エムリット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サン・ムーンの情報は 第七世代のWiki を参照してください。
No.481 タイプ:エスパー
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
入手可能ソフト:ダイヤモンド/パール/プラチナ
◆種族値比較(UMA&クレセリア)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
エムリット 80 105 105 105 105 80
ユクシー 75 75 130 75 130 95
アグノム 75 125 70 125 70 115
クレセリア 120 70 120 75 130 85

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2) かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---
※特性「ふゆう」により、じめん無効

劣化云々を除けば合計種族値の高さから、そこそこの活躍は出来る・・・はず
むしろ、遅さを生かしてトリックルーム発動要因として組み込んでみるとか

クレセリアと同じでシンクロで性格固定できないんで厳選が大変。
厳選難易度の高いポケモン/エムリット
「エムリット厳選がよくわからない!」ってひとはこちら。


技考察

使えそうな技
  • 特殊技
サイコキネシス、みらいよち、れいとうビーム、ふぶき、エナジーボール、くさむすび、10まんボルト、かみなり、シャドーボール、シグナルビーム、みずのはどう、めざめるパワー
  • 物理技
しねんのずつき、れいとうパンチ、かみなりパンチ、ほのおのパンチ、とんぼがえり、おんがえし、ギガインパクト、アイアンテール、はたきおとす、なげつける、しぜんのめぐみ
  • 補助技
ふういん、スキルスワップ、トリック、まねっこ、どくどく、でんじは、いばる、あまえる、ステルスロック
めいそう、ねむる、ねごと、リサイクル、みがわり、まもる、ひかりのかべ、リフレクター、にほんばれ、あまごい、トリックルーム、いやしのねがい

プラチナの教え技で高めの攻撃も多少活かせるようになった
アグノムとユクシーも同様の習得をしたので差別化にはならない

三色Pも覚えちゃってこいつの取り柄だった冷凍があまり意味なくなった
↑耐久力が段違いで攻撃力に劣らないんだから、こおりタイプをとられたことはそれほど不遇とはいえない。
むしろ、ほのおのパンチというはがねに対するけん制手段(同時にユクシーよりははるかに高いこうげきを活かせる)を手に入れたことのメリットをあげるべきだろう(威力はそれでも低いが……)。
ちなみに、
ユクシーの無振りれいとうパンチは95×75=7125
アグノムの無振りれいとうパンチは145×75=10875
エムリットの無振りれいとうビームは125×95=11875
となり、アグノムのパンチよりはエムリットのビームのほうが10%近く威力が上だ。
もちろん、元々攻撃力の低いエムリットのほうが、努力値を入れることによる威力の増大も大きい。
攻撃技で流すことにかけてはユクシーよりも優れてるぜ。
↑ボーマンダは威嚇もあるしな
ただアグノムはドラゴンよりも速いので、竜舞ターン分の得がある。
トリック習得もしたので、陽気ガブ抜き調整でスカーフ持たせるのもいいかもしれない。
↑↑↑それをいったらアグノムもだろ。こいつに限ったことじゃない

特攻こそアグノムに劣るが、冷凍ビームでドラゴン狩れる
UMA&クレセリアの中で、冷凍ビームととんぼがえりを両立できるのはこいつだけ
↑まあ実際何に使うのかがよくわからんが・・
↑↑まぁ、ドラゴン狩るなら耐久のあるセリアのほうが向いてるけどな・・・
↑確定数が変わってくる。まあヤチェ持ち多いし、受けられないんだけど
特攻特化でこだわりメガネ掛けての冷凍ビームなら耐久無振りでヤチェ持ちのガブを超高乱数1。
カイリューは乱数、マンダは言わずもがな。
問題は倒した後どうするんだって話だが、エムリットと対峙したヤチェ持ちドラゴンが舐めて積んできたところを奇襲できたら美味しい。

劣化議論

大火力速攻型のアグノム、優秀なサポートをするユクシー、馬鹿みたいな耐久のクレセリア
同じタイプ・特性のこいつらに挟まれてる以上、何かに特化させてもどれかの劣化になる
↑逆に相手から型が読まれにくいと考えれば、少しは楽になるカモ…?
↑技スペックが大して無いから型自体が少ないけどなぁ…
↑型の数というより挑発などの対策をとるか、受けや潰しに回るかの選択が難しいのが重要なんだ・・・多分

耐久のそこそこある特殊アタッカーとして見るのがいいんじゃないか?やや遅さが邪魔してるが
↑ラティアスやトゲキッスの劣化になりかねないな・・・。弱点こそ少ないが、技の豊富さで完敗してる。
↑そいつらに負けてるのはバリエーションというより火力だと思うけどね、こいつだって他でも出来るとはいえやれることはやれる。
↑さらに再生回復技もない。つまり攻防性能に雲泥の差があることになる。詰まる所、特殊アタッカーを目指しても劣化臭は消えない・・・。
↑挑発や火力インフレした今作、アタッカーの域じゃ回復間にあわない事が多いしそこまでの差は無くなったと思うけど・・・
トリルやとんぼ返り、氷弱点などでラティキッスは比較対象ではないと思いたいが
↑このクラスの耐久なら、弱点技か一致120技でも飛んでこない限り再生回復で粘ることは十分に可能。実際、羽休めを入れてるラティアスやキッスはかなり多い。
(積んだり相手の行動不能を待つための時間稼ぎにすぎないことが多いが、それができるだけでも戦術的価値に差がある)
氷弱点の多いパーティーに代理として組み込むならありかもしれないが・・・。(火力の大幅ダウンが致命的だけど)
↑氷タイプはドラゴンなど普通のアタッカーにも要注意ポケの対策として入ってることが多いし、代理って感覚は変じゃないか?
特攻に振った状態で回復技撃てるかはどっちにしろ相手次第の運になるし、元々粘る型ってのは急所で落ちたりして部が悪いから差はそこまで無いって言ったんだけどさ。
性質が違うのは使い勝手の良し悪しであって、劣化とはまた別。使い勝手が良くないってのは準伝説としては悲しいところだが。

ふと思ったのだがステルスロックとれいとうビームでクレセリアともユクシー・アグノムとも差別化できるんじゃないか?
ステルスロックはクレセリアは覚えないしれいとうビームはユクシー・アグノムは覚えない。
両立できるのはエムリットだけ。やっぱりダメか?
↑こいつらと差別化するならむしろステロ&甘えるの組み合わせを評価すべきだと思う。(一応ハピナスでも可)
HP振っとけばヘラホーンや拘り逆鱗or流星でもこないかぎり一撃死はないし、先発として役割は果たせると思う。
甘えるで流しまくれば勝手に死んでいくし、特殊が来たら瞑想すればいい。
問題なのは回復手段に乏しいことか。

特殊型

性格:ひかえめ おくびょう
努力値:特攻252 素早さ調整 残り耐久
持ち物:ラムのみ
確定技:サイコキネシス
選択技:特殊技/とんぼがえり/めいそう/ねむる/みがわり/でんじは/あまえる/まねっこ/トリック

この技構成だと粘る気があるならめざめるパワー格闘がおすすめ。
ミカルゲ・ヤミラミ以外には等倍以上のダメージが期待できる。
あまえるで相手を流しつつめいそうを積む。
耐久はけっこうあるからこれでも結構いける。
↑単色エスパーに弱い
↑まあ技2個だと対抗できるのも結構無理があるんだけどな。
シャドーボール入れると鋼悪が無理臭くなるし。
悪は基本逃げだけど鋼を潰せれば良いかと思ったのとメタグロスとかは元々無理だと思ってめざパ格闘推したんだがどうだろ?
エーフィなどと違って最速狙う必要は無いわけだし。
↑等倍多く取れることより、倒せる相手を増やしたほうがいいんじゃないか?
鋼相手したいなら十万ボルトでいいし、というかめざパはかなり火力不足