オニドリル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サン・ムーンの情報は 第七世代のWiki を参照してください。
No.022 タイプ:ノーマル/ひこう
特性:するどいめ:相手に命中ランクを下げられない
入手可能ソフト:FR/LG/XD/ダイヤモンド/パール/プラチナ/HG/SS
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
オニドリル 65 90 65 61 61 100
ドードリオ 60 110 70 60 60 100
オオスバメ 60 85 60 50 50 125
ムクホーク 85 120 70 50 50 100

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2) くさ/むし
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし じめん/ゴースト

序盤鳥ポケモンの典型で攻撃と素早さが高く紙耐久と扱いやすい部類。
ただし同タイプのポケモンに上位互換がおり差別化が困難になっている点は不遇である。

合計種族値が高くないポケモンなので、オニドリルができる事を優先して考えないと使い物にならなくなる。
活躍させるならばPTに上手く組み合わせよう。


差別化議論

オニドリルに使えてドードリオには使えない技。
 みねうち、おどろかす、あまごい、 とんぼがえり 、きりばらい、ふきとばし、 ねっぷう 、たつまき、あやしいかぜ、 フェザーダンス

オニドリルに使えてムクホークには使えない技。
 つつく、さわぐ、トライアタック、 オウムがえしドリルくちばしバトンタッチ 、ものまね

オニドリルに使えて、ドードリオもムクホークも使えない技
 にらみつける、こわいかお、ダメおし

オニドリルが特に有効に使える技に 赤色 、選択肢として一考の価値がある技には 黄色 を着けた。
これらを組み合わせる事で劣化脱出の活路が見出せるかもしれない。

ドリルくちばしは安定威力の飛行技だが、ムクホークには高威力のブレイブバードがある。
反動も耐久が非常に低いため気合いの襷を使わない限りは殆ど影響しているとは言えず、火力は1.5倍も差があるため差別化出来ているとは言い難い。
また襷を有効に使えたとしても、元々有利な襷チャーレム等が素直に撃ち合いしてくれた場合だけと非常に狭い。

ねっぷうは防御の高い鋼に対抗しうる技ではあるが、特攻は低く特化するのは愚行。
しかもムクホークはインファイトでそれを上回る火力を出してしまう。
格闘等倍のメタグロス、エアームド等にはダメージを上回れるが微差であり、範囲も圧倒的に劣るので差別化と言うには程遠い。
↑でも防御特化エアームドに対しては特攻振ってなくても確定3発、珠持ちで2発。
陽気ムクホはハチマキインファイトでやっと乱数3発だし、まったくもって微差ではない。
↑特防振りの型だと立場逆転するし微差レベルじゃないかねえ、エアームドは出てこないポケモンではないがあまりにもピンポイントすぎる。
↑、↑×3は「ダメージを上回れるが微差で~」って言ってるんだから、特防振りエアームドの話じゃないだろjk

オウムがえしはかなり使いにくい。状態異常を前提にしたモンスターは、こちらの身代わりが成功すると多くの場合交代するし、そうなればオウムがえしは失敗する。
また、下手にオウムがえしで反撃するくらいならおんがえしの方が強い。結論としてオウムがえしは入れる必要はないと思う。
HGSSでドードリオもオウム返し+みがわりのコンボが使えるようになったので差別化技としても空虚になった。
↑そうなると完全に読み合いだね。
逃げると解ってるならそれを逆手に取ればよい。
逃がしてしまうと言うより、オウムが脅威なので引くしか無い状況と言える。
一番の問題は、相手側にオウム返しの知識が有るか無いか・・・だけど。

にらみつけるはゴッドバードの底上げに使えるかもしれないが、根本的にターンの消費と得られる効果が釣り合わない。ドリルを2回やった方がマシ。
さらに嫌な音とゴットバードを両立の出来るクロバット、グライオンも出てきた為、これも全ポケモンの中で一番上手く使える戦術とも言えなくなった。

HGSSにおけるゴッドバードの教え技化によってドードリオを含む多数のポケモンが習得可能となり、これを使った差別化はできなくなった。
元々ゴットバードは奇襲で使う技なので、認知度こそ上がったものの選択肢としての利用価値にはあまり影響しない。

目の上のたんこぶのムクホーク、ドードリオと何とか差別化したとしても、
クロバット、サンダー、ボーマンダ等の総合能力で遥かに上回るポケモンは多く、オニドリルしかできない技構成がほとんどなく何をしても他でやった方が強い。
タイプ違いの優位は耐久、火力や範囲の劣りでほぼ打ち消されてしまうので、同タイプ内での劣化を気にするだけ無駄とも言える。

オニドリル差別化のカギはダメおしにあると思うのだが、どうだろう。
飛行タイプでダメおしを覚えるのはオニドリル、プテラ、エアームド、ドンカラスだけ。
そして、この中でダメおし+でんこうせっかが出来るのはオニドリルだけなので差別化が成功する。シナジーしなくてもいいなら、他にもちらほら。
まあ、今度はダメおしが使い辛いって問題が出てくる訳だが。
↑ダメ押しはダブルはともかくシングルではまるで使えないぞ。無理に使おうとするとオニドリル唯一の長所である素早さを落とさなくちゃならないし、
そもそも単純な威力では一致ドリル>効果発動ダメ押し。そして、その効果発動の条件が相手の技の反動や混乱、設置技ぐらい。どうしても差別化したいのなら、怖い顔の方がおすすめ。
↑こわいかおか、なるほど。確かにこわいかおでも、こわいかお+ドリルくちばしだけで差別化できるね。
設置技と組み合わせて、ゴースト、エスパー限定でも効果発動ダメおしで受けポケを確2に出来れば良いが、設置技頼りだと効果発動が1回だから中々厳しい。
一応、ゲンガーなんかが出てくれば確1(ステルスロック込み)だけど出てくる訳無いし、現実に敵に考えるとやっぱりこわいかおか。

物理基本型

性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキorラムのみ
確定技:ドリルくちばし/とんぼがえり
選択攻撃技:おんがえし/はがねのつばさ/でんこうせっか/ゴッドバード
選択補助技:オウムがえし/こうそくいどう/はねやすめ/みがわり

とんぼがえりは有利な相手と対峙した際に交代を読んで使うと優秀な技。素早さが上回っているならば逃げにも使える。
ドードリオの差別化としてはこれが一番ではあるが、ムクホークやサンダー等も使えるので劣化臭はぬぐえない。