※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

娘: パパ、私たちはどうしてイラクを攻撃しなくてはいけなかったの?
パパ: あの人たちは大量破壊兵器を持っていたからなんだよ。 
娘: でも、査察官は大量破壊兵器を全然見つけていなかったんでしょ。
パパ: それはね、イラク人たちが隠していたからさ。
娘: それで私たちはイラクに侵入したの?
パパ: そう。侵入(インヴェイジョン)はいつだって、査察(インスペクション)よりうまくいくもんなんだよ。
娘: だけど、侵入してからも、私たちは大量破壊兵器を見つけてないんじゃなかったっけ?
パパ: それはね、兵器をとてもうまく隠しているからなんだよ。心配しなくていいからね。なんか見つかるさ。多分 2004 年の大統領選の後にね。
娘: イラク人が大量破壊兵器をほしがったのは、どうして?
パパ: 戦争で使うためにきまってるじゃないか。
娘: 私、わかんなくなってきた。戦争で使おうとしてああいう兵器を持っていたんだったら、どうして、私たちが彼らと戦争になったとき、なんにも使わなかったの?
パパ: それはね、ああいう兵器を持っているっていうことをだれにも知られたくなかったってことがはっきりしてるね。だから、自分たちを守るより、みんなで死んでいくことにしたのさ。
娘: パパ、それっておかしい。イラク人が私たちを迎え撃つのに、すごい兵器を持っていたんだったら、どうして死んでいくほうを選んだわけ?
パパ: 文化がちがうんだよ。もともとつじつまの合う問題じゃないんだ。
娘: パパはどうかわかんないけど、私は、アメリカの政府が言うみたいにイラク人たちが大量破壊兵器を持っていたと思わないわ。
パパ: ま、いいよ。彼らがそういう兵器を持っていたかどうかは問題じゃないんだ。ともかく攻撃する必要があった、立派な理由がもうひとつあるんだよ。
娘: で、なにそれ?
パパ: 大量破壊兵器を持っていないとしても、サダム・フセインは気のふれた独裁者なんだ。こういうのは、我々がよその国を撃つ立派な理由になるんだ。
娘: どうしてよ? 気のふれた独裁者って、なにをしたから、攻撃を受ける理由になるわけ?
パパ: そうだな、まず、自分の国民を虐待したな。
娘: 中国でやっているみたいなこと?
パパ: 中国とイラクを比べたりしちゃだめだ。中国は経済のほうでいい競争相手なんだ。あの国では、数百万の人たちが奴隷並の待遇で、ひどい工場で働いていて、そのおかげでアメリカの企業はお金持ちになっているのさ。
娘: すると、国民を搾取して、アメリカの企業に儲けさせる国なら、たとえ国民を虐待しているとしても、いい国ってこと?
パパ: その通り。
娘: イラク人たちは、どうして虐待されたの?
パパ: 政府を批判するとか、だいたいにおいて、政治犯罪でだな。イラクでは政府に批判的な人たちは、刑務所に送られて虐待されたんだよ。
娘: それって、中国での話とまったく同じじゃない?
パパ: さっき言っただろ。中国は別の話だって。
娘: 中国とイラクとどこがちがうの?
パパ: そうだな、まず、イラクはバース党が支配したけど、中国は共産党だ。
娘: いつか、パパは、共産主義者はよくないって話しなかったっけ?
パパ: いいや。よくないのはキューバの共産主義者だけだ。
娘: キューバの共産主義者って、どういけないわけ?
パパ: そうだな、まず、キューバでは政府に批判的な人々は、刑務所に送られて虐待されるな。
娘: イラクみたいに?
パパ: まさに。
娘: それから中国みたいに?
パパ: 言っただろ、中国は経済のほうでいい競争相手だって。だけど、キューバはそうじゃないんだ。
娘: それはどうしてなの?
パパ: それはね、1960 年代はじめのことだ、キューバが共産主義をやめて、我々みたいに資本主義になるまでは、アメリカ人がキューバと貿易したり、どんな商売の相手にしたりするのもいけないっていう法律を、我が政府はつくったんだね。
娘: だけど、そういう法律をやめてしまって、キューバとの貿易をはじめたり、ビジネスを開始したりしたら、キューバが資本主義になるのを手伝えるんじゃないの?
パパ: バカを言いなさい。
娘: 私、おバカじゃないと思ってたけど。
パパ: それにだ、キューバには宗教の自由もないんだ。
娘: 中国でも、なんか新興宗教がひどいめにあってたみたい。
パパ: 中国の悪口を言うのはやめろって言ったでしょ。とにかくな、サダム・フセインは軍事クーデターで権力を握ったから、合法的なリーダーなんかじゃ、全然ないんだ。
娘: 軍事クーデターってなに?
パパ: 軍の将軍が、ある国の政府を力で乗っ取ること、我々がアメリカでやっているみたいに自由な選挙をするんでなくてね。
娘: パキスタンの支配者も軍事クーデターっていうので権力の座に就いたんじゃなかった?
パパ: ムシャラフ将軍のことかい? ま、そうだね。だけど、パキスタンはアメリカの友だちだ。
娘: リーダーがいけないのに、どうしてパキスタンは、私たちの友だちなの?
パパ: ムシャラフ将軍がいけないなんて、私は一度も言ってないよ。
娘: ある国の合法的な政府を力で倒してむりやり権力の座に就く軍の将軍は、いけないリーダーだって言ったじゃない?
パパ: それはサダム・フセインのことだけ。ムシャラフは我が国がアフガニスタンを攻撃するのを助けてくれたから友だちなんだよ。
娘: 私たち、どうしてアフガニスタンに侵入したの?
パパ: 9 月 11 日に、彼らが我々に対してしたこと、それが理由だよ。
娘: 9 月 11 日、アフガニスタンは私たちになにしたの?
パパ: つまりね、9 月 11 日に、19 人の連中、そのうち 15 人はサウディ・アラビアなんだけど、彼らが飛行機 4 機をハイジャックして、そのうちの 3 機がビルに飛び込み、3,000 人以上のアメリカ人が殺されんたんだよ。
娘: それは知ってるけどさ。どうしてアフガニスタンが出てくるわけ?
パパ: タリバーンの圧制の下で、あの悪い連中が訓練を受けたところ、それがアフガニスタンなのさ。
娘: タリバーンて、人々の頭や手ちょんぎる、悪いイスラム過激派のこと? 
パパ: そうだよ。まさにそこにやつらはいたんだ。頭や手をちょんぎっただけじゃないんだ。女性を抑えつけたりもした。
娘: ブッシュの政府は、2001 年 5 月だっけ、タリバーンに 4,300 万ドルあげなかった?
パパ: たしかに。そのお金は、麻薬撲滅にがんばったご褒美だったんだ。
娘: 麻薬撲滅?
パパ: そう。人々にケシの栽培をやめさせるのにタリバーンはとても協力的だった。
娘: どんな風にそんないいことをしたの?
パパ: 簡単さ。ケシを栽培しているのを見つかったら、タリバーンに手や頭をちょんぎられた。
娘: ということは、ケシの花を育てた人の頭や手をちょんぎるのはかまわないけど、他のことで頭や手をちょんぎるのはいけないってわけ?
パパ: そう。過激なイスラム原理主義者たちがケシの栽培を理由に頭や手をちょんぎるのは OK だが、パンを盗んだだけでちょんぎるのは残酷だ。
娘: サウディ・アラビアでも、手や頭をちょんぎらない?
パパ: それは別の問題だよ。アフガニスタンは、専制的な家父長制に支配されていた。支配者たちは、女性たちを抑圧し、彼女たちが外に出るときはつねに、ブルガを着けるように強制して、これに従わない女性には罰として、石ぶつけの死刑を科したのだよ。
娘: サウディの女性たちも、ブルガを着けるんじゃないの?
パパ: いや、サウディの女性たちは、伝統的なイスラムの覆いだけだ。
娘: どうちがうの?
パパ: サウディの女性が身に着ける伝統的なイスラムの覆いは、目と指以外の女性の身体をすべて覆う地味だがファッショナブルな衣装。一方、ブルガは、目と指以外の女性の身体全部を覆う、家父長的抑圧の邪悪な道具なんだ。 
娘: おんなじように聞こえるけど。
パパ: さあ、アフガニスタンとサウディ・アラビアを比べるのはやめなさい。サウディの人たちは、我々の友だちなんだ。
娘: だけど、9 月 11 日のハイジャッカー 19 人のうち 15 人はサウディ・アラビアの出身だって言わなかった?
パパ: そうだが、訓練を受けたのはアフガニスタンだよ。
娘: だれに訓練を受けたの?
パパ: オザマ・ビンラディンという非常に悪い人間だ。
娘: オザマ・ナントカって、アフガニスタンの人?
パパ: うーん、いや、彼もサウディだったな。でも、やつは悪い男、とっても悪い人間。
娘: なんか彼って、私たちの友だちだったことがあるって聞いたみたいな。
パパ: むかし、1980 年代に、ムジャヒディーンがソ連のアフガン侵攻を撃退できるように、我々は彼をバックアップした。それだけだ。
娘: ソ連? それって、ロナルド・レーガンなんかが言ってた邪悪な共産帝国のこと?
パパ: ちょっとちがうな。ロシア人だ。彼らはソ連でなくなってからずっと、我々の友だちだった。ところが、彼らは我々のイラク侵入を支持しないことに決めた。それでいまでは、我々は彼らのことを怒っている。フランス人やドイツ人に対してもも、イラクに入るの助けてくれなかったから、我々は怒っているんだ。
娘: それじゃ、フランス人やドイツ人も邪悪なの?
パパ: 邪悪というのとはちがう。だけど、おかげで、フレンチ・フライをフリーダム・フライに、フレンチ・トーストをフリーダム・トーストに改名しなくてはいけなくなった。そのくらいには悪い連中ってことになるな。
娘: 他の国が私たちの望むようなことをしてくれないときはかならず、食べ物の名前を変えちゃうわけ?
パパ: そうではない。友だちに対してだけ。敵に対しては侵入する。
娘: だけど、1980 年代にはイラクは私たちの友だちじゃなかった?
パパ: ああ、そうだね。しばらくの間。
娘: そのころ、サダム・フセインはイラクの支配者だった?
パパ: たしかに。だけど、当時の彼はイランと戦っていて、それで、一時的に、我々の友だちに。
娘: そういうことで、どうして友だちになるわけ?
パパ: 当時、イランは我々の敵だったから。
娘: そのころって、サダムがクルド人に有毒ガスの攻撃していなかった?
パパ: そうだよ、だけど彼はイランと戦っているときだったから、ぼくらの友だちなんだよと教えてやるために、我々はそっぽを向いていたってワケ。
娘: すると、私たちの敵と戦う人はだれでも自動的に、私たちの友だちってこと?
パパ: だいたいにおいて、そうだな。
娘: 私たちの友だちと戦うものはだれでも、自動的に私たちの敵になると?
パパ: そういうときもある。しかし、アメリカの企業が、同時に両方へ武器を売って利益を得られたら、それに越したことはない。
娘: どうしてよ?
パパ: 戦争は経済にとって良い、つまりアメリカにとって良いからだよ。それから、神はアメリカの側にいるんだから、戦争に反対する者はすべて、神を恐れぬ、非アメリカ的共産主義者ということになるな。我々がイラクを攻撃したワケはもうわかっただろう?
娘: と思う。神が私たちにやつらを攻撃することを望んだから攻撃したんでしょ?
パパ: そうだよ。
娘: だけど、神がイラク攻撃を望んでいることを、私たちはどうやって知ったわけ?
パパ: それはね、神がジョージ・W・ブッシュに個人的に、これからすべきことをお告げになったんだよ。
娘: かみ砕いて言えば、ジョージ・W・ブッシュは頭の中で神の声を聞いて、私たちはイラクを攻撃することになったと、パパは言ってるのね。
パパ: そのとおり! やっと世界の仕組みがわかったね。さあ、もう目をつぶって、気持ちを落ち着けて、眠りなさい。おやすみ。
娘: おやすみなさい、パパ。