねえよ! 情けねえ奴!)」

幼友「(あいつが泣いた所なんて、生まれ変わってから初めて見たっつうの!)」



幼友「(……なんで顔がこんな熱いんだよ!?)」


幼友「(心臓バクバクいってるし!!111)」


幼友「(胸が痛いし!!!1111111)」




幼友「(何なんだよこの妙な感覚は!!!??)」
236 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 03:57:23.40 ID:TTmGt6Ov0
幼友「(あ、そっか)」




幼友「(俺)」






幼友「(キュンときt)」







幼友「(無い無い無い絶対無い! ビックリしただけうん絶対そうだそうに決まってんだよボケ!!111)」








バス運転手「お嬢ちゃん、乗るなら整理券取って座ってくれないかな」
237 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 04:13:37.62 ID:TTmGt6Ov0
黒リボン父「この後の予定は?」
秘書「一時間後に、先生方との食事会が」
黒リボン父「わかった」


男「あの、すみません!」

秘書「?」

男「ウチの友が、こちらまで送って頂いた様で!」

黒リボン父「ああ、いえいえ。 私もこちらに用があったものですから、お気になさらずに」

男「私の不注意でご迷惑を……」

黒リボン父「それこそお気になさらないで下さい。 友ちゃんから聞きましたがね、私もよくやるんですよ、忘れ物は」

男「え?」

黒リボン父「幸い、娘や秘書のフォローのお陰でポカはしてませんがね。 これで独り身の一人なら、どうなる事やら」

男「そ、そうなんですか」

黒リボン父「ええ、恥ずかしながら。 それにしても、いい娘さんをお持ちで」

男「何か、失礼はしていませんでしたか?」

黒リボン父「失礼なんてとんでもない。 今時珍しいくらいに礼儀正しいお子さんでしたよ」

238 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 04:30:15.85 ID:TTmGt6Ov0
黒リボン父「幼稚園児とは思えないくらいでしたよ。 親御さんの教育の賜物ですね」
男「恐縮です……(中身は20代だもんな。 そこら辺の心配は要らなかったか?)」

黒リボン父「一部の先生や父兄の間じゃ、天才あるいは神童なんて評されているそうですし」
男「そ、そうなんですか(目立ってるじゃんあいつ……」)

黒リボン父「道理で、ウチの黒が気に入るわけです」

男「娘さんが、ウチの友を?」
黒リボン父「ええ、父親の私が言うのもなんですが、娘は掛け値無しの天才で。
しかし、その手の人種にありがちなのか、なかなか友達が出来なかっのですよ。
それが、お宅の友ちゃんと出会ってからというもの……………」

秘書「社長、お時間の方が。 車も待たせたままですし」

黒リボン父「そうか。……それでは、また、近いうちにお食事でも」
男「はい。 ほんとうに今日はありがとうございました」
黒リボン父「いえいえ、こちらこそ、ウチの黒をよろしく。 それでは、また」




239 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 04:50:40.98 ID:TTmGt6Ov0
秘書「あの方が、先ほどの子供の? 」
黒リボン父「ああ」

秘書「失礼ながら」
黒リボン父「なんだ」
秘書「凡庸、でしたね」
黒リボン父「まだ若い。 そう決め付けるのは早計というものだ」


秘書「さらに失礼を承知で言わせていただくなら」
黒リボン父「なんだ、今度は」


秘書「あの子供はお嬢様に匹敵するほど優秀かもしれませんが、社長と先ほどの方とでは……」
黒リボン父「何が言いたい?」
秘書「はっきり申し上げるならば、配偶者のランクが釣り合っておりません」
黒リボン父「で? 」

秘書「低レベルな人種との付き合いは、次期後継者候補たるお嬢様に、悪影響を及ぼしかねないのでは、と」
黒リボン父「なら、どうする」

秘書「あの保育園を解約させるべきでしょう。 家政婦と家庭教師を雇えば、教育と保護の両面でカバー出来r」

黒リボン父「黙りたまえ」

秘書「……?」

黒リボン父「君も、子供を持てばわかる。 十分だの確実だのという言葉は、こと育児に関して、あてにならんものなのだよ」
240 名前: ◆kKKV6qIxhg 投稿日: 2006/10/18(水) 04:53:51.83 ID:TTmGt6Ov0
また新キャラがちょろっとでた所で、糸冬です。

>>1さんをはじめ皆様に、乙とthxとおやすみなさいを。
241 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 04:55:58.87 ID:M6BR4oFR0
>>240
乙でした!
243 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 04:58:41.62 ID:3anl6c8uO
>>240
乙カレー
244 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 05:00:48.20 ID:5ETFHcD90
>>240
お疲れ様でした
いかん、このまえこのすれをちらりと見ただけだがはまるな…これはwwwwww
247 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 06:01:42.58 ID:3aABd3n4O
兄貴来てた━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
兄貴God Job!!!!
250 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 07:10:11.59 ID:1hUdKjEEO
今起きた。



感動した!
257 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 09:11:43.88 ID:aHQe4/CsO
心が…心があったけえよぉ
262 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 10:31:37.53 ID:uHjvnll8O
このまま行くとやっぱり嫁友ルートなのか?
女同僚ママとのほのぼの家族っぷりも見たいが両方成立させるには
死別→再婚ルートしか無いのか…('A`)
263 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 10:35:36.68 ID:Sdj3Y8YHO
そこで保母フラグを立てたい俺が登場ですよ
264 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 10:54:25.07 ID:UJAnN1gbO
園児Aが良いと思う
俺は、異端
265 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 10:55:16.95 ID:1hUdKjEEO
普通に同僚ルートだと考えてた保守
267 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2006/10/18(水) 11:39:31.34 ID:swLYa0WG0
同僚ルートだろうと考えていたが、結婚式で友が泣くのを考えると何とも言えぬ。保守。
298 名前: 投稿日: 2006/10/18(水) 17:56:54.30 ID:KIAhycHjO
男「で、黒ちゃんをつれてきたと。」

幼友「しかたないだろ、今日は家に親がいないんだから。それともなにか、この寒空のした幼女を…」

男「わーってるって。んじゃとまってもいいよ。」

ガチャ

幼友「いいってよw」

黒「申し訳ありません。お邪魔します。」

男「あ、あぁ…こちらこそこんな狭苦しい所で申し訳ないです。」

幼友(なにキョドってんだよww)

男(うっせーwwwwwww)

男「それじゃあ夕飯の材料を買ってくるから、二人で遊んでてな。」

幼友「はーいw」
黒「わかりました。お手数をかけます。」
299 名前: 投稿日: 2006/10/18(水) 17:58:07.34 ID:KIAhycHjO
幼友「ごめんな、狭くてさ」

黒「いや、泊まりたいと言ったのは私だ。それに…自分でもよくわからないが、安心する。」

幼友「そうかw?まぁ、確かにな。この体に黒の家は大きすぎるよな。」

黒「たまに…恥ずかしいが、意味もなく不安になるんだ。広い所には慣れていたつもりだったんだが」

幼友「今は今、昔は昔だwオヤジに言ってみたらどうだ?」

黒「そうだな…検討しておこう。」

幼友「そうしろそうしろw」
300 名前: 投稿日: 2006/10/18(水) 18:00:30.41 ID:KIAhycHjO
幼友「あいつおせーなぁ(ブリキュアを見てる)」

黒「そうだな…(ブリキュアに集中)」


黒「そう言えば…料理は誰が?」

幼友「…わすれてた……。黒いつも良いもん食ってるんだよなぁ…。」

黒「あ、いや、私は構わないんだ。ただ…君の父は料理を作れるのか?」

幼友「俺も手伝うから。こう見えても朝ご飯毎日作ってるんだからw」

黒「まるで主婦だな。」

幼友「主婦じゃねー!!」

黒「まぁいいw。私も料理を手伝おう。」

幼友「できるの?」

黒「心配するな、いろいろなシェフに技術を教わっているw」
301 名前: 投稿日: 2006/10/18(水) 18:02:07.21 ID:KIAhycHjO
男「まさか今日の夕飯にカルボナーラが並ぶとは思わなかった…」

黒「お口に合いましたでしょうか。」

男「もう最高に美味しかった!!いい主婦になれるよ!!」

黒「あ、ありがとうございます…///」

幼友「よし、パパ。ここは女の子だけの空間にするから。」

男「わかったよ。んじゃリビングでねてるから、なんかあったら言えなw」

幼友「了解!お休み、パパw」

黒「お休みなさい。」

幼友「すまんな、結局夕飯作らせちゃってさ」

黒「なに、泊めてもらってるんだ。これくらいはやるさ。」


黒「それにしても…良いものだな。この生活も。」

幼友「良い主婦になれるって言われたのが嬉しかったかw?」

黒「そうではない!!いや…そうか。安心するのは昔は私もこんな生活だったなぁと。」
302 名前: 投稿日: 2006/10/18(水) 18:04:58.51 ID:KIAhycHjO
幼友「へぇ…そういうもんか?」

黒「そういうものだ。」

後日
黒「…今日も仕事か。」

黒「…少し驚かせてみようか。」


黒父「ただいま。はぁ…。黒は…寝て…いない!?どこだ!!黒!!」

すーすー

黒父「黒…私のベッドに?」

黒父「そうか…もう夜遅いし、私も寝るかw」

その夜は広いけど狭い、寒くても暖かい夜でした。
305 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 18:19:26.80 ID:bDqotpLvO
心があったまるなあ…

童貞だけど
307 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 18:27:01.85 ID:S3rRjInaO
>>298-302

GJ! 
心が温まる話をありがとう!
309 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 18:49:39.43 ID:UJAnN1gbO
キャハハ 童貞が許されるのは、小学生までだよねー保守

童貞に優しいスレでつね
316 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 19:25:33.77 ID:KIAhycHjO
同僚「あ…友ちゃん忘れ物。幼稚園バッグじゃないw」

○×幼稚園 ほし組 友

同僚「友ちゃんほし組~♪」
ごそごそ

同僚「あ、作文だぁ~wなになに、将来の夢…」

将来の夢
私の将来の夢は、パパのお嫁さんになることです。でも、このことは今は言わないし、これもみせません。もっと大人になって、まだ独り身だったらそっと言うつもりです。

同僚「…。う~ん…ライバル?でもリアルよね…これ。男さんには…見せなくて良いかw」

同僚「はい、友ちゃん。忘れ物!」

幼友「ありがとうお姉ちゃん!」

同僚「ねぇ、友ちゃん。私…負けないから。」

幼友「負けない?なにが…(はっ)。よくわかんないよ?」

同僚「あははwわからなくていいのよwまた遊びに来てね?じゃあね~」

幼友「うん!またね~。ボソ…(俺も負ける気は無い…から。)」


幼友「あ、保守保守」
318 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 19:45:24.14 ID:iVZKLgSZ0
保母「今日は折り紙で色んなものを作ってみましょうねー」
園児's「はーい!」
幼女「はーい(折り紙か…懐かしいな)」

10分後

幼友「うーん…鶴とか折り方忘れてるな」
黒「初めに三角に折ってだな」
幼友「お。さすが黒ちゃん」
黒「鶴くらいなら、なんとか覚えている。だが、カエルや風船などは忘れてしまったな」
園児A「えっとね、カエルさんは…(てきぱき)…こうだよー」
幼友「おおっ、Aちゃんすごい」
黒「早い上に丁寧…これはもう特技だな」
園児A「えへへー」
黒「紙風船の作り方を教えて欲しいのだが…」
園児A「うん、いいよ!」
園児B「(あの2人が誰かに教えてもらってるのって、珍しいかも…Aちゃんも嬉しそう)」
319 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 19:46:52.46 ID:iVZKLgSZ0
>>318の続き

園児α「ね…ねえ、僕たちにも教えてよ」
幼友「ん? あー…先生は他の子たちに囲まれちゃってるもんな」
園児γ「うん、そうなんだ。先生の手元、見えなくって」
園児ε「だめ…かな?」
園児A「そんなことないよ、一緒にやろっ!」
黒「(Aちゃんは本当に良い子なのだな…)」
幼友「(連中も仲良くなるキッカケが欲しかっただけなのかもな)それではAちゃん先生、お願いします」
園児A「うん。じゃあ、ハトさんからね。まず三角に折って、広げるの」

園児B「よし、できた!」
幼友「お。B、紙飛行機作ったのか。ちょっと待ってろ、俺もすぐ作る。どっちが良く飛ぶか競争だ!」
黒「ふふふ。この私に敵うと思うかね?」
園児A「あ、私もやるー!」
園児's「僕も!」「私もー!」「俺漏れもー!」
320 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 19:48:04.02 ID:iVZKLgSZ0
>>319の続き。ラスト

保母「ああああ…お庭が紙飛行機で一杯だわ。これ、集めるの大変かも…」
幼友「(あー…確かに、こりゃやりすぎたかもな)」
黒「(どうするつもりだ?)」
幼友「(散らかした人が片付けるのが筋だろ)」

幼友「よーし、今度は庭に落ちてる紙飛行機、誰が一番多く集めるか競争だー!」
園児's「おーーーーっ!」
幼友「(まあ、ざっとこんなもんだ)」
黒「(子供の競争心を煽ったか。うまいな)では、私たちも行くか」
幼友「おう」
321 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 19:54:10.61 ID:FDVDMoRY0
保守

何か幸せだwww書いてくれている神様に感謝
323 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 20:05:33.93 ID:KIAhycHjO
幼友「みんな、保守してくれてありがとな~w」


幼友「ん?話し方が男みたい、園児っぽくない?」

幼友「え~、よくわかんないよ~。聞いて聞いて、パパが帰るの遅いんだよ!!」

幼友「友お腹減ったのに…。パパのおばかさんなんだから。」


幼友「え?保守すればお腹いっぱいになる?」


幼友「保守!!」


幼友「ならないよぉ(涙」
324 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 20:13:31.51 ID:1hUdKjEEO
>>323モエスw
325 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 20:23:34.37 ID:iVZKLgSZ0
保母「あら? 折り紙に何か書いてあるわ…」

  『保守』

保母「??」
329 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 20:48:51.28 ID:1hUdKjEEO
?A「わたしたちってプリキャラなの?ブリキュアなの?」

?B「ぶっちゃけわからない!」


保守
330 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 20:53:44.29 ID:04kqmZej0
幼友「あっ・・・」
男「ペロ、クチャクチャ.」
幼友「なっ・・・何するんだよぉ!」
男「友の・・・甘いな・・・・」
幼友「あ・・・・止めろって・・」
男「ミルクたっぷりだな」
幼友「このままじゃ、やられてたまるか」

ヒョイ

男「こら!友止めろ!」
幼友「フフフ・・・ほら、食べちゃうよ?」
男「止めろ!止めるんだ!」
幼友「パク・・・・」
男「アッー!」
幼友「HAHAHAwwww」
男「最後に残しておいた、特大のイチゴがorz」
幼友「俺の食べたのが悪いんだろw」
男「良いさ、良いさ・・・・(グスン)」
幼友「(あ・・・やべ、マジ落ち込んでる)」
幼友「パパ!最後の一個半分こして、食べよ!」
男「友・・・・」


文才が無いのは、仕方ないよな!
2分で書いたし・・・・
332 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 21:01:35.51 ID:04kqmZej0
>>330 
訂正
× このままじゃ、やられてたまるか
○ ここまま、やられてたまるか

333 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 21:08:02.57 ID:KIAhycHjO
風呂も入ったし、これなら怒られないだろ。俺は友のについに入れた。きつくてはいらない…そりゃそうか。あ…びろびろになるかも……。ま、いっか…。


幼友「テメェ、なに俺の靴下履いてんだよ!!!!!」

男「出来心でついww」

幼友「ついじゃねー!!!」
334 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 21:10:58.79 ID:S3rRjInaO
つまり出来心でちょいエロ展開を書いたわけだな? 
出来心つうか悶々としてたのか?

335 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 21:13:46.05 ID:KIAhycHjO
>>334
上の作品に触発されたw
後悔はしてないぜ。
337 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 21:32:09.27 ID:YCyt2QTf0
黒「……ほ、保守。」

黒父「どうしたんだい?黒、顔が赤いぞ?」
黒「な、何でもありません!///」
339 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 21:45:42.82 ID:SgzlR7bu0
男「病院行くぞ」
幼友「なんで。別にどこも悪くないぞ?」
男「なるかもしれないだろ。予防接種させる」
幼友「え゛」
男「前の事もあるし、こういうのは早めにだな」
幼友「うむ、言っている事はよく判る」
男「じゃあ行くぞ」
幼友「だが断r」
男「行くの」
幼友「うう・・・」
340 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 21:46:25.13 ID:SgzlR7bu0
看護婦「設定の都合上名字がわからない友様ー」
男「順番来たな。ほら、行って来い」
幼友「え・・・一人で?」
男「問題あるか?」
幼友「いや、問題ある訳じゃないけど・・・その」
男「ん?」
幼友「その、あれだ、幼女一人でちゃんと応対すると却って不自然だろ」
男「あー、なるほど」
幼友「(ホッ・・・)」

医者「はい、痛くありませんからねー。                 たぶん。
   ガマンしてねー。」
男「(我慢も何も、注射ごとき怖がるわけ)」

ギュッ

男「(・・・あった)」


なんか俺の中で幼友がすごい怖がりになっていくんだが。
341 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 21:49:58.67 ID:M6BR4oFR0
>>340
設定の都合上ワロスwww
344 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:03:41.19 ID:6d7gdPRG0
今追いついた。

>>240
相変わらず兄貴うめぇなぁ。それに比べて俺はorz

新キャラ…、新キャラって、バス運転手、じゃなくて秘書だよな。
つまり、こういうことかな?

兄貴は秘書が、


男 だ と は 言 っ て な い。


というわけで。投下します。

さきに謝っておこう。兄貴、ごめん。
347 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:07:51.74 ID:6d7gdPRG0
【第三の選択】

外回り、X社の商談との商談を終え、ビルから外に出る。
男「話なげーんだよ、まったく………そういやここって何気にウチの近くなんだよなぁ……そうだ…」
男「(ピポパ)………あ、お疲れ様です、男です。課長いる? ……あ、男ですお疲れ様です。X社と商談終わりましたけど、直帰していいですか?
男「………はい、はい、日報はメールで………えぇ、はい。たまにはいいですよね、頼みますよ。……わかりました。お疲れ様です。(よっしゃ!! こんなに早く迎えに行ったら、友、驚くぜ、へへっ)」

保母「あ、男さん。今日は早いんですね」
男「いやぁ、仕事が早く終わったので…友は?」

かすかなブレーキ音とともに黒塗りの高級車が男の後ろに停車した。降り立ったのは黒いスーツの女性

男「(…あれ? あの人・・・)」
秘書「すいません、黒リボンお嬢様をお呼びいただけるようお願いいたします。私は、お嬢様のお父上の代理で『秘書』といいます」
保母「は、はいっ、ただいまっ」

男「…(そうか、黒リボンちゃんのお父さんの秘書さんか…こないだは黒父の陰にいたから気がつかなかったけど……美人だな)」
秘書「…」
男「…(銀縁メガネにパンツスーツか、いかにも秘書ってイメージだな。……そのスーツ、もしかして男物か?)」

秘書「……何か? 人を凝視するのは礼儀に反すると思いますが」
男「…あ、いや、そのー。こないだはどうも」
秘書「………把握しました。お嬢様のご学友の友さんのお父上ですね」
男「そうです。その節はどーも」
秘書「ずいぶんと早いお出迎えなのですね。この時間、通常はまだ就業時間内でしょう」
男「あ~、ちょっと今日は近場に来たものだから、直帰で」
秘書「………」
男「…?」
秘書「やはり納得いかしかねます」
348 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:09:05.83 ID:6d7gdPRG0
【第三の選択】の2
男「直帰がですか?」
秘書「いえ、率直に申し上げますと、あのような天才児の父親があなたのようなマヌケ面…失礼、凡庸な顔つきの人間である、ということです」
男「………ずいぶんストレートな物言いですね」
秘書「そのような性分なので」

男「天才児の父親がこんなでは納得できないですか。なるほど(まぁ、ハタからみたらそうかもしれんなぁ)」
秘書「さらに失礼を承知で申し上げるならば、友さんの将来にあなたという父親の存在が影を投げかけ得ない、とまで思っております」
男「……どういうことです?」
秘書「あのような天才児は、もっと上位の、よりレベルの高い教育機関へ入れ、より質の高い教育と、より質の高い環境----これには友人も含まれますが、これらのものを与えるべきだと考えます」
男「…」
秘書「いまのあなたでは、そのような費用を捻出する経済性もなく、さらにそこまでの発想がなされていないと思われます」
男「……」
秘書「このままでは友さんの将来が、確実に優れた人材となりうる可能性が失われるのではないか、とまで愚考しております」
男「……言いますね」
秘書「そのような性分なので」

男「ふん。『確実に』『優れた人材』ね、友がそんなものを望むかな?」
秘書「子供の発想は『今』を中心にしています。『今』望まないからといって将来もそうであるとはいえません。そのためにも現時点での高レベルな教育が必要である、と」
男「なんでそんなに急ぐんだ? 『今』が中心で何が悪い?」

秘書「将来をその『今』のために犠牲にする可能性があるからです」
男「犠牲になんか、ならない。特に子供の場合は」
秘書「そんなことはありません」
男「あるんだよ。アンタ、好きな果物はなんだ?」
秘書「………、その質問の意図が読み取れませんが、梨です」
男「果物ってビニールハウスとかで、結構いつでも出回ってたりするけれど、やっぱり季節の果物はその季節が会うよな。梨だと秋かな?」
秘書「まだあなたの論旨が読み取れませんが、梨は秋の果物です」
男「つまり、果物はその旬の季節でしか味わえない味があるように、人間にもその歳でなければ味わえない事があると思うんだ」
秘書「……曖昧です」
349 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:10:40.22 ID:6d7gdPRG0
【第三の選択】の3

男「昔、高校の頃、原チャ載ってイロイロ走り回ったことがあるんだ。休みの度にあっちいったりこっちいったり。行って何するわけでもないんだが、ただ行って帰ってきて。そんなことをやってた時期がある」
秘書「………所謂、自分探しですか?」
男「そんな大層なモンじゃない。ただホントにダチとわーって行って、わーって帰ってくるだけだ。今思うと、随分と考えなしにバカなことしてたって思う」
秘書「そうですね」
男「ただ、あの頃はそれが楽しかったし、それでよかった。くだらなかったけど、今の自分に直結して役に立ってないけど、…あのバカみたいな事をよく思い出したりする」
秘書「………」
男「そういう事も必要なんだと思う。『今』でしかやれないこと、『今』でしか感じないこと、そういう事こそが…………なんか、アンタのいう通り曖昧だな」
秘書「いえ、なんとなくですが………………………………………わかります」

男「まぁ、なんといっても友の将来のことだし、あんまりいい加減にはできないとは思ってる。だけど、天才児だ神童だって騒がれて、急いで大人になる必要はないと思うんだ」
秘書「………」
男「友が望むなら、俺がどうなってもアンタのいう『質の高い環境』って奴に入れてやりたいと思う。友が望むなら、俺はなんだってする。そう決めたんだ。」
秘書「………………………………」
男「…? 『人を凝視するのは礼儀に反すると思いますが』?」

秘書「いえ、予想外の事だったので。凡庸で軽薄そうなアナタの顔が、父親らしく見えました」
男「まだ新米パパだけどな。……そんなに凡庸で軽薄そうか?」
秘書「………………………………」
男「『人を凝視するのは礼儀に反すると思います』」
秘書「失礼しました。それと、最初に受けたイメージほど、アナタは凡庸で軽薄そうであるとは思えなくなりました。ご無礼をお許しください」

幼友「パパーーーーーーーーーっ!!」

ドップラー効果と引き連れて友が駆け寄ってくる。
その後ろから、黒リボンがゆっくりと歩いて追いかけてきている

男「うをっと!!ナイスタックルだ」
幼友「どうしたの!? 今日は随分と早く来てくれたんだねっ!!」
350 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:11:55.25 ID:6d7gdPRG0
【第三の選択】の4

膝をついて目線を友に合わせ。
頭をぐしゃぐしゃってしながら、おでことおでこを軽くゴチン。

男「驚かせようと思って仕事を早く終わらせてきたんだ」
幼友「パパ、ナイスッ!!(^^)b」
男「おうっ!! (^^)b」

幼友「こうなったらーーーっ、角のコンビニまで競争だっ!! れでーごーっ!!」

友、ダッシュ。

幼友「パパが負けたらアイスおごりだぞっ!! 黒ちゃんまた明日ねーっ、バイバイーーイ!!」
男「お、おい、ちょっと、ちょまてぇぇぇぇぇぇぇx!!」

男、ダッシュ。

黒リボン「……(友に向かってバイバイと手をふっている)」
秘書「…………」

男、遠くのほうでズッコける。

秘書「プッ(クスクスクスクス)」
黒リボン「(…この娘がこんな風に笑う姿は初めて見るな) 秘書さん、あの2人いい親子ですよね?」
351 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:13:19.50 ID:6d7gdPRG0
【第三の選択】の5(ラスト)

男と同じように膝をついて目線を合わせる。

黒リボン「(……らしくない行動だな。友のパパに影響されてるのか?)」
秘書「そうですね。先ほどまで友さんのお父上と話をさせていただきましたが、なかなかユニークな方だと思いました。友さんといい、お嬢様のご学友としては得がたい人材かと思われます」
黒リボン「そういってくれると嬉しいです(雰囲気が……すこしだけ柔らかくなったな)。
珍しいですね、秘書さんがそんな風にいうのは」
秘書「そうですか?」
黒リボン「気に入ったとか?」
秘書「………『気に入った』という曖昧な表現はわかりませんが。もう少しお父上と話をしてみたいという興味はあります」
黒リボン「…今日迎えに来てくれたのは?」
秘書「社長が今日の食事は外食にされたいということなので、お迎えにあがりました。お車の方へどうぞ」



文字多すぎorz

というわけで。

嫁友
同僚嫁

につづく、第三の選択を作ってみたが?
フラグらしいフラグになってない気がするけどorz

ちなみに俺は同僚嫁派です。それ用のシーンも考えてたりとか。

兄貴、ほんとにごめん。
もし兄貴が考えてたキャラ設定と違ったら遠慮なく葬り去ってくださいorz
352 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:18:27.49 ID:1hUdKjEEO
GJなんだぜ。

だが俺の考えでは秘書が…
353 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:19:14.46 ID:V+OKmp/7O
心が…暖かいです
354 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:23:09.78 ID:sNjG8rn+O
>>351
この選択もイイ!!
オレは好き
とりあえずgj(´∀`)b
355 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:25:56.46 ID:KIAhycHjO
俺は秘書が現世での実際の友の母なんじゃないかとゲフンゲフン
356 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:26:05.53 ID:bDqotpLvO
俺の中では

友>秘書>同僚>保母

NEW! だな。
357 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:35:39.25 ID:6d7gdPRG0
保守。
ついでに>>352
話を聞こうか
358 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:43:23.14 ID:FDVDMoRY0
>>351GJ!!!
359 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:46:24.77 ID:GhGSio8i0
>>351
男のカッコよさに惚れた
360 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:47:50.08 ID:MOgBrvn80
おまえら
園児Aを忘れてるぜ!!!!

ともかく
>>351
GJ!
362 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:51:56.42 ID:UJAnN1gbO
保守代わり

幼友と男は、中学生が妊娠すると言う題材のドラマを見ていた。
幼友「ねぇ、パパ」
男「何だ?」
幼友「もしも、このドラマみたいに中学生で妊娠するとしたら、どうする?」
男「そうだなぁ、もしも…だが、そいつの事が本気で好きなら全力で応援するし、友達としても心から祝福する」
幼友「へー」
男「ただし、友の事を平気で泣かしたり傷付けたりする奴ならブチ殺す」
幼友「顔が怖いぞww」
男「そんな顔しているのかぁ?」
幼友「アシュラマンを思い出すと良い」
男「ちょwwwwwwwwww」
幼友「ははは(頼りにしているぞ、パパ…)」
363 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/18(水) 22:59:05.41 ID:UVA/0qRsO
俺には友と男の結婚式前夜に男が死んで数年後幼女に転生する未来しか見えない
364 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [核心に触れそうだし] 投稿日: 2006/10/18(水) 23:09:03.29 ID:1hUdKjEEO
>>357
だが断る。
まあ、兄貴次第ってことで。
377 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 00:09:08.65 ID:XQbjsjL20
保守な短編

【アナタの心です】

幼友「また休日出勤かよー。仕事が忙しいのはわかるが。最近毎週だぞ?」
男「すまん、ホントすまん」
幼友「来週の日曜日こそは大丈夫なんだろうな?」
男「もちろん。まかせろ、意地でも仕事を終わらせて休みをもぎ取ってくるぜ」
幼友「……(ジトー)」
男「なんですか、その明らかに信用してない目つきは?」
幼友「それ先週も聞いた」
男「まてまて、おーけいまいどうたー。来週こそ大丈夫だ、信じてくれ」
幼友「……(ジトー)」

男「あぁ!! この娘は悪い会社の力を信じるのにパパの力を信じようとはしなかったっ!! そのまま信じてくれたなら……s」
幼友「信じてやるから、空を飛んでみせろ、湖の水を飲み干してみせろ」
男「……」


男「今は、これが精一杯……(チュッ)」

幼友「!!!!!(///」

男「あばよーとっつぁ~~~ん。いってきまーす」(ガチャ バタン)



幼友「驚いただけっ!!驚いたんだけなんだ!! うん。うんうんうんうん、盗まれてない……盗まれてないっ!! (///」

ネタが古い……orz
378 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 00:12:17.01 ID:h1yJhO43O
>>377はとんでもないものを盗んでいきました!


私の(ry
380 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 00:22:09.96 ID:+R0i9osnO
奴はとんでもないものを盗んで行きました


幼女の………ん?どうやら玄関の方が騒がしいな、ちょっと見てくる
382 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 00:29:35.49 ID:dIZLTpKWO
>>377
カリ城gj

そして保守
387 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 00:50:35.22 ID:DJozPqZU0
なんかダチっぽさが薄れてきているような
ただの幼女の養女になってるな
389 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 00:57:39.34 ID:7dEqW6WzO
>>387

たしかに・・・ 
でも本編とは関係ないSSだからイインダヨ~
391 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 01:12:46.83 ID:XQbjsjL20
>>387

確かに。
兄貴ほど文才があればなーorz

ダチの部分って話のメインにしづらいというか。
会話のちょっとしたところに入れるスパイス分というか。

ちょっとダチメインの話も考えてみよう。
お題くれるとウレシス
397 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 01:32:34.18 ID:fX0L9GiVO
男「友も来年は高校生か…早いもんだな」
中友「そうだね。パパと親子になって10年…だよ」
男「養子にした頃は男っぽかったのに最近はすっかり女の子だな」
中友「ドキドキする?」
男「バカ。自分の娘にドキドキなんてしねぇよ…」
中友「血は繋がってないよ?」
男「それでも俺は父親でお前は娘だ」
中友「胸だってほら………大きくなってきたんだよ?」
男「ちょ、何脱いでんだよ!」
中友「パパ?わたし……………もうこどもじゃないんだよ?」




gdgd保守
398 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/10/19(木) 01:39:39.32 ID:7dEqW6WzO
>>397

⊂(゚Δ゜;)