エテボース


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サン・ムーンの情報は 第七世代のWiki を参照してください。
No.424 タイプ:ノーマル
特性:テクニシャン(威力60以下の攻撃が1.5倍になる)
   ものひろい(どうぐを ひろってくる ことが ある)
入手可能ソフト:コロシアム/エメラルド/ダイヤモンド/パール/プラチナ/HG/SS(エテボースへの進化はDS版のみ)
ノーマル仲間 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
エテボース 75 100 66 60 66 115
ケンタロス 75 100 95 40 70 110

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

ケンタロスに勝るとも劣らない攻撃、素早さを誇り、
強力なねこだましやタイプ一致技を武器に、防御の低い奴らを軽々となぎ倒す事が可能。
反面、戦術はほぼ物理ゴリ押しに限られ、役割破壊技も持たない上
ケンタロスどころかゴウカザルにもはるかに劣る耐久のため、
物理受け、鬼火、鈍い連発等、相手に受け身に回られると、途端に手も足も出なくなるという弱点を持つ。
また、先手を取れない120族より上は基本的に猫騙しぶち込んで逃げるしかない。
得手、不得手がはっきりしているポケモンと言えるだろう。

特性テクニシャンは威力60以下の技の威力を1.5倍にするというもの。
これによりタイプ一致のねこだましが実質威力90(40×1.5×1.5)で使えるのが最大の売り。
命の玉なら1.3倍、威力117

こいつに限らず、猫だましやとんぼ返り等使う奴らは、とにかく技スペが足りなくなるので注意

プラチナでの三色パンチ教え技化で、ねこだましと三色パンチを両立できるようになった。
特に炎のパンチと両立できるのは大きい。

HGSSの教え技でけたぐり追加。威力60下回ってもテク補正で結構カバーできるから、
壁破壊できない点を差し引いても瓦以上に使いやすい格闘技。
威力と範囲についてはこちらを参照。
威力が「かわらわり>けたぐり」「かわらわり>ダブルアタック」となるのは「進化前」&「伝説」&「格闘半減以下」を除くと
クチートジーランスの2匹だけ。どうしても壁を壊したいというのでなければけたぐり一択。

拘り型・カウンター型はテクニシャン型に併合。


型考察

テクニシャン(基本)型

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252 HP6
持ち物:ラムのみ/シルクのスカーフ/いのちのたま/きあいのタスキ
確定技:ねこだまし/ダブルアタックorおんがえし
選択技:つばめがえし/しっぺがえし/とんぼがえり/けたぐり/でんじは/くすぐる/ほのおのパンチ/かみなりパンチ/れいとうパンチ/カウンター

確定技候補
PT1:ダブルアタック(威力大・身代わり貫通)
PT2:恩返し(威力大・命中安定)

みだれひっかきで王者の印の発動狙いは出来ないとまでは言わないが現実的ではない。
平均ヒット数が3回なので単純計算で怯み率は2割5分程度。命中率とかを考えるとずつきの方がまだマシ。
単に怯ませたいならキッスなりノコッチなりでやれという感じ。