運動療法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

271 :病弱名無しさん:05/03/06 14:54:33 ID:0zjwmnjL
最近楽になってきた私の改善法
1.肩甲骨の内側に空気が溜まって苦しくなるので
 肩甲骨周りのコリをマメにほぐすようにした。
 それぞれの両肩に手をのせて肩をまわす(デューク更家式)。
 手を後ろでに結んで肩甲骨を絞り、手を上げ下げする。

2.あごが前に出すぎないように引く。
 横顔の写真を撮ってもらったときに
 亀が首を伸ばしたように写る人は要注意。
 意識してあご(首)を後ろに引くことで 唾液が減ります。

3.毎晩 背筋スリムアップクッションを使った。
 ttp://rd.rakuten.co.jp/item_url/?sid=190518&iid=485533
 まず肩甲骨の内側にぴったりはまる位置に敷いて数分。
 その後 頭が落ちる位置(頭の位置が2.の姿勢を矯正できる位置)に数分敷いて
 肩甲骨の間を思いっきりしぼってしばらくそのままに。
 やってる最中に大きく口を開けて息を吸い込んで
 そのままゲップをするのもおすすめ。
 足を伸ばして数分、膝を立てて数分やっていますが
 意識的にゲップをすることができるようになりました。

どれも有効だと思うのですが、個人的には3.が特に効いている気がします。
朝起きたら わき腹や胃の辺りがすっきりして
ウエストが細くなって居るのがうれしい。
今までこのウエストは空気のせいで太くなっていたのね っていう感じ。
別に3.のクッションを買わなくても細くて薄めのクッションでも良さそうなので
良かったら横が文庫本の幅 縦が50cmくらい(?) 厚みが8cmくらいのものを作って
試してみてください。

272 :病弱名無しさん:05/03/06 15:50:08 ID:dGbjlSnC
俺の治療法 舌・喉の筋トレ
イスに座った状態で顔を上に向けて、喉が痛いくらいピンと張るようにする。
そこから、舌の奥の方を持ち上げるようにする、または
あごを前に突き出す。
これを毎日十数回やって、ゴクリとならない正しい嚥下ができるようになってきたように思う。

【唾液分泌過剰】空気嚥下、かみしめ呑気症

927 :病弱名無しさん:2005/10/22(土) 22:28:40 ID:zNElP729
今この症状で通院中。
医師から自律神経を整える呼吸法を教わったので書き込みますわ。

1 寝そべって腹式呼吸3回
2 筋肉を弛緩させて(特に眉間と口元)、利き手に意識を集中させながら深呼吸10回
3 足先から力を入れていって全身に行き渡ったらお腹を持ち上げる(2回程度)

これを1パターンとして毎日3回やる。
薬物療法と併せて行ってるけど、リラックスもできて良さげです。

あと、睡眠を充分とり、食生活を改善させ、スポーツをするなりで汗をかきましょう。
だいぶ楽になりましたよ。
お試しあれ。

【唾液分泌過剰】空気嚥下、かみしめ呑気症
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。