※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数学者と統計学者と会計士が同じ仕事に応募した。面接官は数学者を呼び入れて、尋ねた。
面接官:「二たす二は何になりますか?」
数学者:「四です」
と答えた。
面接官は駄目押しした。
面接官:「きっかり四ですか?」
数学者は不審そうな様子で面接官を見て、答えた。
数学者:「ええ。きっかり四です。」
次に面接官は統計学者を招き入れ、同じ質問をした。
面接官:「二たす二は何になりますか?」
統計学者:「平均して、四。誤差10パーセントですが、でも、だいたいは四です。」
最後に面接官は会計士を呼び入れて、同じ質問をした。
面接官:「二たす二は何になりますか?」
会計士は立ち上がると、ドアに鍵をかけ、シェードを下ろし、面接官の隣に座って尋ねた。
会計士:「二たす二をいくつにしたいんですか?」