カイロス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サン・ムーンの情報は 第七世代のWiki を参照してください。
No.127 タイプ:むし
特性:かいりきバサミ(攻撃を下げられない)
   かたやぶり(ふゆう、がんじょうなどの防御系特性を無視)
入手可能ソフト:ルビー/サファイア/LG/エメラルド/XD/パール/プラチナ/HG/SS
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 特性
カイロス 65 125 100 55 70 85 かいりきバサミ/かたやぶり
ヘラクロス 80 125 75 40 95 85 こんじょう/むしのしらせ

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/2) くさ/かくとう/じめん
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

特性「かたやぶり」によってゲンガーなどの浮遊持ちに地震を当てたり、頑丈持ちをハサミギロチンで沈めたりと、
他にはない強みがある。ちなみに特性シェルorカブトアーマーのポケモンにも急所を突ける。
カイロスにはハサミギロチンがあるのでヘラクロスが止められやすいグライオン等の物理受けを突破できる可能性がある。
グライオン相手なら飛行2倍なので無振りツバメ返し位は耐える事もできる。
ハサミギロチンが、カイロスの存在価値を特性と二分するほど重要。
戦闘では回数戦略を上手く使った戦い方ができると有利。上手くターンを稼ぎ数が打てれば有利な運ゲに持ち込める。
鋼ポケモンの相方として浮遊などで地面格闘受けをしている相手に対し安全に地震を撃てるのもヘラクロスにはない強み。
尚、特性で地震が抜群になるのはマタドガス・ゲンガー・ロトム・ドータクン・ルナトーン・ソルロック。

・・・とまぁかたやぶりばかりが凄いように言われているがかいりきバサミも威嚇が刺さらないので悪くはない。
サブウェポン(というか地震とエッジ)の威力はヘラクロスと変わらないので威力を削られないのは役に立つ。
派手さには欠けるが堅実に戦うならこっちの選択もあり得る。


▼カイロスが覚えて、ヘラクロスが覚えない実用的な技
ハサミギロチン、でんこうせっか、シザークロス、あてみなげ、ステルスロック

▼ヘラクロスが覚えて、カイロスが覚えない実用的な技
メガホーン、きしかいせい、つじぎり、おいうち、つばめがえし、シャドークロー 

シザークロス、インファイトを得たのは大きいが、威力的に見ると攻撃-1状態のヘラクロス程度しかない。
エアームド等の物理受けをギロチンで突破、ドータクンやマタドガスをかたやぶり地震で破壊、
ヌケニンの不思議な守りを無効化など、物理受けの多くを破壊できる特徴を活かせるかたやぶり+ギロチンを上手く使いこなす必要がある。
ちなみにかたやぶりでもノーガードのカイリキーにギロチンを撃つと必ず当たる。

あてみなげは影分身ビーダルやブラッキーとかに使う、ただし対ブラッキーだと舞わないと威力不足。
インファイトとでんこうせっかは両立できないので、でんこうせっか入れたい時の格闘技は馬鹿力で代用。
使うならつるぎのまいやみがわりのような場に残って戦うような技は持たせないほうがいい。
↑ビーダルもブラッキーもギロチンでよくね?
↑かげぶんしん持ちは結構な確率でみがわりが入ってることもあるのでなんとも。。。
↑普通に考えてビーダルとブラッキーはわざわざカイロスの前で積まないから、交換の可能性も考えるとギロチンでいいな
逆にみがわり持ちの分身ビーダルとブラッキーに対して、通常技一発では突破が難しいカイロスを出す事も無い
分身だけの相手なら、ギロチン連打しか手がないわなぁ...。


スカーフ型

特性:かたやぶり
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 素早さ228(130組抜き&スカーフ70組抜き)or252 残りHP
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ハサミギロチン
選択技:シザークロス/インファイト/じしん/ストーンエッジorいわなだれ
ふゆうにじしんが命中したり、がんじょうにギロチンが貫通するのが特徴。
ギロチンを入れないと技の威力の関係でスカーフヘラの劣化になりがちなので必須。

虫・格闘・地面・岩技から3つ選ぼうとするとどうしても範囲が被るが、他に選択肢も無いのでPTと相談して決めよう。
インファイト以外は一度忘れても覚えなおせるので色々試すこともできる。
いわなだれはやや威力不足だが、かたやぶりで精神力持ちもひるませられるのでスカーフと相性がいい。