エビワラー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サン・ムーンの情報は 第七世代のWiki を参照してください。
No.107 タイプ:かくとう
特性:するどいめ(相手に命中率を下げられない)
   てつのこぶし(パンチ系の威力が1.2倍になる)
入手可能ソフト:コロシアム/FR/LG/XD/ダイヤモンド/パール/プラチナ/HG/SS
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
エビワラー 50 105 79 35 110 76
サワムラー 50 120 53 35 110 87
カポエラー 50 95 95 35 110 70

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2) むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

鉄の拳火力チェック用資料
攻撃値や攻撃技に補正が掛かる同じ格闘で比べるとこの様な結果である
エビワラーとサワムラーは技に威力補正が掛かり チャーレムは攻撃値自体に補正が掛かる点に注意

特性補正付き HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
てつのこぶし 50 136 79 35 110 76
すてみ 50 154 53 35 110 87
ヨガパワー 60 172 75 60 75 80

バルキー時代にふくつのこころだとてつのこぶしに こんじょうだとするどいめになる
GBAを経由したこんじょうバルキーはランダムである


パンチ系の火力に関しては、攻撃種族値130よりちょっとだけ強くなる。
そうなると格闘としては2位、3位の攻撃力を誇る事になる。(※根性は除く)

無難に技を詰めていくと何かしらの劣化になりやすいので
単格闘であることや、特殊防御の高さ、先制技、三色パンチを上手に活用していこう。
ちなみに特殊耐久はカイリキー並みで、
控え目エンペルトのハイドロポンプを耐える程のようだ。

素早さや物理耐久に気難しさがあり、努力値配分はよく計算しておこう。
一つの案として
HP全振りにするより、最速カイリキー抜きグライオン抜き調整等、素早さ調整で若干使い易くなると考えられる。

インファイトには鉄の拳が利かないので
他の攻撃高種族値と比べると、どうしても見劣りする。
弱点を突いた時の三色パンチと同じ火力である事から
他の高火力ポケと同じ土俵で比べるだけ無駄である事をよく理解しておこう。


一応、制限環境でないなら「インファイト+マッハパンチ+三色パンチ全て」を覚えられるのはエビワラーのみである。
(三色中二色+マッハ+インファは他に数匹存在する。冷凍+炎+マッハ+インファイト等の構成がエビワラーしか出来ない構成の一つ)

過去の内容
+ ...

鉄の拳は、ドレインパンチ/スカイアッパー/きあいパンチに全て適用される。
+ 詳細が気になる方は検証内容をどうぞ


ちょっとだけ整頓しました。
内容が変わらないように一部文章の改変まとめ、折込で対応。
過去の内容には負のイメージが先行し過ぎる書き方が目立つ事と
文章量が多いので見た目をスッキリさせました。





物理基本型

特性:てつのこぶし
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 残りHPor素早さ252
持ち物:いのちのたまorこだわりスカーフ
確定技:インファイトorスカイアッパー
選択技:マッハパンチ/バレットパンチ/ねこだまし/ほのおのパンチ/かみなりパンチ/れいとうパンチ/ストーンエッジ/じしん

派手さは無いものの、小回りを生かした立ち回りをしたい所。
意外な器用さを見せてくれる。

HP振りだと他の遅い高火力格闘の劣化になる可能性がある。
素早さ振りだと他の速い格闘タイプの劣化になる可能性がある。

エビワラーにしか出来ない事として
特殊耐久力と素早さ70組みを抜ける素早さ、てつのこぶし三色パンチ+マッハパンチ、これらを駆使して上手く立ち回って貰いたい。
↑66の話だがこの型にスピンってなし?せっかくタマゴ技にあるんだから…

タスキ型

特性:てつのこぶし
性格:いじっぱり
努力値:HP252 攻撃252 特防6
持ち物:きあいのタスキ
確定技:カウンター/ほのおのパンチorれいとうパンチorかみなりパンチから2つ
選択技:インファイト/バレットパンチ/マッハパンチ

HPが低めだが、即死ダメージをタスキで耐えカウンターに繋げば大きなダメージを与えられます。倒せなかった場合は、すばやさが勝っているようであればインファイト、負けているようであればバレットパンチで攻撃します
弱点を突くには、三色Pのうち2つは入れたい。
タイプ一致のインファイト、バレットパンチ等が次点か。

ちなみにインファイトはLv.50戦では使えない