オムスター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サン・ムーンの情報は 第七世代のWiki を参照してください。
タイプ:いわ/みず
特性:シェルアーマー(相手の攻撃が急所にあたらない)
   すいすい(天気が「あめ」の時、素早さの値が2倍になる)
入手可能ソフト:FR/LG/ダイヤモンド/パール/プラチナ/HG
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
70 60 125 115 70 55

ばつぐん(4倍) くさ
ばつぐん(2倍) でんき/かくとう/じめん
いまひとつ(1/2) ノーマル/こおり/どく/ひこう
いまひとつ(1/4) ほのお
こうかなし ---

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
すいすい発動時 70 60 125 115 70 130
砂嵐時 70 60 125 115 114 55

砂嵐時オムスター≒HP特防無振りサーナイト

タイプと特性のおかげで、砂嵐と雨乞いのどちらでも活かせるのは大きい。
伝説以外では、水と岩両方で最強の特攻種族値を誇る。
そのため、ハイドロポンプの威力は高いし、めざパ岩が最強クラスの特殊岩技になる。
ちなみにオムスターのめざパ岩は、ロズレイドのウェザーボール岩に次ぐ威力。
原始の力もあるため、めざパを粘らずともそこそこ火力のある特殊岩技を使用可能。
タイプ一致なのでそこそこなサブウェポンでありながら1割で全能力アップという結構美味しい効果。
撃ち漏らしの際の駄目押し等、撃てる時に撃っておくとよい。

岩タイプなので砂嵐で特防が1.5倍になるため、砂パに入れるのもアリ。
砂パの場合はロックカットも252振りすれば130族抜きできるため選択肢になる。
↑こいつ砂パでこごえるかぜ生かせないだろうか。そんなことやってるうちに倒したほうがいいのかな?

メガニウムなど、単草を後続に入れておくとオムスターの弱点である草、地面、格闘、電気を半減し、
オムスターは単草の弱点である 炎、飛行、毒、氷を半減できる。
実用性は謎だが参考までに
↑草に格闘は等倍だよ、でも草毒にすると地面が等倍になってしまう・・
↑パラセクトでよくね?雨パならかんそうはだ使えるし
↑砂パ前提ならノクタスもありじゃね?砂隠れあるし、格闘が辛いが・・・
↑砂パならグライで草以外全部受けられる。草もハッサムでおk。

体重が結構あるため、抜群であることも含めると実質けたぐりは威力120、草結びは威力240。気をつけたほうがいいかもしれない。


雨パすいすい型

特性:すいすい
性格:ひかえめ
努力値:特攻252 素早さ252 HP6
持ち物:こだわりメガネorいのちのたまorしんぴのしずくorこうかくレンズorリンドのみ
確定技:ハイドロポンプorなみのり/れいとうビームorふぶき 
選択技:げんしのちから/めざめるパワー(岩)or(電気)/どくどく/だいちのちから

雨パすいすい仕様のオムスター。
Lv.50戦ならひかえめで個体値V、素早さ252振りのステータスが107。

しかしオムは技が貧相だな。
どくどくは再生回復の受け(ミロカロス、ヤドキング、天の恵みハピ)対策ということで。